ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
テストドライブ  

【Test Drive Unlimited 2】安心のカマボコハウス

   ↑  2014/03/17 (月)  カテゴリー: XBOX 360
いいクルマにいい家という男の二大欲求。
甲斐性なしにとっては、貧乏な子供の前にあるショーウィンドウのトランペット並みに手の届かない存在だが、それを現実に成り代わって取得してくれるゲームに『Test Drive Unlimited』がある。
しかしゲームの中で、いくら人も羨むような大邸宅を手にすることができるといっても、人の想像力や妄想力には、おのずと限界がある。
14031707.jpg
『Test Drive Unliited 2』において、プレイヤーに最初に与えられるのは、小さく薄汚いトレーラーハウス。
ワンルームマンションにも見劣りするような広さと、通りを走るクルマの騒音がダイレクトに飛び込んでくる劣悪なロケーション。
そんな環境に押し込まれながら、「よし、オレはここから成り上がって、今にでっかい家とガレージいっぱいの高級車を手に入れてやる!」と奮起させることが、この最初の家が持つ本来の役割なのであろうが、オレみたいな向上心が欠如した人間は、「いや、何だったらここで充分っすよ」と、落ち着いてしまいそうになったりするのだから、実に困ったもんである。
14031702.jpg
それもこれも『TDU2』に出てくる不動産物件に、中庸という言葉が存在しないのがいけない。
イビサのトレーラーハウスやオアフのカマボコハウスからステップアップしようと思って不動産屋をあたってみると、あるのはトレーラーハウスから急激にグレードアップした豪邸ばかり。
モデルルーム巡りをしたことのある方なら、お分かりになると思うが、こういった物件巡りをするときは、そこで自分が生活している様子などを、実際の家を前にして思い描き頭のなかでシミュレーションするのが常だ。
だが『TDU2』の豪邸群は、あまりにも自分がイメージするマイホームのキャパシティを越えすぎていて、非現実的で実感がまるで湧かないのだ。
14031705.jpg
庭にデカいプールだとか、テニスができそうなくらい広いリビングとか、それもうオレの辞書にある家の範疇を思いっきり逸脱してるから。家の中を滝が流れてるとか、オレさっぱり意味がわかんねえし!
住む家によって成り上がりの過程を表現しようというのなら、もっとこうワンルーム→1LDK→2LDKなんて具合に、分かり易くレベルアップしていってくれよ!
14031703.jpg
そんなワケで、イビサとオアフのあちこちに豪邸を手に入れて、そこを我が家と仮定しようにもまったく気が休まらず(こういう家に平気な顔して住める奴は、絶対カタギじゃねえって!)、結局落ち着き先となるのは、オアフにおける最底辺の家、最初のカマボコハウスなのであった。
質素なキッチンに殺風景なトイレ・シャワー周り。レンジでチンした冷凍ピラフを手に、物憂さげにカウチに座り込み、つまらないテレビを眺めながら何の感動もなくそれを胃の中に納めて、惰性でたったトイレで便器に黄色い飛沫を放ちながら、窓から雨に濡れた道路をぼんやりと眺める。
14031704.jpg
思い立ったように、唯一の自慢であるインプレッサで繰り出してみても、助手席に座ってくれるような気の利いた女の子をひっかける見込みなんかありゃしない。
怠惰でろくでなしな日常生活が、まるで現実のようにイメージできるカマボコハウス。白亜の豪邸なんかより、よっぽど居心地のよい住環境。
唯一のネックといえば、最底辺の家のくせして現実のオレの家よりもリビング面積が遥かに広いことであろうか。キネクトとか楽々できちゃいそうじゃん、この広さ!



この記事に含まれるtag : テストドライブ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2053.html

2014/03/17 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Test Drive Unlimited 2】安心のカマボコハウス

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback