ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ミステリ  D3パブリッシャー  

【内田康夫DSミステリー 名探偵・浅見光彦シリーズ「副都心連続殺人事件」】

   ↑  2014/09/16 (火)  カテゴリー: ニンテンドーDS
14091607.jpg
探偵ってのはその性質上、基本的にいけ好かない鼻持ちならない性格であることがほとんどだ。
シャーロック・ホームズに始まって、エルキュール・ポワロにファイロ・ヴァンスなど、名探偵と呼ばれる者ほど、その傾向がだいぶ強くなってくる。
そういう一癖も二癖もある人物には、たいてい社会性があって人を立てることに慣れている、よくできた人物が、ワトソン役の名の下に傍らに付いているのが常だ。
そんな人たちの気配りもあってか、巷の名探偵たちは、いくら性格や人づきあいに問題があろうが、突拍子もない事件があったときのみに役立つ気の毒な人という扱いで、周囲から辛うじてその存在を認められているようなものだ。
14091602.jpg
逆に言えば、連中が事件に首を突っ込んで色々嗅ぎまわったり、鬱陶しい講釈を披露したり、挙げ句の果てには他人様をバカ扱いしたりするのは、性格の悪い奴の働く無礼という前提があるからこそ許されているようなもので、それを人当たりも悪くない苦労知らずな良家のぼんぼんがやると、かえってカドが立つことになる。そう、浅見光彦、お前のことだ。
プレイヤーの立場は歴史雑誌の取材でたまたま浅見光彦と一緒に仕事をするハメになったカメラマン。
ところが記事を書く担当のこのぼんぼんときたら、仕事とは全く無関係なエリートサラリーマン変死事件に、マッハの勢いで首を突っ込むのであった。
本音を言えば、相方の立場としては、「浅見さん。しょうもないことに関わってないで、とっととどうでもいい仕事を終わらせて、早いこと赤の他人の関係になりましょう」と諭したいところだが、ゲームはこちらの本音なんかお構いなしに、プレイヤーを巻き込んで勝手に事件解明に向けて突っ走りだすのであった。
これだからミステリってやつは! 警察が自殺だって言ってんだから、自殺で丸く納めときゃいいじゃねえか!
14091601.jpg
「名探偵の浅見光彦さんをご存知ないのですか? その活躍は内田康夫先生が小説として発表して広く世間に知れ渡っているのに!」などと、プレイヤーを強引に浅見光彦マンセーワールドに引きずり込もうとする登場人物のセリフに、こちらもつい「あなたはそんな高名な探偵なのですか!」などと、言いたくもないおべんちゃらを言わされるハメに。
これがホームズやポワロであったなら、「無知をこじらして死ぬ奴はいないから、まあいいよ」などと、嫌味ったらしく釘を差してきて、その傲慢な態度にこっちもネットで珍獣を見つけたときのように、今後のヲチの対象と割り切ることもできるが、このぼんぼんの場合は「いやいや、そんなことないですよ」と、(あくまでも表面上のみ)謙虚に否定するばかり。
苦労知らずのぼんぼんにそれやられたら、ポワロなんかとは比較にならないくらい腹立つんじゃ!
14091604.jpg
毎度のお約束で警察に任意で引っ張られ(巻き添え食ってこっちも!)、さんざん疑われた末に身元を調べられて、警察のお偉いさんの縁故と判明。慌てて下でに出る刑事たちというお馴染みのルーチンワークも、インタラクティブで体験するとよけいに腹が立ってくるもので、警察署の外で「いやあ、大変な目に遭いましたねえ」などと爽やかに語りかけてくる浅見光彦に、誰もが「ナチュラルに家族の威光を振りかざしてんじゃねえ、このクソぼんぼん!」と、その首を締めたくなってくることだろう。
「まあまあ、そのおかげにお互いに容疑が晴れたんだから、いいじゃないですか」 そもそもキサマが余計なことに首を突っ込まなきゃなあ!
14091603.jpg
人当たりがよく謙虚なその性格の向こうで、自然体でこちらの神経を逆なでしてくる。そんな世界一嫌味な名探偵の相方役は、西欧の嫌味名探偵のパートナー以上に、大人の対応を常に要求されるワトソン的ポジションを味わえる。
嫌味ったらしさこそが名探偵の条件であるとするならば、浅見光彦はポワロやヴァンスにまったくひけをとらない資質(だいたいこの人の場合は、無自覚であるからタチが悪い)であることを、プレイヤーはその理不尽な立場を通じて嫌というほど知ることができるだろう。
ちなみに内容的には西村京太郎や山村美紗サスペンスの流れを汲む、ニンテンドーDSミステリADVの文法に極めて忠実なゲーム。



この記事に含まれるtag : ミステリ D3パブリッシャー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2162.html

2014/09/16 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【内田康夫DSミステリー 名探偵・浅見光彦シリーズ「副都心連続殺人事件」】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback