ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

【ばくばくアニマル 世界飼育係選手権】

   ↑  2014/03/31 (月)  カテゴリー: セガサターン
14033105.jpg
動物園の飼育員をテーマにしたパズルゲームと言えば、その名が高いのは『Zookeeper』だが、そんなニッチな分野においても意味もなく他に先んじちゃってるそそっかしいメーカーは、案の定セガだったりする。
『テトリス』に煮え湯を飲まされたセガが、『コラムス』を作って一矢を報いたのは有名な話だが、特に因果があったわけでもない『ぷよぷよ』ライクなゲームも、ちゃっかりと市場に送り出したのは、「柳の下にドジョウはおそらく三匹くらいはいるかもしれない」という業界の慣習によるものだろう。
14033103.jpg
目映いばかりに色とりどりな宝石が降り注ぐ『コラムス』に対して、この『ばくばくアニマル 世界飼育係選手権』で降ってくるのは、骨に笹にニンジンにバナナ。
もうちょっと見目麗しいモノが降ってきても罰は当たらないとは思うが、何せこのゲームのテーマは動物の飼育員。降り注ぐのは動物たちの餌なんだからしょうがない。
食欲旺盛な犬やパンダやウサギや猿たちが、積み上がった餌をわしわしと食い倒す光景は、このゲームのチャームポイントだが、反面、餌と動物という二種のブロックの存在により、消すにしても連鎖を組み込む場合でも、どうしても頭の中で一拍置いて考えてしまう部分が、落ちものパズルに必須なテンポのよさをどうしても損なってしまっている。
14033104.jpg
"可愛くてちょっとシュール"な線を狙ったキャラクターや幕間の寸劇なんかも、ちょっとあざとくて鼻につくばかりだし、正直なところイマイチなゲームなのだが、私がちょくちょく寄っていたセガの直営ゲーセンでは、人気がまったくないのに何故か店の一番いいポジションでずっと稼働していたり、これまたどういうわけかサタコレのラインナップに選ばれたり、対戦相手からブロックが送られてくる際の「おまたせー」というやる気のないボイスがやたらと耳に残ったり、ファミ通の連載マンガに意味もなくタイトルを流用されたりと、なんか実力の割に妙に態度だけはデカいのであった。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2063.html

2014/03/31 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ST-V移植は概ねB級が多かったかと。
ST-Vはメインボードが安かったので、穴埋めに入ってましたね。エジホンがお気に入りでした。脳内メーカーを見る度に、エジホンを思い出します。

LockSmith Joe |  2014/04/01 (火) 14:05 No.780


気になってSTV基板のタイトルを調べてみたら、見事なまでのセガ二軍臭、そしてまたバラエティゲーム色がやけに強いっすね。
エジホンはボクも好きでした。これとかファンキーヘッドボクサーズとか、ST-Vのゲームはやけに場末のゲーセンが似合いそうですね。

与一 |  2014/04/02 (水) 22:34 No.781


ST-Vの中古は今はシステムが3000円前後、ばくばくアニマルカートリッジが1000円前後で買えますね。中古サターンでそろえるより安くつくかも...
ちなみにST-Vのレイディアント・シルバーガンはプレミアがついてST-Vでは最も高い30000円前後の相場で、ファンキーヘッドボクシングは2000円前後です。一番安いカートリッジは500円くらいです。

LockSmith Joe |  2014/04/03 (木) 11:52 No.782

コメント:を投稿する 記事: 【ばくばくアニマル 世界飼育係選手権】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback