ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

【チェキッ娘の見るCD】幻のMIL CD

   ↑  2015/05/27 (水)  カテゴリー: ドリームキャスト
150527005.jpg
CD-EXTRA。最近はめっきり少なくなったが、10年ほど前には盛んにボーナスとして音楽CDに付け加えられていたコンテンツだ。
CDをパソコンで再生すると、通常の音楽トラックの他にミュージッククリップのムービーや、バンドのサイトへのリンクなどが起動するのだが、ビデオクリップが観られるといったって、パソコン再生用のぎとぎとに圧縮された粗い画質。
まぁ大してありがたみを感じなかった人がほとんどだったボーナス要素だろう。
むしろ普通にパソコンでCDを聴こうとするときに、強制的にこのCD-EXTRAコンテンツが立ち上がってしまうのは、迷惑以外の何ものでもなかったような気がする。
150527001.jpg
セガがドリームキャストの独自機能として搭載したMIL CDは、このCD-EXTRAの亜種。
このMIL CD、一般のCDプレイヤーで聴く分には、ごくごく普通の音楽CDだが、これをドリームキャストで再生すると、美麗なムービートラック(ただしDVDの画質には劣る)が立ち上がる。
パソコンよりも普及度が低いドリームキャスト縛りのハンデを持つ上に、一般の音楽CD規格ではないために、再生にあたって弾かれるプレーヤーも出てくるなど、好きなアーティストのアイテムとしてこれを買った人にとっては、CD-EXTRA以上に迷惑きわまりなかったことだろう。
もっともこのMIL CDは、ゲーム『北へ。』『D2』や映画「秘密」「HANG THE DJ」のサントラ、チェキッ娘、スナッパーズ、dps(ディープス)のマキシシングルなど、全部でわずか7枚のリリースに留まった。
発売元のレコード会社はすべてバラバラ。このことからも、どこもとりあえず一枚だけ義理で出した台所事情が伺えるではないか。
ゲームのサントラはまだしも、スナッパーズやdpsなどのドリームキャストとは縁もゆかりもないアーティストたちは、ダシに使われた以外の何ものでもないだろう。
150527002.jpg
そんなUMAにも等しいような徒花規格、MIL CDを象徴する一枚が、この「チェキッ娘の見るCD」。
チェキッ娘といえば、セガがそのレギュラー番組をスポンサードしていた、いわばドリームキャストが生んだも同然のアイドルグループ。
ポストおニャン子クラブを目論んで売りだされるもイマイチ世間には浸透せず、マイナーなイメージを払拭できないまま、たった一年で活動を停止してしまったそのキャリアは、まるでドリームキャストの対世間評価と足並みを揃えているかのようであった。
しかし兎にも角にもドリームキャストのプロモーション費用を割いて生まれたアイドルグループだ、多少なりとはドリキャスに貢献してもらわなければ困る。
そんなわけで誕生したのが、チェキッ娘の過去シングルを集めたミニベストに、MIL CD用の映像パートをドッキングさせた本作。
150527003.jpg
その映像パートはチェキッ娘のメンバーが、カルトクイズと称して本人にしか分からないような二択問題をぶつけてくる、なんとも対応に困るコンテンツ。
最後まで正解すればご褒美として水着の映像が拝めるとの触れ込みに、トラックスキップボタンで問題をかっ飛ばしてボーナスステージに進めてみると、そこで流れるのはサービスカットではなく、水着でのジャケット撮影の単なるオフショット。
「あんたたち、セガとドリキャスユーザーに対して、もうちょっと気の利いたサービスしてもバチは当たらない立場なんだぞ」と、誰もが画面の中の彼女たちに対して、そんな説教を垂れたくなってくる気持ちを抑えられないだろう。
「もういい、君らじゃ話にならないから、秋元呼んでこい、秋元康を!」
150527004.jpg
とってつけたような扱いを受けていたMIL CDであったが、意外なところから思わぬ注目を浴びる。
このMIL CDをセキュリティホールとして、海外版ソフトやプロアクションリプレイ、さらにはコピーソフトの起動など、グレーなものから完全ブラックまで様々な想定外の使われ方が横行し、慌てたセガは2000年後期生産分以降のドリームキャストからMIL CD再生機能をばっさり削って、事実上なかったことにしてしまうのだった。
そのグズグズな一連の顛末は、いかにもセガを象徴するような話で、その流れに苦笑しながらも、こちらは今日もユニバーサルアダプタを使って海外版ソフトを走らせて、MIL CDの恩恵を密かに満喫するのであった。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2318.html

2015/05/27 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


えっと…下川みくにしかわかんないっす。チェキッ娘。…彼女、今はアジア諸国で頑張ってるんだっけ?

MIL CDにそんな使い方があったのか。

あの時はソフトウェアよりハードウェアに挑戦する頃だったなぁ。…時間のないサラリーマン時代だったからARの世話になった事もあった。ごめんなさい。もうしません。…とかなんとか。

あの当時、記憶ちがいかな?醤油とんこつラーメンが流行ってカップ麺にも普及した頃、チェキッ娘のカップ麺を姉夫婦から御中元でケース一箱もらって家族にだまってたいらげてしまった。たしか人気投票かなんかのPRやってたんだっけ?…そんなの地方の自分にはお構い無しだったけど。…今はラブライブのカップ麺がスーパーに陳列されていてPRのしかたが変わってないような。

まあ、美味しく?頂きました。多分。

ゲームに関するコメントではないですね。ごめんなさい。

コンバット越後 |  2015/09/02 (水) 05:52 No.1114


AKBの個々のメンバーの名は両手の指くらいは一応出てきますけど、チェキッ娘の方はこっちもさっぱりです。
下川みくに以外はせいぜいくまきりあさ美くらい?
ラブライブのカップ麺も特売で山積みになってるくらいですから、チェキッ娘のカップ麺となるとディスカウントストアの肥やしになっている絵が容易に想像出来ちゃいそうですね。

与一 |  2015/09/02 (水) 21:52 No.1115

コメント:を投稿する 記事: 【チェキッ娘の見るCD】幻のMIL CD

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback