FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
スターウォーズ  

【スターウォーズ レベルアサルト】SWゲームのクラシック

   ↑  2014/12/09 (火)  カテゴリー: 3DO
14120906.jpg
最新作「エピソード7」の公開日時も決まり、トレーラーも投入されて再び盛り上がりを見せるスターウォーズ界隈。
それに歩調を合わせたのかどうかは知らないが、最近になってスターウォーズゲーム黎明期の傑作、『Star Wars: X-Wing』と、その続編『Star Wars: Tie-Fighter』の配信がGOG.comで開始された。
スターウォーズという衣を取っ払っても不足ないこの不朽の名作は、映画の「エピソード4」同様に今の時代でもまったく古びていない手応えを与えてくれるが、同じ旧三部作でも「エピソード6」が、今観ると80年代的な脳天気さが目立って、いかにも昔の映画と感じさせてしまうように、『Star Wars: X-Wing』と同時期に出たスターウォーズゲームでも、この『スターウォーズ レベルアサルト』なんかは、やはり遥か旧世代ゲームの印象が強くなってしまうのであった。
14120903.jpg
スペースコンバットシムの『Star Wars: X-Wing』に対して、それとほぼ時を同じくして登場した『レベルアサルト』は、「エピソード4」の本編映像をフィーチャーしたシネマティックな展開のゲーム。
ゲームの中で展開するお馴染みの映像に、当時はかなり感動したものだが、しかしこの解像度の粗いギトギトのムービーは、やはり今だと強烈な90年代前半臭(あるいはメガCD臭)を感じさせてしまう。
「エピソード4」でルーク・スカイウォーカーが所属したのはレッド中隊(ローグ中隊)だったが、このゲームの主人公、ルーキー1が配属されるのはブルー中隊。
"あの映画で描かれていた物語の陰で、実はこんな人物たちによるもう一つの戦いがあった"は、スターウォーズのみならず、ガンダムなどでもさんざん使われるこのになるスピンアウト作法だが、『レベルアサルト』は、その先駆け的存在だ。
14120902.jpg
この手の外伝には、どう扱っても問題なさそうなチョイ役が、本編からゲストとして駆り出されるのが常だが、本作でその任を務めるのは主人公の教官となるジェイク・ファーレル。
「エピソード6」のエンドアの戦いで、グリーン中隊の一員として第2デス・スター攻撃に参加したおっさんだが、よっぽどのマニアでなければ本編に登場した由緒ある人物だとは気づかないことだろう。
「エピソード6」ではA-Wingを駆っていたファーレル中尉だが、「エピソード4」のストーリーに準拠したこの『レベルアサルト』でも"第1"デス・スター攻撃時にA-Wingで参戦してしまう掟破りの行動で、スター・ウォーズ時空に密かな混乱を巻き起こしてしまっている(分かりやすく言うと、ジャブローの戦いにゲルググが出てくるようなもんです)。
14120905.jpg
『スターブレード』風のレールウェイシューティングを軸に、自機が自由移動できるフライトコンバットタイプのパートや、さらには戦闘機を降りて生身で帝国軍の基地にカチコミかけるパート、さらにはまたしても時空を歪めて雪原でスノーウォーカーと対峙するホスの戦いパートと、バラエティ豊かな構成で、「エピソード4」の陰で進行していたアナザーストーリーが綴られてゆく。
クライマックスはもちろん反乱同盟軍がデス・スター破壊を目指すヤヴィンの戦い。デス・スターのあの溝のところを駆け抜けるのは、ATARI版以来のスターウォーズゲームの伝統だ。
高難度にめげず任務を全うして、あのルークというとっちゃん坊や一人の手柄に改ざんされた銀河の歴史を、もう一度書き換えてやろうじゃないか。



関連記事

この記事に含まれるtag : スターウォーズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2218.html

2014/12/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【スターウォーズ レベルアサルト】SWゲームのクラシック

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback