ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

【暴れん坊プリンセス】悲しき中間管理職

   ↑  2014/02/11 (火)  カテゴリー: PS2
14021107.jpg
世にはわがままな目上の者や異性に振り回されて、気苦労を重ねる立場に言い知れぬ快感を見いだすものが、オレも含めてちらほらいたりする。
しかし中間管理職的な立場ならば、なんでもいいというワケではない。
それはタイトなスーツがよく似合う女王様風の女上司であったり、あるいは気まぐれな黒ギャルであったりと、無理難題を強いられるだけの価値を持った対象に限られる。ハゲで歯槽膿漏のおっさん上司など、当然論外だ。
『王子さまLv1』の朴ロ美ボイス美形王子様なんかは、充分それの許容範囲内だが、三石琴乃のお姫様とあれば、さらに言うことはない。
さあ姫様、こっちの立場や気苦労なんかこれっぽっちも配慮しない、わがまま放題の無理強いを重ねて、その琴ちゃんボイスでどうかこちらをたっぷりと困らせてください!
14021101.jpg
振り回されて右往左往する快感。『暴れん坊プリンセス』の素晴らしさを説明しようとすると、もうその一点だけですべてが済んでしまう。
龍の血脈という厄介な業を抱えた姫様の幼なじみ兼従者として、世間や部下の気苦労なんかまるで知ったこっちゃない姫様に振り回され放題振り回されて、えもいわれぬ快感に打ち震えるゲームだ。
主人公にはサポートしてくれる仲間たちも存在するが、オカマに化け猫、スカしたガキと、いずれもこちらの立場を気遣ったり手助けしてくれる気なんか、さらさらありゃしない。
主人公の立場は自然と、上からは難題を押しつけられ下からは突き上げられる、中間管理職のそれになるのであった。
14021104.jpg
連中のやる気は各回のラストに必ず勃発する詰将棋チックな戦闘に反映される重要なステータスなので、普段の行動中は、お姫様だけではなく、こいつらのご機嫌もきっちりとっておかないとならなくなる。
主人公シオンの意思選択は毅然、中庸、へたれの三つに分かれ、これの蓄積によってシオンの性格が決まってゆくのだが、姫様に諫言びしばしの硬派な男よりも、どことなく弱気で優柔不断なキャラを志向したほうが面白くなるのは言うまでもないだろう。
上からの抑えつけにおろおろ、下からの反発にふらふら、でもオレが波風立てないように、なんとか切り盛りしていかないと、このパーティー絶対うまくやっていけないし!
そんな持たなくてもいい責任感に背中を押され、自由行動時間には自腹でプレゼントを購入し、姫様だけではなく部下にもそれを配ってご機嫌取り。げに悲しきは中間管理職。
14021105.jpg
中間管理職の立場になってウハウハするゲームといえば、『サクラ大戦』という大成功した先例があるが、連続アニメ風の構成、毎回きっちり入るオープニング、締めは義務感漂う戦闘となる『暴れん坊プリンセス』の流れは、狙ったのかたまたまなのか『サクラ大戦』とまったく同一のもの。
その毎度のオープニングを飾る曲は、シャカラビッツというちょっと意外なセレクション。
オレが好きな桝田省治ゲームは、この『暴れん坊プリンセス』と『ネクストキング 恋の千年王国』、『リンダキューブ』なんだけど、この三作品に共通しているのは、わがままな女子にとにかく振り回され続けるところなんだよね。しかもどれも職場の人間関係と事業の板挟みってシチュエーションで。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2031.html

2014/02/11 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


このゲームはおっしゃるとおりの事と、もう一点。

この頃は密にゲームを買っていたわけではないので、ひょっとしたらその前にも同じくらいテクスチャで表情の変わるポリゴンキャラクタのゲームがあったかもしれませんが、ポリゴンキャラの顔のテクスチャーをアニメーションさせてキャラクタの表情をダイナミックに変化させていたことが印象深いです。

LockSmith Joe |  2014/02/11 (火) 23:09 No.739


よく喋るゲームだからか、キャラクターの表情や切り替わりも結構贅沢に作りこんでましたね。
ムービーの画質がかなり悪かったのが、ホント残念です。

与一 |  2014/02/12 (水) 20:26 No.740

コメント:を投稿する 記事: 【暴れん坊プリンセス】悲しき中間管理職

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback