ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
野球  

【ジャッジ!】アンパイアの憂鬱

   ↑  2014/04/29 (火)  カテゴリー: Android
14042904.jpg
「アンパイアとは、腹をすかせた二人のクソガキの間に、ソフトクリームを一個だけ持って立つような仕事だ」。
メジャーリーグ往年の名物審判ロン・ルチアーノは、かつて著書の中で自らの役割をこう表現した。
野球の審判なんておよそ割にあわない仕事だ。百数十キロで飛んでくる小さな球を、数センチ単位で見極める難作業を延々とやらされた挙句、どっちのチームのナインや監督、ファンからもそれぞれに憎まれ、誰からも愛されることなく、その仕事を絶賛されたり労われたりすることもまったくない。
野球のバッターは十度の打席のうち七回仕事をしくじっても好打者と評価されるのに、こちらは長い試合中に下した膨大なジャッジの、たった一度っきりのミスをいつまでもねちねちと非難される。本来なら一流選手の三倍くらいの給料もらわないとやってられないだろう。
14042905.jpg
草野球なんかでも、たまにジャンケンに負けて審判をやらされることがあるけれど、あれはホント憂鬱な役割だ。
打席に立ったり守備位置につくのは、どっちも大した責任は負いやしないが、こちらはそうはいかない。
だけど球審のポジションに立ってみれば分かると思うが、あんなとこから球の高い低いなんて、そうそう見分けがつくわけがない。
我々がテレビの野球中継を前に、「今のは明らかに高えだろ!」、「あんな低いのがストライク? ヘボ審判!」などと能書きをたれられるのは、およそ分かり易いアングルから見ているからだ。
あの場所から見てみろ。高いはともかく低さなんかどうやったって見極めようがないから。
だからきわどい球なんかは、ついジャッジを下すのを躊躇してしまい、バッターとキャッチャーの反応見ながら、つい「どっち?」なんてお伺い立ててしまったりする。
そして「どっち?じゃねえよ! はっきりさせろよ!」と怒られて、しぶしぶ「じゃあストライク」と判定すると、バッターが「あれでストライクかよ!」なんて文句つけてきて。お前がはっきりさせろと言うからはっきりさせただけじゃねえか!
14042901.jpg
そんな間違いが許されず、なおかつ報われない仕事だから、最近ではそれを機械に任せたらどうかなんて意見が出てきたりするが、それはそれで野球をとても味気ないものにしてしまう気がする。
2-3のフルカウントから内角のきわどいところにびしっと速球を放ってくれば、それは多少ボール気味でもストライクってコールすべきところだし、怪我を恐れず一塁に猛然とヘッドスライディングしてきたら、微妙なタイミングであってもセーフにしたくなるのが人情というものだろう。
そういった人間の目が混じった機微によって野球という競技は成り立ってるんじゃないだろうか。それに機械によってホームベース上の通過を厳密に判定させたら、従来のコーナーをきわどくついた投球は、みんなボール判定されると思う。
14042903.jpg
だからたまには審判の立場になってみて、その報われない役割を理解するのもいいかもしれない。
この『ジャッジ!』は、アンパイアとなりストライクorボール、アウトorセーフ、ホームランorファールの判定を延々と下し続けるゲームアプリ(球審のパートがテレビ中継の画面位置なのが、大いに詰めの甘いところだが)。
一人で球審から塁審、線審の役目まで果たさなければならないのは、なんとも草野球のアンパイアチックな話だが、三回ジャッジをミスるとゲームオーバーというシビアさは、プロ野球審判の針のむしろを超えているかもしれない。
「オレがストライクと言ったら、例え投球が幕張海浜駅に飛び込んでもストライクなんだよ!」
審判の神聖さをタテの抗弁も、ここではまったく通用しないのだ。
また粘れば粘るほど、ホームラン性の当たりがまるで糸で引っ張られたみたいに軌道を変えたり、アウトをコールした後に一塁手がポロッと球をこぼしたり(普通ならセーフとジャッジし直してもまったく問題ないはずだが、こもゲームの場合はそんな融通はきかない)と、トリッキーなひっかけの数々がプレイヤーを苦しめ、審判の理不尽な立場をなおのこと痛感させてくるだろう。

<Andoroid版の他にiOS版もあります>



この記事に含まれるtag : 野球 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2083.html

2014/04/29 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


サッカーのゴールキーパーあたりも
一度のミスで台無しなところとかちょっと似てますけれど、
給料に夢がない&永遠に黒子という点では
アンパイアに敵わないですね。
ところで
「だるめしスポーツ店」というミニゲーム集が
打ったり投げたり守ったり裁いたり
(今回の紹介作と違って球審のみ)という
野球好きのツボをついた小佳作でして、
3DSダウンロードソフトで与一さんに遊んで貰えない
(でレビューが読めない)のが
ホント残念です。

どらお |  2014/04/29 (火) 20:17 No.802


キーパーは曲がりなりにも選手だから、ある程度はモテそうですけど、アンパイアはおよそそんなこともなさそうですしね。
だるめしスポーツ店は、値切りシステムが話題になったときに、ちょっと興味をもったんですけど、審判ゲームも入ってたんですか。
3DS、そろそろ買っておこうかなあ。

与一 |  2014/05/01 (木) 18:12 No.803

コメント:を投稿する 記事: 【ジャッジ!】アンパイアの憂鬱

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback