ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

【Loco Motors】かっ飛べ、オレのチキチキマシン!

   ↑  2014/07/15 (火)  カテゴリー: Android
14071501.jpg
『Angry Birds』の成功以来、モバイルゲームで氾濫する面クリアタイプのワンアクションゲーム。
その後追いはと言えば、『Angry Birds』の上っ面だけを置き換えた志の低いモノから、そこから自分たちのオリジナリティを追求したモノまでピンきりだが、この『Loco Motors』は幸いにも後者だ。
引っ張り具合で強弱をつけられるエンジンスターターをドラッグしては放し、その勢いで駆け出すマイカーが無事ゴールまで辿り着ければ、それで取り合えずは面クリア。
そんな『Angry Birds』フォーマットに付け加えるオリジナル要素は、クルマの設計デザイン。
待ち構えるステージは、坂にジャンプにオフロードと、いずれも一筋縄ではゆかないギミックが待ち受けている。
14071502.jpg
しかしそれはオリジナルカーデザイン能力の腕の見せ場。急坂を突破するにはエンジン二個付け。航続距離を必要とするのならば、ガソリンタンクは一つじゃ足りないだろう。 荒れた道にはオフロード用タイヤ。
ステージによっては車高制限区間がある。車体をできるだけ低く見積もろう。 ルーフ部分にもタイヤを付けて、万が一逆さまにひっくりかえっても走行可能じするのはナイスアイディアだ。
と思ったら、タイヤの回転する向きを逆にしなかったため、ひっくり返った途端、反対方向に向かって走り出しやがった。
14071505.jpg
だが、そんな失敗も貴重な経験の蓄積。リトライ&リデザインはお手軽だ。指で車体フレームをチョチョイと描いて、エンジンやコクピットやタイヤを任意の場所にがしゃーんがしゃーんとドラッグして配置。
ステージクリアで手に入るコインは、各パーツの新しいデザインを購入するのに使用。 無限大の組み合わせでステージごとに新たに生まれる、見るも奇抜なマイチキチキマシンの数々。
失敗の数だけ創造と心躍る再挑戦がある。いい加減な思いつきが予想を超えた成功を生むこともある。
落書き感覚で気ままにデザインしたマイカーが挑むのは、奇天烈なコースと歯応え満点のクリア条件。『Loco Motors』は停滞気味なこのジャンルに現れた久々の快作。手軽だけど末永く遊べる良質アプリだ。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2128.html

2014/07/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Loco Motors】かっ飛べ、オレのチキチキマシン!

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback