ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ギャルゲー  

【花組対戦コラムス】三人で頑張りまーす

   ↑  2014/02/26 (水)  カテゴリー: セガサターン
14022606.jpg
落ち物パズルとしての確かなブランドを築き上げた『コラムス』も、90年代中期にちょっと流行った、自社のキャラクター版権物とパズルの抱き合わせの流れには抗うことができませんでした。
『コラムス』が嫁いだ先は、サターン時代にセガの期待を一身に背負っていた『サクラ大戦』。
幻想的な雰囲気の中、黙々と宝石を繋げては消すを繰り返し、やがてチャクラが開くに至るオリジナル『コラムス』の神秘性やラグジュアリーさは、だいぶ失われてしまったけど、それでも『ときめきメモリアル 対戦ぱずるだま』などの同趣向ソフトと比べても、はるかに出来のいい作品に仕上がってるとあれば、嫁ぎ甲斐もそれなりにあったと言えるのではないでしょうか。
14022602.jpg
メインの対戦モードの他にパズルタイプのモードも程よく盛り込み、本編でお馴染みLIPSも巧みにゲームの中に落としこんで、各キャラのストーリーモードで描かれるのは、あのどうでもよくも魅惑的な、だらだらとした帝劇の日常。
各キャラクターのパーソナリティの絶妙なデフォルメっぷりも、版権キャラクターゲームとしてのポイントもしっかりと外さない。
特に真宮寺さくらさんのナチュラルな田舎者的性格の悪さは、本編以上にくっきりと浮かび上がっています。
「応援よろしくおねがいします!」 止めどない"頑張ってる私"アピール。実に嫌らしいですね。さすがです、さくらさん!
14022605.jpg
そしてこの『花組対戦コラムス』は、数あるサクラ大戦関連ソフトの中でも、帝劇の裏方三人娘がもっともスポットライトを浴びているゲーム。
隠しキャラ隠しシナリオ扱いとはいえ、しっかりとストーリーモードも存在します。
ピンのアイドルよりもシェイプUPガールズやC.C,ガールズの、「一人より複数いたほうが、景気よくていいだろ」的無駄なゴージャスさを愛する私にとって、後腐れがあって何かと面倒くさそうな花組の面々よりも、こっちの方がはるかにありがたい存在。
ユニゾンで「三人で頑張りまーす」。ああ、この後を引かない無意味なハーレム感、実に素晴らしいですね。
キャラゲーの体裁を取り払ってみても、非常に完成度の高いゲームですが、私はこの数少ない三人娘キャラゲーとしての側面を、あえてイチ押ししたいと思います。



この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2041.html

2014/02/26 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


そういえばアイマスの記事を見たことがありませんで。
お嫌いですか?いやあの私は嫌いなんですハイ。

性サターン |  2014/02/27 (木) 23:33 No.749


アイマスは360版が出た時に少し遊んでみたんですけど、面白さのツボが理解できなくてそれっきりですね。
360ではそっち系のゲームはドリクラくらいしかやってないかもしれません。

与一 |  2014/03/01 (土) 16:17 No.751

コメント:を投稿する 記事: 【花組対戦コラムス】三人で頑張りまーす

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback