ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
声優  乙女  

【ナデプロ!! ~キサマも声優やってみろ!~】

   ↑  2014/05/14 (水)  カテゴリー: PS2
14051407.jpg
就職難のこのご時世。特に進路を決めずぼんやりとしていたら、街のどこかで声優プロダクション関係者の目に止まっていたらしく、いつの間にやら事務所入りと声優デビューが決まっていましたあ。
青二塾や日ナレに大金を払って明日をも知れないレッスンに励んでいる者ならずとも、思わず「世の中をナメるんじゃねえ!」とその首を絞めてやりたくなるような極楽トンボ。
今日び街中でアダルトビデオや風俗以外のスカウトがあるのも驚きですが、とにかく主人公=プレイヤーは、そんな展開になんの疑問も差し挟まないまま、声優事務所ナデシコプロダクションの一員として、棚からぼた餅の業界デビューを果たすのです。
そのナデプロは男性声優ばかりが所属する男所帯。そこに紅一点として加わるのですから、そりゃあ乙女ゲームという前提なくしてもチヤホヤされます。
事務所にちょっと花を飾ったくらいで、連中は勝手に感動する始末。世の中ってホントちょろいですね、ニコッ。
14051401.jpg
養成所に金を貢ぐことなしに声優デビュー。そのついでに先輩の男声優も食っちゃって一石二鳥。そんなお気楽極楽な願望をストレートにまるごとパッキングした、ありそでなかった若手声優生活シミュレーション、『ナデプロ!! ~キサマも声優やってみろ!~』。
事務所を仕切るエキセントリックな男性マネージャー(CV・置鮎龍太郎)は、「一年で成果を出さなかったらクビだ!」と、いかにも過酷な条件を突きつけている気になっていますが、それってぶっちゃけ青二のジュニア制度と大して変わらないですよね。
イベントをこなしてスケジュールを進めていけば、仕事がほいほい入ってくるこっちの方が、むしろよっぽど楽かもしれません。
14051402.jpg
もちろんナデプロにも養成所という集金システムは存在し、そこの三人の塾生たちは主人公と共に切磋琢磨し励まし合う間柄となるのですが、私がもしその塾生の立場だったら、こんな養成所も何もかもすっ飛ばして、いきなりデビューをきめやがったどこの馬の骨とも知れない奴になんか、絶対心を許すはずがありません。
むしろそんなふざけた奴、飲み物にこっそり水銀でも混ぜてとっとと喉を潰してやるところですが、この三人ときたら呑気に主人公と打ち解けてアドバイスまでする始末。
こんな人の良すぎる連中に、生き馬の目を抜く業界でのサバイブなど、とてもおぼつかないことでしょう。せいぜい主人公の肥やしとなるのがお似合いです。
14051403.jpg
他事務所の人気絶頂男声優(攻略対象キャラです)に、年の割にキャリアの長い実力派(モデルは沢城みゆきあたりでしょうか)、実年齢三十代後半なのにロリ系のキャラを強引に押し通す人気声優(モデルは……、あえて詮索するのはやめておきます)、さらには音響監督に脚本家と、苦労知らずのまま人脈も次々と増えて、否が応でも増してゆくいっぱしの業界人気分。
それをさらに高めてくれるのが、各章のラストに必ず挿入されるアクティングパート。
実際のアフレコさながらに、出番が来たら主人公をマイクの前に移動させ、音ゲーの要領でセリフをこなします。
ガヤから始まり、格ゲーのボイス、アニメの端役と、少しずつグレードアップし、それに応じて難度も上昇するこのパートは、スタジオ内で座る位置からすでにゲームが始まっています。ガヤなのにど真ん中にふんぞりかえって座っていたらエラい顰蹙買いました。
でもそんなささやかな失敗も、ナチュラルな神経の図太さで、いけしゃあしゃあと切り抜ける主人公。
むしろそんなささやかなドジも、先輩声優との距離を縮めるいいきっかけになりそうですしね、ニコッ。
14051406.jpg
元々はドラマCDとして人気を博したシリーズのゲーム化作品。
元媒体特有のアッパーなテンションと、原作を経由しないとなかなか把握しづらいキャラクター設定には、つい戸惑ってしまうかもしれませんが、声優業界を真っ向から扱ったコンセプトは他に例がないオンリーワンな存在。
主人公の無意識のうちに他人をぐいぐい押しのけてゆく、いかにも乙女ゲーの主人公らしい見上げた性格などは、声優志望者にとって意外と良きお手本となるのかもしれません。
声優に限らず、どんな世界でも最後に涼しい顔して生き残っているのは、決まってこんなタイプの輩だったりしますもんね。



この記事に含まれるtag : 声優 乙女 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2092.html

2014/05/14 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


>実年齢三十代後半なのにロリ系のキャラを強引に押し通す人気声優

大野まりな嬢、でしょうか…?

もう10年近く前ですが業界の音楽関係者がやっていたネットラジオで「30過ぎて年賀状にコスプレ写真を使うのはキツいのでヤメロ」と言われていたのがなつかしいです。

塩味 |  2014/05/14 (水) 21:51 No.817


O野さんの場合、普通の格好をするとものすごく歳相応なおばさんになってしまいそうなところがあるから、よけいにアレを押し通しているような気もしますねw

与一 |  2014/05/15 (木) 18:26 No.818

コメント:を投稿する 記事: 【ナデプロ!! ~キサマも声優やってみろ!~】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback