ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
Kinect  トリビアゲーム  

【東北大学川島隆太教授監修指導 体で答える新しい脳トレ】

   ↑  2015/02/09 (月)  カテゴリー: XBOX 360
150209006.jpg
今でこそ日本の大手メーカーはKinectのことを存在しないが如きのスタンスですが、360で初代Kinectが登場したときのロンチは、コナミ、セガ、ハドソン、バンダイナムコがずらりと顔を揃える華やかなものでした。
ただしKinectがまだどういう立ち位置であるのか図りかねてたのもあるんでしょうが、そのアプローチはWiiに対するそれを、なんとなくスライドさせたようなものばかり。
中でもそれがもっとも顕著だったのは、バンダイナムコが送り出した『東北大学川島教授監修・指導 体で答える新しい脳トレ』です。
「要はタッチペンをジェスチャーに置き換えればいいんでしょ?」という、そのKinect解釈は充分にありですし、本家が爆発的大ヒットを記録した直後に、柳の下のどじょう狙いがわらわらと登場した、あのうんざりするような脳トレブームから、適度にほとぼりが覚めているタイミングでもありました。
150209002.jpg
それにバンダイナムコはブームの折に、脳トレと川島教授に萌えキャラを悪魔合体させたアーケードゲーム『みんなで鍛える全脳トレーニング』をリリースした前科もあります。
新デバイス、キネクトの当て馬に、もう手垢がさんざんについた脳トレを持ってくるのは、実に分かりやすい流れでした。
任天堂キャラの一角のイメージが強い川島教授も、DSでさんざん見慣れたポリゴン顔からXboxアバターにお色直しして再登場。
そのすっきりとしたルックスは、脳トレなどせぬまでも、既に20才くらい若返ったかのよう。
いや、それどころかメガネくらいしかご本人と共通点が見当たらないざっくりとしたアバター化っぷりに、思わず本当に川島教授が監修しているのかを疑ってしまうほどです。誰だよこのおじさん?
150209001.jpg
しかしKinectフォーマットの脳トレを「体で答える」などとざっくばらんに言われても、私のような人間はその響きについ、「ヒールで踏んづけられただけで、お前のあそこはもうこんなにびんびんに硬くなってるじゃないか。体は正直に答えるんだねえ」なんて女王様ボイスに変換してしまいます。
脳トレ問題の回答方法も、正解の数字の数だけムチで叩いてもらうとか、正解側の乳首を洗濯バサミで挟んでもらうなどではないかと、ついつい期待してしますが、もちろんそんなワケはありません。
「あんたみたいな人は迷惑だから、帰ってもらえませんか?」と、川島教授にドライに門前払いを喰らわなかっただけでもよしとしましょう。
150209005.jpg
気を取り直して受講を開始するこちらのガイドを務めるのは、アバター川島教授の傍らにいる電球のゆるキャラみたいな妙な生き物。
そいつの金田朋子とおぼしき素っ頓狂極まりない声に、早くも脳トレーニングの信頼性を疑ってしまいます。
あの声で「脳の働きがどうこう」言われても、それは放火魔に寝る前の火の始末を心配されているようなもので、説得力はまったくありません。
それをフォローするべきなのが川島教授の存在なのですが、こちらも前述のように本人に似せる気がカケラもないパチモノ臭漂いまくるルックスなので、その機能をほとんど果たさずじまいです。大丈夫なんでしょうか、この脳トレ?
150209003.jpg
そんな不安を山ほど抱えてスタートした体で答える脳トレですが、始まってしまえばそれはもうお馴染みの計算問題や記憶力問題、判断力問題。
目の前に提示されればついついやり込んでしまう類のものでありますし、それにさんざん見慣れた脳トレものも、ジェスチャー回答という変化球を交えると、アスレチックゲームの新味が加わってまた違った味わいになるではありませんか。
記憶問題では正解のポーズをそのままトレース。計算問題では正解の数字を軽快なフットワークでキック。
うじゃうじゃ出たKinectのロンチラインアップにおいて、こうしたテレビのバラエティゲーム番組風のテイストは意外と貴重な存在。
150209004.jpg
まるでお歳暮の食用油セットみたいにそつのない、カラダまるごとコントローラの船出に対して実にバンダイナムコらしい堅実な贈り物となりましたが、よく訓練されたXboxユーザーであるこちらは、その言外に「これでマイクロソフトさんに義理は果たしました。テイルズの件はホントごめんねー。Kinectせいぜいがんばってくださいねー」という、これまたバンダイナムコらしい慇懃な含みも、ついつい感じ取っちゃうのでした。



この記事に含まれるtag : Kinect トリビアゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2253.html

2015/02/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【東北大学川島隆太教授監修指導 体で答える新しい脳トレ】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback