ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

【アクアゾーン】セガサターン版AQUAZONE

   ↑  2014/07/25 (金)  カテゴリー: セガサターン
14072503.jpg
PCと比べてより没入性の高い据え置きゲーム機は、『AQUAZONE』タイプの水槽見立てシムとはさらに相性が悪そうですが、それでも過去にセガサターン、XBOX 360と、二度にわたって移植が試みられてきました(両者とも共に日陰のハードであるようなのは気のせいでしょうか)。
特にサターン版が発売された96年は、本家の方でも決定版ともいえる『AQUAZONE 1.5』が登場してシリーズが一番脂の乗っていた時期。
追加の熱帯魚やアクセサリーを、後からオプションディスクでリリースするスタイルが始まったのもこの頃ですが(この商法は、やがてオプションディスクからコンテンツのダウンロード販売に軸足を移す)、サターン版はそれに準拠する仕様。
14072501.jpg
その内容も魚の種類に合わせた水質や水温の管理が重視され、これを怠ると魚がころころと死んでしまう、初期アクアゾーンらしいガチガチの硬派シミュレータです。
ただ、本来なら『バーチャファイター』なり『デイトナUSA』なりを取っ替え引っ替えして遊びたいセガサターンに、バーチャル水槽が常駐されてそれの世話に明け暮れなければならないのも人を選ぶ話で、結局このサターン版『アクアゾーン』はコンソール機とバーチャル水槽が、なかなか両立しづらい事実を露呈しただけで終わったのでした。
14072504.jpg
本家と同様にこちらでも魚やアクセサリー、薬品を追加するオプションディスクが発売され、エンゼルフィッシュ、ブラックモーリー、ブルーエンペラー、クラウンローチ、ラミーノーズテトラと、魚ごとに計5枚(各2000円)がリリースされましたが、これもまた罪作りな話。
私の場合、何の気なしに買ったサターンソフトの福袋に、このオプションディスクのナンバー2とナンバー4が紛れ込んでいて、これをムダにしないためにわざわざ要りもしない『アクアゾーン』本体を買うはめになってしまいました。
そうなってくるとオプションもなんとなく揃えたくなるのが人情で、結局残りのオプションディスクも買い集め、そして水槽をいくつもこしらえては、面倒くさくなってあっさり飼育放棄。
哀れ電子の魚たちはエサも与えられないまま放置され、今でもサターンに挿さっているパワーメモリーのどこかで、死骸となってデータの生け簀の中を漂っていることでしょう。
現実、バーチャルを問わず、生き物を飼うってホント難しいですね。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2133.html

2014/07/25 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【アクアゾーン】セガサターン版AQUAZONE

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback