ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ウルティマオンライン  

書籍【ウルティマオンライン 公式アトラス 正邪の大陸対応版】

   ↑  2014/07/10 (木)  カテゴリー: 書籍・コミック
14071003.jpg
コントローラーから離れている間も、マップを見ながら様々なことに思いを馳せられるゲームは、オレにとって例外なく最高の伴侶となってくれる。
古くは『Might and Magic』、最近では『Test Drive Unlimited』や『Fallout 3』に『TESⅤ Skyrim』、一番新しいところでは『GTA5』なんかがそうだ。
マップを眺めてその場所に息づくキャラクターや事象に想像を巡らせたり、2Dマップ化された地形を頭の中で実際の景色に置き換えて、そこに自分の分身が躍動する姿を妄想したりする。
例えモニターの前にいなくとも、それは間違いなくゲームプレイの一環だ。

オレは旅行のときなんかも、行く前は地図を眺めてこれから訪れる場所を予習し、帰ってきたらまた地図を眺めて自分の行程を地図で辿るのを欠かさないくらいの地図好きだ。
道路地図帖の類は毎日ぱらぱらめくっていても飽きないし、ネットの普及で地図がさらに身近でカジュアルな存在になったときは、もう身悶えするほど喜んだものだ。
グーグルのストリートビューなんてのは、あれはマップと連動させれば一生遊んでも遊びきれないゲームみたいなもんである。
14071001.jpg
オンラインRPGの巨人『ウルティマオンライン』の関連本は、日本国内だけでもかなりの数がリリースされ、そしてその内容もオーソドックスな攻略本から、家のカスタマイズや内装のガイド、ファンメイドのコミック、さらにはプレイヤーコミュニティの手引など多岐にわたっている。
そんな多士済々なUO本の中でも、オレの中で座右の書となるくらい飛びきりの一冊も、やはり地図本だ。
この「ウルティマオンライン 公式アトラス 正邪の大陸対応版」は、ブリタニアからロストランド、イルシェナーに渡る広大なUOの大地を、広域図、街、ダンジョンに分けてカラーのマップに落としこみ網羅した一冊。
マップの繋がりと施設や地名の表記以外は、攻略情報の類を始めとしてよけいな記述が一切ない、極めて純粋な地図帖だ。

本書の前身である「ウルティマオンライン 公式ワールドアトラス」は、2001年の拡張パック第3弾『ウルティマオンライン 第三の夜明け』までを元にした内容だったが、そのアップグレード版とも言える本書は2003年の拡張パック『ウルティマオンライン 正邪の大陸』で加わったマラス大陸もフォロー。
その『正邪の大陸』(別名・甲斐性なしどもへの宅地開放パック)ですらも、今やもう10年以上も昔のこととなったが、それからいかに幾年月を経ようとこの地図帖はこれっぽっちも飽きがこない。

ブリタニアはオレにとってもう一つの住所所在地みたいなもんだが、それでも未だにこの地図帖を眺めていて、こんな場所もあったのかと驚くこともある。
そして地図を元に、ここでこんなことがあったと昔を懐かしんだり、あるいは今度この場所でなんかやってみようなどと、これからのプレイに思いを巡らせたり、今でもデジタルの広大な地平に生々しい息吹や生活感をもたらしてくれる、古今東西のあらゆるゲーム本の中で最高峰の称号を与えたくなるような一冊なのだ。



この記事に含まれるtag : ウルティマオンライン 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2124.html

2014/07/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 書籍【ウルティマオンライン 公式アトラス 正邪の大陸対応版】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback