ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

映画【人蛇大戦・蛇】

   ↑  2014/07/14 (月)  カテゴリー: 映画・DVD
14071406.jpg
「着ぐるみはCGと違って魂がある」は、特撮界隈で何かと槍玉にあげられる老害発言だが、しかしこと動物パニック系の映画に関しては、CGの蔓延がジャンル自体の首を締めているような気がしてならない。
特にアサイラムあたりが作るろくでもない巨大動物パニック映画の、あまりにも安直なCGへの依存を見るたびにその思いを強くするのだが、だからと言ってそれと比較して「ジャイアントスパイダー大襲来」のハリボテクモは魂が入ってるなどとのたまうつもりもさらさらない。
当時は思わず笑ってしまったけど、アレは冷静に考えれば怒って「カネ返せ!」と叫ぶべきところだろう。
まあ要はCGだから着ぐるみだからではなく、人様にお見せするために手間ひまかけているか、手を抜いてるかのの違いなのだが、その筋でゆくと「ガチのホンモノをめまいがするくらい大量に用意しました!」なんてのは、動物パニック映画においては鏡みたいな話なのかもしれない。
14071407.jpg
高層マンションの建設現場で、基礎を作るために穴をほっていたら、大量の生きた蛇が出土!
「そんなもん構わないからぶっ殺して工事続けろ!」と、施工主であるマンションオーナーの、立場的にはごく真っ当な一言に、哀れこの大量の蛇たちは重機で潰されるわスコップで叩き殺されるわの虐殺の憂き目に。
殺される蛇たちが、ほぼ真正のホンモノであるところが、早くも胸焼けしてくる。
当時のオレ、物好きにもこの映画をわざわざ劇場まで観に行って、胴を寸断された生蛇がのたうち回るが巨大スクリーンを前に、「何でこんな映画観ようと思っちゃったんだろうなあ……」と早くも大後悔。
この後、オーナーや工事関係者、さらにはマンションの住人たちが蛇の報復に遭う因果応報は、もはや定番のお決まりだが、その前に前菜代わりに差し挟まれるのが、蛇軍団の首魁である全長10数メートルの巨大蛇(これはさすがに造り物)と、蛇退治プロの爺さんとのカンフーバトル。
14071408.jpg
ワイヤーアクションまで駆使した迫力の異種族格闘技戦を経て、一旦は矛を収めた蛇軍団だが、もちろんこのままで済むわけはなかった。
いよいよマンションお披露目の日。オーナーを始め関係者に、綺麗どころから巨デブ女まで、蛇と絡み甲斐のある若い女性たちが一堂に介したときを狙って、いよいよガチ蛇軍団の本格的出撃!
うにょろにょろにょろにょろ~と、まるでリミッターが解除された流しそうめんの如き勢いで進撃するガチ蛇軍団。
これと遭遇した人間たちは、このリアル蛇の群れに転がり込み、悲鳴と共に自ら蛇どもを体に巻きつけながら、蛇の山の中で悶絶しなければならないのだ。
生蛇を物ともしない台湾の見上げた女優魂を前に、おそらく観る者は「無理しないで他の仕事を探せよ……」なんて感想しか出てこないだろう。
14071405.jpg
このビル中を呑み込む大量のガチ蛇パニックに、出動するのは軍でも警察でもなく消防隊。
そう、この映画、実は当時大ヒットを記録した超高層ビルの火災パニック映画「タワーリング・インフェルノ」を下敷きにしているのだ。
ドアの隙間から漏れだす火災の煙の描写は、ドアの隙間からにょろにょろと這い出る大量のガチ蛇に。逃げようとドアに殺到した客たちが、開けた扉からバックドラフトの炎に包み込まれる描写は、開けたドアからどぼどぼどぼーっと雪崩れ込んでくる大量のガチ蛇に。
流行りの映画をパクっていっちょ儲けたろというやり口は、映画界においては常套手段だが、それを炎の代わりに生きた大量の蛇に置き換えようという考えは、やはり尋常じゃない。もしかしてセットを燃やすよりも、生きた蛇の方がはるかに安上がりだったのだろうか。
14071409.jpg
ホースを片手に消火の要領で蛇軍団を制圧して、ビルの上階に突き進む消防隊の行く手を阻むのは、あのカンフー使いの大蛇。
大蛇はワイヤーアクションの大盤振る舞いで消防隊を迎撃。対する消防隊の秘密兵器は火炎放射器。なんで消防がそんなもんを持ってる!?
最低でも数千匹のリアル蛇が乱舞する(その蛇の殉職率は5割を軽く超えてそう)、例え志が低くとも手間暇をきっちりかけた見世物のど迫力は、アサイラムの気の抜けたCG動物パニック映画を観慣れた目に、はたしてどれほどのインパクトを与えるであろうか。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2127.html

2014/07/14 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


「クリープショー」のラストも結局モノホンの大量に勝てるインパクトはねーだろ!って訴えてるよーでした。
「鬼打鬼」だったか記憶が曖昧なんですが、サモハンが大量のゴキに纏わりつかれてるシーンが強烈で、「ジャッキーにはできない体の張り方だよこれぇ」と俳優魂をそこに感じました。

性サターン |  2014/07/15 (火) 09:57 No.862


クリープショーはモノがモノだけに蛇よりもビジュアル的にキツイっすよねえw

与一 |  2014/07/16 (水) 16:16 No.863

コメント:を投稿する 記事: 映画【人蛇大戦・蛇】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback