ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
マルチメディア  

【フォトCDオペレーター】フォトCDの儚い時代

   ↑  2015/05/26 (火)  カテゴリー: セガサターン
150526003.jpg
フォトCDはコダック社が提唱した、写真を高画質のままデジタル化するための規格。
インターネットを介して画像を自在にやりとりできる現在ではピンと来ない話かもしれないが、Windows95登場前、まだパソコンがろくすっぽ普及していなかった時代には、デジタル画像を融通しあう手段が限られていた。
手持ちの写真を気軽にデジタル化できるフォトCDは一部で重宝され、さらに写真を音楽CDのように流通させることを目論んだ市販のフォトCDソフトも、言い出しっぺのコダックを始めとする各メーカーからリリースされるなど、90年代半ばにこのフォトCDはそれなりの隆盛を迎えるが、やがてインターネットやスキャナの普及が及ぶとその存在意義を自然と失ってフェードアウトしてしまう。
150526001.jpg
ビデオCDや電子ブックと並んで、マルチメディアなんて言葉がもてはやされていた時代の徒花規格だが、その3つに満遍なく食いついてしまったうっかりさんなゲーム機は、やはりセガを置いて他にはない。
『フォトCDオペレーター』、『電子ブックオペレーター』、『ムービーカード』。俗に"サターンマルチメディア三種の神器"と呼ばれる拡張ソフトがリリースされたのは、まだセガサターンに日の出の勢いがあった1995年のこと。
先行ハードである3DOは、マルチメディア端末を自称するだけあって、デフォルトでフォトCDの再生機能を備えていた。
150526004.jpg
それに対して有料のオペレーターCDというワンクッションをかまして対応するサターンのフォトCD対策は、いかにも後手に回っていた感じは否めないが、そんな声を吹き飛ばすのが3DOのそれを遙かに凌駕する各種機能だ。
再生や送り戻し、シャッフルなど、フォトCDのベーシックはもちろんのこと、マッピングやズーム、セピアやモノクロ表示、回転、反転、プログラム再生、さらにはそのプログラムの保存といった特殊操作は、3DOのフォトCD再生ではフォローしていないハイエンド機能だ。もっとも3800円もするのだから、それくらいのことはやってくれなくちゃ困るのだが。
150526005.jpg
こうしてフォトCD再生マシンとしての顔も備えたセガサターンであったが、しかしまぁどこのユーザー宅にも、フォトCDに焼いてわざわざサターンで見るような写真が、そうそうあるわけではない。
市販のフォトCDも、最初のうちは世界の風景写真とか、高名な写真家のデジタル写真集なんてのが出ていたのだが、サターンや3DOでわざわざニューヨークや香港の夜景写真を見ても、面白くもなんともないという真理にそのうちみんなが気づいてしまい、やがてはグラドルやヌード写真集といった、お決まりの着地点に占められていった。
150526006.jpg
しかしそうやって男の本能に実直にアピールしたところで、フォトCDというメディアの延命には至らず、この『フォトCDオペレーター』も早々と値崩れし、ワゴンに送られてもワゴンの方でも持て余す困った一品と化したのだった。
そして次世代CD-ROM機戦争を勝ち抜いたのは、このフォトCDに最初から目もくれなかったプレイステーションだったのである。
マルチメディア元年にサターンや3DOが夢見たゲーム機の多機能化が真に定着するのは、世紀を超えてはるか先のことなのであった。
タイトル画面に流れる「♪ふぉっとしーでぃー」というマヌケなテーマソング(?)は、そんな悲しき先駆者のむせび泣きのようにも聴こえてくるではないか。

<参考フォトCD・「光の中で…安藤有里」(ジャニス)>

この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2317.html

2015/05/26 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


かつて、コレでジャニスが出していたシングルCDサイズのエロゲーCG集とか、ファインドラブの元になった全国制服美少女グランプリとか購入し、見ていたものです。脱衣麻雀ゲームとか、CGはいじっても声だけはマンマなエロゲー移植モノとか、家庭用ゲーム機でエッチなモノを堪能する事においては、実に素晴らしいハードでありましたセガサターンは!
そして今では、XboxOneに外付けHDDを繋ぎ、
PCから購入した、名前を公にしたくない様な動画を堪能…あぁ、使ってるPCが非力なので、XboxOneなら普通に観られる~頼りになるなぁ!
…ハードが進化しても、自分はセガサターンの頃から進化していないんだなぁって事を実感する、今日このごろです。

おくてい |  2015/05/26 (火) 22:46 [ 編集 ] No.1062


サターンって、CDドアを開けたら強制的にメニューに戻る仕様だと思っていたのですが、このソフトを見る限りそうではなかったんですね。確かサクラ大戦だったか、複数枚ディスクのソフトで入れ替えのときにそうなっていたので、てっきり出来ないものかと、、。

WAT |  2015/05/27 (水) 07:49 No.1063


>おくていさん

あー、「くるみちゃんにんじゃあ」とか、アニメ系のフォトCDって、どういうわけだかシングル仕様が多かったですよねえ。
これとムービーカードを備えたサターンは、3DOと並ぶ当時のエロ家庭用機の二大横綱。
そしてOneでは私も、Chromecast経由でDMM三昧を決め込んだりしています。


>WATさん

言われてみれば確かにこのフォトCDオペレーター、蓋を開いてもあの画面に戻されない数少ない例外かも。
これを使った改造とか本体のグレー起動が出てきても、おかしくなかったかもしれませんね。

与一 |  2015/05/27 (水) 17:38 No.1064

コメント:を投稿する 記事: 【フォトCDオペレーター】フォトCDの儚い時代

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback