ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
レーシング  Forza  

【Forza Horizon 2】Storm Island

   ↑  2014/12/20 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
14122001.jpg
年配のロックファンの間で今でも語りぐさになっているロックイベントに、"嵐の後楽園"と異名をとるものがある。
ハードロックバンド、グランド・ファンク・レイルロードが1971年に後楽園球場で行った来日公演を暴風雨が直撃。
吹きすさぶ雨嵐の中でGFRは感電を恐れずライブを敢行。悪条件の中でバンドと観客は、半ばヤケクソでテンションが上がりまくり、異様なまでに盛り上がったライブは後世に残る伝説となった。
オレが経験した中で、これに近かったのは2006年のサマーソニック。メインアクトのゼブラヘッドのときに会場のマリンスタジアムを雷雨が急襲。
雷が鳴り響く中でアッパー状態となったゼブラヘッドと観客は、やはりヤケクソに盛り上がっていた。
14122005.jpg
ゲリラ豪雨にはしゃぎながら右往左往し、台風の訪れには心を高ぶらせ、街を覆う濃霧にそわそわし、実害をもたらすものであることは承知しているが、それでもやはり異常気象は妙に気分をワクワクさせる。
そんな心を見透かしたかのように、Playground Gamesが我々に送りつけてきたのは爆弾低気圧。
ニースの港からフェリーに乗ってひとローディング時間。大型ダウンロードコンテンツ、『Storm Island』の舞台は、地中海にありながら、まるで熱帯のように気まぐれな天候の島であった。
申し訳程度の舗装道路と、アップダウンが極端に激しいオフロード。その基本コンセプトは、前作のDLC『Horizon Rally』と同じく本編のオフロード版だが、『Storm Island』の針の振り切りっぷりは『Horizon Rally』の比ではない。
何せドライバー視点のまま呑気にこの島に乗り込んだはいいが、まるでジェットコースターのように上下にうねりまくる景色に、わずか数分でヴァーチャル車酔いを起こしてしまったのだから。
14122003.jpg
本編で降る雨は、愛車と路面をほんのりいい具合に湿らせてくれたが、ここの雨はそんなお上品なものじゃない。
吹き付けてくる強い風と激しい雨。これが実車のハンドルなら、慎重の上に慎重を期すそろそろ運転になるところだが、ここでは理性のメーターを振り切りハイテンションになってアクセルを思い切り踏み込んでしまう。
なあに、コントロールを失ってにっちもさっちも行かなくなったって、オレたちにはリワインドボタンがある。それに勢い余って道路から飛び出したって、そこがまた道なきコースであることに変わりはない。
そして雨風をものともせず会場に居残り、声援をおくるフェスティバルの観客たち。
オレがグランド・ファンク・レイルロードやゼブラヘッドなら、お前らは後楽園や千葉マリンのなった観客たちだ。
どうせこれ以上は濡れようがない。せいぜいヤケクソになって盛り上がろうじゃないか。
14122004.jpg
インプレッサにランエボにレガシィ。本土では街並みに溶け込む地元のヨーロピアンカーに対して、どこか肩身の狭かった国産のラリー強者たちも、この島では堂々たる主役。
追加されたエアロにオフロード用パーツで思いのままドレスアップ、チューンアップして、このほぼ悪路で構成された島を縦横無尽に駆け巡ってやろう。
『Storm Island』は敬虔なホライゾンフェスティバル参加者たちへの、Playground Gamesからの最高のクリスマスプレゼント。
土煙を巻き上げ、泥水を跳ね飛ばし、クルマ良い子のオレたちは、こいつでさっそくおんもで遊ぶんだ。リミットレスで天高くかっ飛ぶぜ。



この記事に含まれるtag : レーシング Forza 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2226.html

2014/12/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Forza Horizon 2】Storm Island

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback