ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

【コラムス】魅惑の宝石箱

   ↑  2014/02/25 (火)  カテゴリー: メガドライブ&メガCD
14022505.jpg
お金が空から降ってくる。いい年こいてもいまだに 妄想してしまう素敵なシチュエーションだ。
では札束の代わりに色とりどりの宝石が降ってきたら。婦女子ではない私だが、そっちだって十分にオッケーだ。がさつな野郎にとっても、きらめく宝石は富と名声と虚栄のシンボルであることには変わりない。
空から尽きることなく降り注ぐ宝石に埋もれて死亡する。腹上死とためを張るくらい素敵な死に様だが、そんな確約された華やかな末期を、好物のご馳走を最後にとっておくような感覚で、オレは宝石を縦に横に繋げて先延ばしにする。
14022502.jpg
90年代に突入したゲームセンターに降臨したラグジュアリーな宝石箱。
ゲーセンの片隅に妖艶なBGMと共に煌めく宝石は、周囲の薄暗さと相まってなんとも妖しい輝きを放っていた。
棒状や凸型の立方体に始まり、ぷよぷよしたグミみたいなやつやら薬のカプセルやら帽子やら小銭やら動物のエサやらと、落ち物パズルの名の下に、もうありとあらゆるモノが空から降ってきたが、見た目と景気の良さにおいて『コラムス』の宝石に勝るものなどあるまい。
そして宝石を連鎖させたときに鳴り響く「きらりーんきらきらりーん」という効果音は、貧乏人が想像する何やらとても贅沢な音色そのものだ。
暗い目をしてゲーセンに集う甲斐性なしどもも、このゲームを前にしたときだけは、「じゅわいよくちゅーるマキ」とか「ジュエリーツツミ」なんて、普段の自分とはまったく縁のない単語が、ぐるんぐるんと頭の中をめぐることだろう。
14022504.jpg
『テトリス』の一件でさんざん振り回されたセガが、ヤケになって適当に掘った穴が行きあたったのは、まさかの豊穣な希少鉱物脈。
もう一方の落ち物パズルスタンダートの地位を確立させた『コラムス』は、以後しばらくの間、セガの様々なハードに顔を出して重宝がられることになるのだが(アーケードに忠実なメガドラ版もいいが、ハードの"無駄にカラー"という特徴と見事にマッチングしたゲームギア版も印象深い)、ワケの分からないキャラを載っけられた『コラムス3 対決!コラムスワールド』や、サクラ大戦やトーレーディングカードゲームと抱き合わされたりと、せっかくのラグジュアリーな宝石箱が、後になるにつれてどんどん露天の怪しげな激安宝石みたいに化していったのは、やはりセガの悲しい性(さが)なんであろうか。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2040.html

2014/02/25 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【コラムス】魅惑の宝石箱

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback