ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ストラテジー  

【Hooligans: Storm Over Europe】フーリガン 日本語版

   ↑  2015/04/13 (月)  カテゴリー: PCゲーム
150413001.jpg
"旅とサッカーが大好きな人たち"(マニュアルより)。一口にそう表現される人々に対する印象も、世代によってまちまちだろう。
少なくとも70年代の終わりから90年代の初めにかけては、それはスポーツ好きのフレンドリーな人ではなく、徹底した恐怖と嫌悪の対象だった。
21世紀に入ってサッカーを取り巻く環境も大きく変わり、今ではピッチ内外での差別行為や暴力沙汰は大きなニュースとなり、たちまちのうちに非難されるようになったが、80年代のヨーロッパでは、悲しいことにもうそれが日常茶飯事であった。
そんなちっともシャレにならない"旅とサッカーが大好きな人たち"の乱暴狼藉を、さらりとゲームにしてしまうゲーム業界は、つくづくフーリガンよりもタチの悪い連中だが、それをワールドカップ日韓共催大会直前のタイミングを狙って日本で発売してしまうマイクロマウスは、これまたさらにタチが悪い。
150413006.jpg
"旅とサッカーが大好きな人たち"を率いて、ユーロカップに出場する贔屓チームをヨーロッパ中追いかけて回る、一風変わったリアルタイムストラテジー。
この日本語版では、チュートリアルモードに味のある日本語音声ガイドが入るので、そのシステムを把握するのは、さして困難な事ではないだろう。
「ようし、じゃあ近くの建物の上でマウスを右クリックして現金マークのところで離すんだ」
そんな蓮っ葉なガイドに従って操作すると、"旅とサッカーが好きな人たち"は、徒党をなしてわらわらと商店に群がり、ショーウィンドウを叩き壊し非常ベルが鳴り響く店内に押し入っていくではないか。
しばらくして意気揚々と半壊状態の店から出てくる"旅とサッカーが大好きな人たち"。ちーん、レジスターの音とともに増えるプレイヤーの所持金。
チュートリアルに素直に従ったがために、開始数十秒で早くも重犯罪者だ。この人たち、本当にただの"旅とサッカーが大好きな人たち"なのだろうか?
150413003.jpg
このサッカーに対してあまりにも情熱的な人々は、大きく二つのタイプに分けられる。
一つはプレイヤーが指示を与えることが可能なハードコアメンバー。こそ泥、バイカー、売春婦など、様々な種類によって構成された彼らには、「レンガ投石」「民家侵入」「略奪」「サポーターソング合唱」「フェンス破壊」などの命令をくだすことができる。
一方でプレイヤーがまったく指示を与えることができないのが、サポーターと呼ばれる人々。こいつらはパブでビールを奢ったら勝手についてきたロクデナシどもだ。
アルコールで気が大きくなっただけの連中なので、組織だった行動は一切できないが、逆にその無秩序な行動が意外にプレイヤーの役に立ったりもする。
それにこいつらなら警官や敵対サポーターに撲殺されても、ちっとも心が痛まない。
ビールを奢りさえすれば、またいくらでもパブで補充可能だし、そしてそのビールを奢るカネも、そこらの民家や商店でいつでも補充可能だ。
150413005.jpg
フランス、ドイツ、スペイン、イタリア。贔屓チームを追いかけてヨーロッパを股にかける彼ら。
パリのお洒落な通りや、ローマの歴史ある街並みも、彼らにとっては単なる破壊の対象でしかない。
贔屓チームが負けた腹いせに街をメチャクチャにし、ダフ屋からチケットを買うカネを手に入れるために銀行に押し入り、オランダではサッカーそっちのけで大麻畑に突入し、もはやサッカーの存在など、どうでもよくなっているが如く、乱暴狼藉を通り越した重犯罪行為を積み重ねる"旅とサッカーが大好きな人たち"。
そんな彼らも最終ステージでは、サッカーに対する情熱をついに露にする。
ユーロカップ決勝戦での贔屓チームの惨敗に激怒した彼らは、テラスを囲む警官隊の輪を突破してピッチに乱入。
表彰式をメチャクチャにぶち壊して優勝カップを強奪した挙句のセリフが、「やったぜ、俺たちの勝ちだ!」。
150413007.jpg
地元開催に盛り上がりながらも、遠く海を越えて漏れ聞こえてくるフーリガンの行状に、ちょっぴり怯えていたりもした2002年のW杯日韓共同開催大会。
このブームに便乗しようと、各社がこぞってサッカーゲームを市場に送り出していたが、これはその中でも、もっともタチの悪い便乗サッカー(?)ゲーム。
まあ事情を知る者は、「相も変わらずマイクロマウスはろくでもないな」で済ませられるが、しかし世間様はそうはいかない。
案の定、当時の讀賣新聞が社会面トップで"不謹慎ゲーム"としてバッシングしたり、夕方の民放ニュースでは、開催地近くの商店主にこのゲームを見せて「非常にけしからんです」なんてコメントをわざわざ言わせたりと、まぁ実にしょうもないマッチポンプをやっていたのだが、そんなマスコミの邪な期待とは裏腹に、フーリガン騒ぎもなく日韓共催大会が無事に終了したのは、皆さん周知のことだろう。



この記事に含まれるtag : ストラテジー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2292.html

2015/04/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Hooligans: Storm Over Europe】フーリガン 日本語版

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback