ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
レーシング  Forza  

【Forza Horizon 2】南欧の公道グランプリ

   ↑  2014/12/01 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
ガキがクルマに興味を抱くようになるきっかけは様々だろうが、オレの場合、それはカーキチのオヤジが営む床屋の待合に転がっていた。
ズラリと並んだジャンプコミックスの背表紙。その通し番号の統一デザインはチェッカーフラッグ。
全国のガキどもを熱狂させ、スーパーカーブームという罪作りなムーブメントを巻き起こすまでに至った、日本マンガ史上に燦然と輝く名作コミック「サーキットの狼」である。
わざわざ順番を後回しにしてもらってまで、待合のベンチでそれを片っ端から読みふけったオレは、めくるめく高級スポーツカーにたちまちぞっこんとなった。
14120109.jpg
店内のあちこちにスポーツカーの模型を飾るくらいクルマ好きだった店主にとっては、ガキがクルマに興味を抱くのはまさに思う壺で、コミックスの続きに後ろ髪を引かれるように理容椅子に座ったオレに、自分が乗っているマツダ・サバンナクーペGTがいかに最高のクルマなのかを、仕事を忘れてとうとうと語りだす始末。
しかしガキというのは素直すぎる生き物だ。「なんだ、国産車か」というオレの身も蓋もない一言に、店主はたちまち不機嫌なツラになって剃刀を不気味にしごき出すのであった。
ごめん、ごめん。だけどさぁ、国産車って「サーキットの狼」じゃ基本ザコ扱いだし、ましてやサバンナクーペは、よりによってザコ悪役だった極道連ボスの愛車なんだもん。
14120110.jpg
しかしいくら高級スポーツカーに心を奪われたとはいえ、ガキの甲斐性はたかが知れている。
ラジコンなんてブルジョワの遊びとはとんと無縁だったオレたちの間で流行ったクルマ遊びはと言えば、スーパーカー消しゴムをボールペンのケツでペチペチ弾く、原始的で貧乏臭いレースだった。
「今はこうだが、いつか将来はホンモノのポルシェやマセラティでレースをする身分になってやる」
そう固く心に誓うオレたちだったが、そんな冴えないガキどもに高級スポーツカーを取っ替え引っ替えする輝く未来が待っているほど、世の中甘くない。
10年後、ついに普通免許を手にしたオレは、よりによってスズキのマイティボーイのハンドルを握りながら、「サーキットの狼」に出ていた連中は、たとえ風吹裕矢にあっさりちぎられるザコでさえも、自分とは比べものにならないくらい光り輝く高級車オーナーであったことを思い知るのであった。
14120108.jpg
あれからさらに月日は流れ、今オレの手の中にはフェラーリ・ディノのハンドルがある。
後ろに従えるのはカウンタックにランチア・ストラトス、ジャガーEタイプにランボルギーニ・ミウラ。
「サーキットの狼」の中に存在した、そしてかってのオレたちがスーパーカー消しゴムでなんとか再現しようとした夢の様な空間が、めくるめくビジュアルでそこに広がっている。
コルベット・スティングレイ、BMW2002ターボ、セリカGT、ポンティアック・トランザム、トヨタ2000GT、フェアレディZ430、『Forza Horizon 2』の登場車種の中に、「サーキットの狼」に出演した経歴を持つクルマは多い。
14120106.jpg
そして様々な年代、クラスのクルマが一堂に介して、半分本気みたいなスピードで長丁場を走るホライゾンロードトリップは、「サーキットの狼」の序盤のクライマックスだった公道グランプリを、どこか彷彿とさせるものがある。
時をまたいでさらなる新世代のクルマたちを咥え、伊豆から南欧に舞台を移して再び開催された公道グランプリ。
『Forza Horizon 2』は、貧乏臭いガキだったオレたちが、手をゴム臭くしながら興じていたスーパーカー消しゴムレースの究極系。
そして風吹裕矢はおろか、そのザコ敵にすらなれなかった「サーキットの狼」世代の、時を超えた敗者復活戦なのだ。
風吹裕矢の愛車ロータス・ヨーロッパの後継、ロータス・エキシージのボディに刻むのは、あの赤いラインと星マーク。
『Forza Horizon 2』の中で、オレは二代目ロータスの狼となる。さぁ、二代目ハマの黒ヒョウだろうが自称潮来のオックスだろうが、いつでもどこでもかかってきやがれ!



この記事に含まれるtag : レーシング Forza 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2212.html

2014/12/01 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


志賀直哉の剃刀という短篇がメチャ怖い。床屋がトラウマに。

サーキットの狼、懐かしい。スーパーカーブームの頃、男子は皆消しゴムを集めてました。学校から禁止令が出されたりして。自分は車に興味は無く免許を取ったのも結婚後やむを得ずでしたが「トラック野郎」シリーズのデコトラは運転してみたかった。車なのに神棚があったり居住空間があったり
で楽しそう、しかも全方位装飾!高倉健、菅原文太の両巨星
が銀幕の彼方へと去り、昭和は遠くなりにけりです。

奈良の亀母 |  2014/12/02 (火) 13:00 No.980


デコトラブームも、そういえばスーパーカーブームとほぼ時を同じくしてましたね。
カウンタックとデコトラって一見水と油ですけど、ガキ心では同じベクトルの存在であったような気がします。
テレビ放映で観たトラック野郎のトルコ風呂シーンって、私の密かなヰタ・セクスアリスですが、それって常に文太さんのスリムで引き締まった裸体がついて回ってきちゃうんでしょねえ。

与一 |  2014/12/02 (火) 20:53 No.981

コメント:を投稿する 記事: 【Forza Horizon 2】南欧の公道グランプリ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback