ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
Kinect  XBLA  

【Diabolical Pitch】地獄のピッチングマウンド

   ↑  2015/10/09 (金)  カテゴリー: XBOX 360
151009001.jpg
長かったペナントレースも一段落し、これからクライマックスシリーズに向けて再び盛り上がる2015年プロ野球。
そしてこの時期は多くの選手が、その進退を明らかにする季節でもある。
山本昌、西口、斎藤隆、今年はまたレジェンド級投手の現役引退が目立つシーズンとなってしまった。
しかし燃えつきるまで投げることのできた彼らはまだ幸せだ。
身体にとんでもない負荷のかかる動作を一日に何度も繰り返す投手は、常に故障と隣合わせの運命。
今までどれだけの投手が、一瞬の輝きの後に肩や肘の故障で無念を抱いてマウンドを去ってきたことだろうか。
151009004.jpg
ここにも燃えつきることができず、志半ばにしてグラブを置いた元投手がいる。
メジャーリーグの一線級投手として活躍していたマカリスター。彼が肩の故障を発症したのは、よりによってプロ野球最高の檜舞台であるワールドシリーズの真っ最中であった。
それだけに彼の無念はアルプススタンドの最深部よりも深い。
無念を通り越してもはや怨念となった彼のマウンドへの想いは、世界一業の深いゲームメーカー、グラスホッパー・マニファクチュアが運営する怪しげな廃遊園地へと引き寄せられるのであった。
そこでマカリスターは新たな左腕を手にする。現役時代のそれを凌駕する豪腕を。もし現役時代にマスターしていたら、完全試合を100回くらい達成していそうな数々の魔球を。
そして彼に代わって肩と肘を酷使するのは、Kinectというこれまた因業なデバイスをうっかり手にしてしまったプレイヤーであるのだ。
151009005.jpg
オーバースロー、スリークォーター、アンダースロー、マサカリ投法にトルネード投法、なんだったら背面投げだって、マカリスターに成り代わるピッチングフォームは、あなたの思いのままだ(まあアンダースローや背面投げは、投球動作としてKinectに認識されない可能性が高いが)。
しかしこの新たなマウンドでは、並み居る強打者ではなく、次々と押し寄せる悪魔のドールたちを、文字通りその豪速球で砕く仕事が待っている。
調子に乗ってトルネード投法を始めた者たちは、ドールの襲来にフォームが追いつかず背筋を痛めて、慌ててKinectでポーズをかける方法を探すのがオチだろう。
100球制限、中6日のインターバル、投げ込み練習の緩和。選手生命を伸ばすために最近ではピッチャーの環境が見直されてきている。
だがここはメジャーリーグではなく、熱投を見守る生者の姿がない魔界の廃遊園地。そんな甘っちょろい保護は期待するだけムダだ。
151009006.jpg
後を託す中継ぎ陣も、程よいところでマウンドから降ろしてくれる投手コーチも存在しない。
わらわらと押し寄せる化け物どもを相手に、肘も肩も壊れよとただひたすら球を投じ続け、もう100球なんて基準はとっくに超えた。
それでもこの怨念のマウンドは立つ者を許してはくれない。
カーニバルの的当て気分で、面白がってボールを投げていたのも最初のうちだけ。やがてはこの地獄の反復運動に、まず先に自分の心のが泣きだすだろう。肩や肘が悲鳴を上げるのはその直後だ。
それでもゲームは、ドールの襲来は淡々と続く。その遥か向こうから響いてくるのは、グラスホッパー・マニファクチュアの悪魔のささやきだ。
「マウンドで死ねれば本望なんだろう?」と。

 

この記事に含まれるtag : Kinect XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2387.html

2015/10/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Diabolical Pitch】地獄のピッチングマウンド

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback