ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ホラー  

【Alone In The Dark】2008年版アローン・イン・ザ・ダーク

   ↑  2014/06/12 (木)  カテゴリー: XBOX 360
14061201.jpg
私立探偵エドワード・カーンビーが、ルイジアナ州の片隅にある屋敷で、クトゥルーの秘儀を阻止したのは1920年代のこと。
そしてそのカーンビーは、時空を超えて今、21世紀のニューヨークで再び闇と対峙する。
舞台は一軒の館から広大な街へ。角ばったポリゴンから精緻な3Dグラフィックへ。生ある者は自分一人しかなく、まさに"暗闇にひとり"状態から、人で溢れた大都会へのシチュエーション転換は、まさに隔世の感があるが、いざ左スティックを傾ければ、がくがくとぎこちなく動き出すカーンビーの挙動に、「あら、こんなとこは昔のまんま」と、何故かホッとするのであった。
90年代の三部作、そしてカプコンが罪滅ぼしとばかりに日本版を出すと宣言しながら、結局は反故にされてしまった『Alone in the Dark 4 The New Nightmare』(2001年)を経て、その間にインフォグラムがアタリになるというワケの分からない展開を挟んで、満を持して登場したシリーズ第5作は初代以来の無印タイトル。後々なにかとややこしくなるから、そういうのはなるべくやめろ!
14061204.jpg
初代『アローン・イン・ザ・ダーク』の仰々しく悠長なカット割りはサイレント時代の映画を思わせたが、そこから20年近くの時を経た(カーンビーにとっては100年近くだが)新無印『Alone In The Dark』のそれは、まるで最新のアメリカン連続TVドラマのようにせわしなく扇情的だ。
チャプターごとの区切りも、前回までのあらすじが冒頭に挿入されるTVドラマを模した構成。
話の展開も矢継ぎ早で、スペクタクルなシチュエーションが次から次へと襲い掛かってくる。
初代の悠長さがちょっぴり懐かしくもなってくるが、諦めろカーンビー。これが21世紀のテンポだ。慣れてもらうしかない。
14061205.jpg
しかし慣れようにもこれは『Alone in the Dark』。操作性のクセの強さはシリーズを通して流れる血筋みたいなものだ。
90年代初頭には技術的に不可能だった理想を結実させようと、トゥーマッチなバーチャルリアリティがてんこ盛り。
ジャケットの内側がそのままイベントリ画面(おかげでどこに何があるのかさっぱり分からねえ!)を始めとして、目も背けたくなるような傷口に直接スプレーを噴射する体力回復アクションや、視界ぼやけ&まばたきでそれを解消ギミックや、日曜大工感溢れるアイテム合成システムなど、何もそこまでと言いたくなるような過剰インタラクティブのオンパレード。
この妙なこだわりっぷりは、さらにバーチャル火炎瓶製作、バーチャル人工呼吸、バーチャル車のエンジン不正起動など、ゲームが進むにつれてエスカレートする一方。まさか私もクルマのコンパネを壊してコードを直結させる行為を、ゲームの中で何度もさせられるとは思いもしませんでした。
14061206.jpg
斬新なアイデアを多々盛り込みながらも、それらがことごとく未整理未整頓のままプレイヤーの前にぶん投げられるその様子は、まさに初代譲り。
何よりもユーザーフレンドリーを是とするこのご時世では、かなり挑戦的というか無謀極まりないアティチュードだが、そんな難行苦行の果てに辿り着くエンディングの充実感は、なんとも90年代的な懐かしさがある。
ポリゴン石器時代から時空を飛び越え現代ゲームの地平に降り立ったエドワード・カーンビー。
ちょっとやり過ぎで時には無理難題の連続なクセのある操作をなんとか乗り越えれば、このローリングトゥエンティーズからやって来た私立探偵の哀しみを分かち合える瞬間が来るかもしれない。
賑やかな大都会に放り出されようとも、彼の佇む場所はいつまでも"ひとりぼっちの暗闇"のままであったのだ。
そしてその暗闇を照らす灯りは燃え盛る炎。
このゲームのもっとも素晴らしいところ。それは闇に映える炎のあまりにも美しい表現力だ。



この記事に含まれるtag : ホラー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2109.html

2014/06/12 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


冒頭の崩壊したビルから望む摩天楼は結構感動しました。

でもカーチェイスでギブアップ。超覚えゲーすぎて私には無理でした。

ヤクモ |  2014/06/15 (日) 19:46 [ 編集 ] No.841


アクション関係は全般にキツかったですね、このゲーム。
アローンインザダークはオリジナルからして、アドベンチャーなのかアクションなのか煮え切らないマイナスポイントがあったんですけど、まさかそれを15年経っても克服できなかったとは。

与一 |  2014/06/17 (火) 17:09 No.843

コメント:を投稿する 記事: 【Alone In The Dark】2008年版アローン・イン・ザ・ダーク

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback