ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
FPS  スターウォーズ  

【スター・ウォーズ リパブリックコマンド】血よりも濃い絆

   ↑  2015/08/06 (木)  カテゴリー: XBOX
150806001.jpg
ボス「世間の連中は、我々クローントルーパーをパーソナリティの欠如した戦いの道具という偏見の目で見ているらしいが、それがとんだ間違いである事は、この個性豊かなデルタ小隊の面々を知れば分かるはずだ。私の参謀的存在のフィクサーは堅実な性格のコンピューターハッカー。狙撃に長けたセヴはとにかく荒っぽい性格だ。執拗な死体撃ちはこいつの十八番だな。爆発物の専門家スコーチは陽気な小隊のムードメーカー。暇さえあればいっつも軽口を叩いている。ドロイドに囲まれて暇じゃない時にも叩いている。そして私は認識番号デルタ3-8、通称ボス。クローントルーパーきってのエリート部隊、デルタ小隊のリーダーだ」
スコーチ「キャラクターを掴みやすいからって、くれぐれもフェイスマン、コング、モンキー、ハンニバルなんて勝手な呼び名をつけるんじゃないぞ。フィクサー、セヴ、スコーチ、そしてボスだ。よく覚えとくように」
150806007.jpg
ボス「銀河に平和と安寧をもたらすべく日夜奮闘している我々だけど、それにしてもあのドロイドどもの硬さには時々愚痴をこぼしたくなるよな。撃てども撃てどもなかなか壊れないぞ、あいつら」
フィクサー「そんな時こそチームコマンドの狙撃指示ですよ。普通に撃ちあってるとなかなか埒があきませんが、狙撃を指示していただければ、私らもドロイドの急所をきっちり撃ちぬきますから」
ボス「だけど狙撃ポイントの数が多すぎて、有効なポイントの見極めがあんがい難しいんだよなぁ」
セヴ「そこがボスのリーダーとしての器量の見せ所でしょう。指示コマンド自体は簡素にできてるんだから、後はボスの状況判断力次第ですよ」
ボス「そ、それって遠まわしに私のリーダーとしての器量を疑ってるの? や、やだなぁ、今日のこれってひょっとしてみんなで私を総括にでもかけようかとしてるわけ?」
フィクサー「そんな事ありませんよ。我々は遺伝子を分けた兄弟じゃないですか。そんな極左ゲリラみたいな真似をするわけがないでしょう」
150806004.jpg
スコーチ「大丈夫、みんなボスの事を信頼してますって」
セヴ「ボスはいつも我々の体力が減ると、そっとバクタスペンサーでの回復を促してくれるじゃないですか。あの暖かい心遣いにはいつも感謝してます」
スコーチ「ツンデレのセヴが、ここまでストレートに感謝を口にするのも相当なものですよ、ボス」
フィクサー「それにこの前、ジオノーシアンの猛攻に私がダウンした時、隊長がすぐ駆けつけて蘇生してくれたじゃないですか。あの隊長の迅速な行動がなかったら私はあの時死んでましたよ」
ボス「いや、まぁそれはお互い様じゃないか。誰かが生存している限り我々はゲームオーバーにはならないわけだし。次はフィクサーが私を蘇生してくれる番が来るかもしれないぞ」
スコーチ「とにかく我々は血を分けた家族以上に太い絆で結ばれてるんですから。みんなボスには全幅の信頼を寄せてますって!」
150806006.jpg
フィクサー「我々だけに限りませんよ。同じ遺伝子の下、全員が全員を信頼しあう。それが私たちクローントルーパーの絆じゃないですか。世間は私たちを非人間的な集団だと思ってるようですが、言わせたい奴には言わせとけばいいんです。銀河の平和の為に戦ってるのは私らなんですから」
ボス「フィクサー、お前、黒沢年男みたいな顔してるくせに、なかなかいいこと言うじゃないか」
フィクサー「ボスに言われたくはないっすよ! ぶっちゃけ我々全員同じ顔なんですから!」
スコーチ「ヘルメット脱いで待機してるときとか、ホントにバツが悪いですもんね。あっち向いてもこっち向いても黒沢年男なんですもん」
150806002.jpg
ボス「それにしても我々の敵であるドロイドたちの硬さはホント厄介だな。特にスーパーバトルドロイド(SBD)の硬さときたら普通じゃないぞ。あいつらあんなに強かったか? 映画ではそんな大した連中には見えなかったんだが」
スコーチ「『スターウォーズ・バトルフロント』に出てくるSBDは、思い切りドン臭いカモだったんだけど、このゲームではえらい強いんだよな」
フィクサー「でもバトルフロントでは厄介な難敵だったドロイディカが、リパブリックコマンドでは逆にカモになってるから、釣り合いはとれてるんじゃないか?」
セヴ「そうだな。ドロイディカにバリア張られたって、構わず接近してぶん殴ってしまえばいいだけだしな」
ボス「次の任務では、そんな連中なんか目じゃない難敵中の難敵、グリーヴァス・マグナガードが大量出現するらしいぞ。気を引き締めていけよ」
フィクサー「って事はいよいよ分離派の大物中の大物、グリーヴァス将軍も登場ってわけですか」
150806005.jpg
スコーチ「グリーヴァスかぁ、確かに憎き敵ではあるんだけどなぁ……。あのさ、ちょっと変な事言っていい? グリーヴァスがジェダイを殺したってニュース聞いた時さぁ、なぜか心の中でナイスワーク!って喝采贈っちゃったんだよね。何でかは分からないんだけどさ」
ボス「スコーチ、お前ね、滅多なこと言うもんじゃないよ」
セヴ「……いや、ボス。正直言うと私もぼんやりそんな事思いました。もっと正直言うと……、ジェダイってなんかムカつきません?」
ボス「セヴ、お前までねぇ……」
セヴ「それどころか、時折こいつら絶対生かしちゃおけねえよなって思ったりする事あるんですよね」
フィクサー「私も正直そんな時があります。この前もヨーダとすれ違った時、ブラスターライフルの台尻であの方の頭を叩き潰してやりたい衝動に駆られました」
セヴ「やはりみんなそうか。何故なんでしょうね? 実は他の小隊の奴らも同じようなことを時折考えたりするらしいですよ」
ボス「……と、とにかくこの話は他では絶対するなよ」
150806003.jpg
セヴ「ってことは、ボスも心当たりあるんですね?」
ボス「実はこの前、メイス・ウィンドゥと一緒になったとき、あの禿頭にヘルメットでパチキ食らわしてやりたくなった。単にあいつがムカつく奴だからそんな気持ちになったと思ったけど、どうやらそれだけではないらしい……」
セヴ「なんなんですかね? この我々に共通するジェダイに対する不穏な感情は……」
フィクサー「なんか我々って結局のところ戦いの道具に過ぎないのかもしれませんね。そうなるとこのゲーム、トルーパーの人間性をクローズアップしたのは、逆に罪作りのような気がしないでもないですけど」
セヴ「うん。そうなるとむしろパーソナリティなんか与えられず、トルーパーという記号に徹した方が、我々にとっては幸せなのかもしれんな」
ボス「お前らいきなり重たい話するなよ……。あ、なんか新しい任務が来たみたいぞ」
フィクサー「どれどれ……、オーダー66? なんですかこれ?」
スコーチ「……さぁ?」
ボス「まあ命令は命令だ。行くぞ、デルタ小隊出撃!」



この記事に含まれるtag : FPS スターウォーズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2356.html

2015/08/06 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ドロイドは硬い

ジェダイって、なんかむかつきません?
皆そう思ってたんだ!ジェダイがあんなにアッサリ全滅したのも人望が無かったからなのね。上から目線だわ、融通きかないわ、ライトセイバー弱いわ、やっぱりなあ。

奈良の亀母 |  2015/08/07 (金) 11:37 [ 編集 ] No.1097


オーダー66によるジェダイ虐殺が円滑に実行されたのは、ストームトルーパーの意識下にあった極秘訓練プログラミングに加えて、ジェダイの無茶ぶりに対する積もり積もったものが大きかったんじゃないかと私は睨んでます。
このゲームのトルーパーたちみたいに命がけで任務果たしても、後々の歴史の美味しいところは全部あいつらが持ってっちゃうし。

与一 |  2015/08/07 (金) 18:30 No.1099

コメント:を投稿する 記事: 【スター・ウォーズ リパブリックコマンド】血よりも濃い絆

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback