ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ボーイズラブ  

【Trans'2 ~僕とあたしと恋人と~】女装の数だけ愛がある

   ↑  2015/10/13 (火)  カテゴリー: PCゲーム
151013005.jpg
女装とそれをめぐる環境は、ここ数年で急激に変化した。
かって日陰の秘め事であった女装は、あれよあれよのうちにオープンで屈託のないカルチャーとなり、オタ方面を起点に世間一般での認知度も広まった。
驚かされるのは、その理解がアダルティな分野にも及んだことだ。いわゆるニューハーフとはジャンルを障子一枚隔てる女装男子もののアダルトビデオが登場したのは、やはり数年前のこと(それ以前にもキワモノとしての女装ものは存在したが)。
それが今やAV界では一ジャンルとして認められ、一定の勢力を確保するまでになっている。
151013003.jpg
ゲームの世界においても、女装男子はきわめてカジュアルに消費される素材となった。いずれスマホで女装もののソーシャルゲームが出てきても、ちっともおかしくないだろう(あるいはもう存在しているかも)。
女装ショップのゲームブランド、カティアが積極的に女装ゲームをリリースしていた2000年代中期は、女装が今のように日向のものとなる前夜。
まだオトコの娘という造語すら生まれる前の頃だ。
その時代に同社がリリースしていた女装ゲームは、紛マニアックな異端として、今では想像もつかないくらい妖しい輝きを放っていた。
151013014.jpg
女装ゲームの地平を切り拓いた鮮烈なデビュー作『Trans' ~僕とあたしの境界線~』から3年後の2005年、前作にさらなるパワーアップを施した女装シミュレーションゲームの進化系が、この『Trans'2 ~僕とあたしと恋人と~』。
大学進学を機に親元を離れて上京、幼なじみと二人暮し生活の始まり。
そんな新天地生活のよりによって初日に、幼なじみの荷物から大量の女物の服や下着や化粧道具を発見。
「ああ、オレ、女装が趣味なんだ。いい機会だからお前もちょっと試してみる?」
新生活の初日には少しばかりヘビーすぎるカミングアウト&お誘い。それはいくらなんでも困ります!
「お前、顔立ちいいから、きっと女装すると綺麗になるぜ」
えー、そんな事ないって。んー、でもそういわれて見ると、ちょっと試してみたくなっちゃうかな? ん、どれどれ?えー、うっそー、ちょっとやだー! これがあたしー!? めっちゃ綺麗!
151013008.jpg
あっさり籠絡されて始まった女装ライフ。
しかしカティアの女装ゲームは、その筋のマニアのために作られた作品だ。
スカート、下着、靴、パッド、マニキュア、チーク、ウィッグ、脱毛テープetc。こだわりの女装グッズ約1000点と重ね着システムで、できる組み合わせは約1800000000000000000000000000000000通り×重ね合わせ。
幼なじみに誑かされて足を踏み入れた女装初心者の前に、ずらりと並べらた"女のアイテム"の数々。
化粧用品だけでもファウンデーションにチークにアイブローにマスカラにアイライナーにマニキュアに口紅に、さらにそのそれぞれに膨大な色数のバリエーション。何から手をつけていいかさっぱり分からねえ!
151013004.jpg
少ない手持ちの資金の中からなんとか服やアイテムを購入し、それを身につけて心臓ばくばくさせながら街に出てみると、通りでは女子高生の集団に「何? あのキモいオカマ」「げろげろー」と罵倒され、遊園地ではカップル客に気味悪がれ、フランス料理店に行けば、席はガラガラなのにも関わらず「予約で一杯です」と入店を断られる始末。
どこがいけないんでしょうか!? なんか女としての自分を否定されたみたいでめちゃくちゃ悔しいです! 特にあの女子高生どもはなんとしてでも見返してやりたい。あたしよりもブスなくせに!
151013006.jpg
"女"というのは実におカネがかかる。
本意ではないモデルのバイト(男のモデルです)でお金を貯めて、少しずつ女装グッズを買い集めていくが、しかしどれだけアイテムを変えても街の女子高生の高い関門をなかなか越えられない。あの鋭い目をなかなか欺けない。何故だ!?
……どうせ見えない場所だからと、ついつい後回しにしていた部分が、実は一番のキーポイントであった。
ボクサーブリーフから可愛らしいパンティーに履き替えたら、女装パラメータがぐーーーんとアップ。そうか、下着を変えれば立ち振る舞いも自然と変わってくるのか!
その格好で恐る恐る街に出てみれば、いつもオレに罵声を浴びせていた女子高生たちの姿は無く、替わりにオレを、いや、あたしをナンパしてくる冴えない男が一人。いやーん、ナンパされちゃったぁ! まぁ当然かもね。……でもやったね! ついに真の女としての第一歩を踏み出せたわ!
151013002.jpg
ナンパの一件により女としての自信を一層深めたオレ、いや、あたしはさらなる女装道をまっしぐら。女装ショップに女装バーと、行きつけの場所もちょっぴり増えた。
街マップには女装状態の他に、素の男のままでも出かけられたりする。
女装状態だと常にどきどきしながら歩まねばならない街なども、男の状態ではおよそ刺激に欠けたりもするが、そのパッとしない男状態の姿があればこそ、男と女の二重生活が映えるのだ。
男状態、女装状態でしか行けないところというのも存在する。
喫茶店やモデルのバイトは、男でないとできないし、逆に女装ショップや女装バー、ブティックなどは女装状態でないとマップに現れない。
151013013.jpg
手持ちの化粧用品や女性服、下着などの数を着々と増やし、それに伴い女装レベルも上昇していくと世界が広がってくる。
もう街で女子高生に馬鹿にされる事もない。フランス料理店にも無事入店できた。アンスコ履いて市営コートでテニスもした。
そうなると一段、さらに一段上への女装欲求が高まってくる。バイトをしては新しい服を買う繰り返し。
そんなふうに目先の女装にうつつを抜かしていて、しばらくの間気付かなかったのだが、実はこの女装ステータスは、キュート、ピュア、セクシー、三種のパラメーターが存在しており、それぞれの数値は服や化粧品の組み合わせによって上下する。
そして三つのパラメーターのうち、どの部門の数値が一番高いかによってシナリオが知らず知らずのうちに分岐していってしまうのだ。
151013012.jpg
序盤、金も服も無い状態のオレ、いや、あたしの頼りはオープニングで幼なじみの同居人から貰った服。この服はピュアに特化したものばかり。あたしの好みじゃないんだけどなぁ。
幼馴染野郎の好む服を中心に展開していたという事は、つまりあたしは幼馴染野郎の好みのタイプの道を一直線だった。
女装バーでお姉さんたちと楽しくいちゃいちゃしてると、血相変えて割って入ってくる幼なじみ野郎。
雨に降られると、どこからか探してきたビニールシートでの相合傘帰宅を強要する幼なじみ。
えーと、ちょっとこの人キモいんですけどー。悪いけどあたしの好みじゃぜんぜんないしー。
151013001.jpg
挙句の果てには、大枚はたいてやっとの思いで購入したゴスロリ服で家に帰れば、「お前にはそんな服は似合わない!」なんて難癖つけられるしー。
あー、ごめんねー。この服、キュート度が高いからずばりあんたの好みじゃないもんねー。つーか、あたしはあんた好みの着せ替え人形じゃないしー。ぶっちゃけキモいんですけど!
そして幼なじみ野郎の愛の告白。もちろんあたしはばっちり拒絶。はい、バッドエンド一丁あがり!
151013010.jpg
着ている服の傾向により分岐するシナリオには、それぞれいろんな愛の形がある。
バイト先の喫茶店のロリ未亡人店長とのオーソドックスな男女関係から、同じくバイト先のがさつなバイト先輩に女として接する恋愛。
モデル仲間の天然女(言動や行動が天然という意味ではなく、この場合は養殖物でない天然の"女性"の意味)と女装者の擬似レズビアン関係に、例の幼なじみと天然女と女装子が入り乱れて最後は面倒臭くなっての3P状態。
女装界の謎の実力者(主人公が通う女装ショップのオーナーにして、大物財界人)とのパトロン関係を巡っての女装美女子高生との確執(その後その女装女子高生はパトロンの実息と判明)などなど、どれもこれもが一筋縄ではいかない愛の形ばかり
151013007.jpg
そんなこんなで、それこそ想定できるだけのあらゆる愛の形を体験できるこの『Trans2』だが、やはりこのゲームの主眼は自分好みの女装を極める事。
自分の好みの女装イコール、それすなわち自分の好みの女性像。自分にとって究極の理想は、オレ自身が思い描くオレ!
おのれにとっての金星をおのれの手でキャンバスに表現する倒錯した行為こそが、このゲームの行き着くべき最後のエンディングであったのだ。

 

この記事に含まれるtag : ボーイズラブ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2389.html

2015/10/13 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


女は女に生まれるのではない、女になるのだ。

コメント連投すみません。舅の戦前からの一代記を連休中エンドレスで聞かされてストレスMAX。このゲーム、キワモノかと思いきやシナリオやエンディングも作り込んであって良作だと思います。クリスチャン・ザイデルというプロデューサーの一年間女装してみました、という本を思い出します。天然女も社会からの圧力で嫌々女装している人もいます。範馬勇次郎か独歩ちゃんのような強い漢に産まれたかった!

奈良の亀母 |  2015/10/13 (火) 22:23 No.1136


イヤイヤお化粧している人もいれば、世間体から表立って化粧を楽しめない人もいる。世の中ってうまくできてないもんですね。
シナリオのボリュームもなかなかなんですけど、やはりマニアな方々にとっては、コーディネートがこのゲームの主眼だったらしく、当時はメーカー主催でゲーム内ファッションコンテストとか行われていたらしいですよ。

与一 |  2015/10/15 (木) 18:01 No.1137

コメント:を投稿する 記事: 【Trans'2 ~僕とあたしと恋人と~】女装の数だけ愛がある

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback