ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

音楽【Nylon - ロックンロールは止まらない】

   ↑  2014/02/07 (金)  カテゴリー: 音楽
14020701.jpg
純血種とでもいうべきオリジナルメンバーから、ドラマー、そして2007年に出たサードアルバム「It's Alright!」の直後にはベーシストまでもが脱退し、以後メンバーが定まらず活動も思うようではなかったらしい、京都の"世界一ガールズという冠が似合わないガールズバンド"ナイロン。
定着しなかったベーシストにオリジナルメンバーが復帰したナイロンの次なる一手は、楽器未経験のボーカルをドラムにコンバートさせ、バンドの減量でさらなる純血化を図る大胆なものだった。
そのダイナミックな施策が実った結晶が、5日に発売されたばかりの、実に7年ぶりのニューアルバム「ロックンロールは止まらない」。
14020702.jpg
その気っぷのいいサウンドや出で立ちとは裏腹に、ここのベーシストが楽器を弾くたたずまいは、何ともなまめかしい女っぽさが漂っていて(スーツ姿が余計にそのなまめかしさを引き立てている)、それがこの男気溢れるグループの密かな隠し味となっていたのだが、新たに髪を伸ばしたボーカリストがドラムを叩くようになり、その様がボーカル専業時代には希薄だった色っぽさを醸し出すようになって、バンド自体がほんのりと妖艶さを増してきた。
まあもう一人のメンバーが男っぷりを一層冴えさせているので、それくらいがバランスとれていていいのかもしれない。

しかしそれはあくまでもビジュアルに限った話。
7年ぶりのこのニューアルバムも、相も変わらずのストレートなナイロン節。ドクター・フィールグッドやインメイツのような漆黒のロックンロールを、パンクロックで濾過した理屈抜きでとびきりの世界だ。
曲のタイトルも先行シングルの表題曲"ゴーゴーロック"を筆頭に、"ロックしよう"、"ワンツーツイスト"、"グルグルロック"と、メモ書きの仮題を面倒くさいからとそのまま正式タイトルにしたような、ぶっきらぼう極まりないもの。
トリオ編成への後退もこのバンドが持つパワーにはこれっぽちも水をささず、不器用でけれんのないドラムはむしろ引き締まった凄みを与え、ボーカルを3人が持ち回りで担当することでカットボール気味のさりげない変化も加わった。
そして彼女たちの、男も男として惚れるきっぷのよさは不変。7年待った甲斐がある最高のニューアルバムだ。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2028.html

2014/02/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 音楽【Nylon - ロックンロールは止まらない】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback