ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
箱庭経営シム  

【Zoo Tycoon】主役は子供

   ↑  2014/05/05 (月)  カテゴリー: XBOX 360
14050501.jpg
5月5日こどもの日は中学生以下は無料となる動物園が多いが、それは私のところも例外ではない。
もっともこっちも商売でやってるので、その分をトイレを思い切り有料にして元を取るつもりだが、嫌ならばガマンすればいいだけの話である。
ただしガマンしきれなくなったからといって、そこらでするのはやめていただきたい。当方、動物の糞尿はともかく人間様のそれを始末するつもりはさらさらないから。
動物園にとって真の主役といえる存在。それは展示されている動物ではなく、それを見て目を輝かせる子供たちかもしれない。
『Zoo Tycoon』においても、子供のお客さんの姿は非常によく目立つ。
中でも名物なのが、入口ゲートのところで四六時中ぐるぐると鳥の真似をして遊んでいるアロハを着た二人組のガキだが、私なんかはこれを見るたびにいつも、「ゲートの真ん中で邪魔だクソガキ!」「こいつらの親は何をしてるんだ、何を!」と張り倒してやりたい心境に駆られるのだが、皆さんはやはりこんなのでも寛大な心で暖かく見守っておられるのだろうか。
14050503.jpg
親に連れられた子、グループで来てる子、クソ生意気にも女の子と二人連れの子、ぼっちの子。無闇やたらに走り回っていたり、熱心に観察したり、動物のモノマネをしていたりと、この動物園を訪れている子供たちのパターンは様々だが、やはり人間は育ちですべてが決まるというか、成長したらどんな大人になるかは、このうちからなんとなく伺えてしまうものである。
女の子連れの子供は将来の勝ち組入りがある程度確定しているようなもんだし、ぼっちで所在なさ気の子なんかは、成長したら、はてな村あたりのの住人になっている姿が目に浮かぶようだ。
それを考えると、ゲートのところの頭悪そうなガキは、なんだか他人とは思えなくなってくるから、あんまり邪険にするのも考えものかもしれない。どこかで道を改めないと、おじさんみたいな潰しの利かない大人になっちゃうよ!
14050504.jpg
しかしまぁ、多少はハメを外しているといっても、『Zoo Tycoon』のお子様たちは基本的に行儀の良い子ばかりだ。
アトラクションのライオンやトラの着ぐるみに対しては、もしガキの頃の私で会ったら、相手が反撃できないのをいいことに、蹴っ飛ばしたりカンチョーしたりと狼藉の限りを尽くしていただろうが、ここの子供たちは園長の私から見てもあまりに芸がない着ぐるみ連中のショーも、実におとなしく鑑賞している。
「トラの展示場にはしゃぎすぎたバカな子供が落ちたぞー!」なんてのは動物園名物の一つだが、ここではそんな展開は望むべくないのだろうか。
もしそんなエマージェンシーが起こったら、バギーを飛ばして直ちに現場へ駆けつけ、「ジェニファー、まずは甘咬み!」などと、さんざんその粗忽なガキを嬲ったあと、「助けて欲しければ、動物愛護協会の監査員に『こんな素晴らしい動物園はみたことありません。ボクの満足度は超グリーンです!』とアピールしろ」と腹黒い取引をを持ちかけて、子供に大人の世界の厳しさをきっちり叩き込んでやるとこなのに。



この記事に含まれるtag : 箱庭経営シム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2087.html

2014/05/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Zoo Tycoon】主役は子供

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback