ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
麻雀  

【電幻天使対戦麻雀 シャングリラ】場末のサイバー風俗

   ↑  2015/04/29 (水)  カテゴリー: ドリームキャスト
150429007.jpg
伊達杏子はアイドル、永瀬麗子はレースクイーン。3DCGのギャルたちは、最初からセクシュアルな視線の対象としてこの世に現れた。
以降コンピュータエンターテイメントのジャンルにおいて、立体の女性像は常に一種のホステス的な役割を与えられながら発展を重ねてゆくことになる。
様々な事情から退潮に歯止めがかからなくなり、新たな方向性を求めて迷走していた90年代後期の脱衣麻雀が、セクシュアルドールとして始まった3DCGギャルと結びつくのは、必然の流れであったのかもしれない。
150429002.jpg
『電幻天使対戦麻雀 シャングリラ』は、21世紀を目前としたゲームセンターに忽然と現れたポリゴンギャル麻雀。
電子音が響き渡る薄暗いゲーセンの片隅に、3DCGのヴァーチャルホステスたちが妖しく微笑むその光景は、まるでウィリアム・ギブスンが予見した未来もかくやであったが、しかしこの異形の近未来麻雀は、脱がない上にギャルが不気味という、しごくもっともな理由でみんなにスルーされてしまうのであった。
150429001.jpg
こうしてお茶をひいた立ちんぼのごとく、ゲーセンの片隅で誰からも見向きもされず、ひっそりと姿を消していったヴァーチャルホステスたちの再起の場はドリームキャスト。
脱衣麻雀風でありながら一切脱がないというハンデを、せめてムードからでも補おうと、パッケージ裏に踊るのはモロに風俗のピンクチラシをイメージしたビジュアル。
ああ、3Dギャルにも、かすみや永瀬麗子のように華やかなスポットライトがあたる世界もあれば、まるで大塚の2000円ぽっきり店みたいな場末も存在したのだった。
150429006.jpg
だけどなりふり構ってなんかいられない。私たちだって、なんとか生きてゆかなくちゃならないんだから。
マッハの勢いでドリームキャストのイロモノに身を落としてしまった彼女たちだって、元はといえばそれなりにプレミアをつけられていたキャラ。
キャラクターデザインは「おっとり捜査」の小手川ゆあだし、声を当てている面々も、井上喜久子に坂本真綾とそれなりに豪華だ。
150429005.jpg
そんな彼女たちがそこまで堕ちてしまったのは、周回遅れのサイバーパンク風味を臆面もなく押し出したアレっぷりもさることながら、やはり小手川ゆあがどこをどう経由したらこうなったなんて感想が思わず出てきてしまう、まるでメンヘラという言葉を具体化したようなCGキャラが致命的だったのだろう。
この触れてはマズそうな嬢たちのパーソナリティが場末風俗感をさらに倍加させ、脱衣系麻雀の世界に吹き込まれたサイバーパンクの新風は、あっという間に日刊ゲンダイの風俗広告面のごときからっ風へと変わり果ててしまうのだった。




この記事に含まれるtag : 麻雀 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2302.html

2015/04/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【電幻天使対戦麻雀 シャングリラ】場末のサイバー風俗

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback