ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
狩猟  

【Cabela's African Safari】罰当たりどものサバンナ

   ↑  2014/01/26 (日)  カテゴリー: PSP
14012604.jpg
「好きだわ、射撃って。アフリカも好きよ。嘘じゃない。これであなたが健康だったら、こんなに楽しかったことなんてないんじゃないかしら。あなたと一緒に狩りをするのって、本当に楽しいの。アフリカって好きだわ、あたし」 <ヘミングウェイ『キリマンジャロの雪』より 高見浩 訳>
「これで野兎の一羽でも仕留めて来い」などと銃を手渡されれば、「いえいえいえ勘弁してくださいよう。寝覚めが悪くなりそうですから」と、思い切り尻込みするであろう私ですが、そんな身でもカベラスの狩猟ゲームは、いつも何故か気になって堪らない不思議な存在です。
このシリーズに共通して感じるテイスト、それは他のアメリカンゲーム以上に強烈な異文化体験度の濃さでしょう。
14012605.jpg
まるで朝に歯を磨くかの如く、野山を走る生あるものを射殺する。島国の都市部で安穏と暮らす私には、想像もつかない生活文化を疑似体験できるカベラス狩猟ゲームシリーズ。
いくらこのシリーズがゲーム性の乏しさで定評があろうとも、その鮮烈な異文化擬似体験は、貧弱なゲーム性を補って余るものがあるのではないでしょうか。
ただ、北米の野山で鹿や七面鳥を狩っている間は、それを他国の生活文化と理解できますけれど、それがアメリカを飛び出して遠くアフリカの大地で、稀少動物をびしびし射殺しまくるとなると、話は違ってきますけどね。
14012607.jpg
カベラスゲームのパッケージは、どれもこれも非常に味のあるデザインばかりですが、その中でも猛り狂うサイの前にハンターたちがパニックを起こしている、この『Cabela's African Safari』のパッケージは屈指でしょう。
そしてプレイヤーは、ゲーム中で少なくとも一度は必ずこんな目に遭います。ええ、それくらいサイという連中は短気で話の通じない奴らです。
ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ、モザンビーク、タンザニアを股に掛け、それぞれの国でショートステージの課題に一つずつチャレンジ。
14012610.jpg
フィールドを歩き回ってインパラやシマウマを撃ったり、ボートに乗って散弾銃で鳥を撃ったり、群れを成して逃げ回る草食動物を、ジープで追い掛け回して撃ったりと、各ショートステージはそれなりにバラエティに富んでいますが、「いや、基本的にやってる事はみんな同じじゃねえか」と突っ込みを入れられると答えに窮する事もまた確かです。
ジープでスプリングバックの大群を追い回して、群れ目掛けてライフルを乱射している時などは、ふと「俺はこんな罰当たりな事をしていて、地獄に堕ちたりしないんだろうか」なんて考えが頭をよぎったりもしますけど……。
14012606.jpg
ただ因果応報とはよく言ったもので、呑気に鳥や草食動物を相手に大虐殺を繰り返してきたプレイヤーも、やがて野性に手痛いしっぺ返しを食う事になります。
各国の最後に待ち構えているのは、トロフィーと称される、言わばラスボスにあたる獲物を狩るミッション。
豹、サイ、カバ、クロコダイル、ケープバッファロー、そしてライオン。なんで揃いも揃ってこんなワイルドで短気な連中を、好き好んで狩らなければならないのでしょうか。
14012608.jpg
しぶしぶ銃を片手にフィールドに降り立ち、そこでケープバッファローと正面からご対面。ライフルの弾丸の一、二発でバッファローの突進を止められる筈も無く、見事罰当たりなプレイヤーには天誅が下され、サバンナに己の屍を晒すという落ちがつくわけです。
イルカ漁やフォアグラ弁当もそうですけれど、動物愛護を盾に他人を咎める人々に、我々はつい身構えてしまいがちですが、そんな非難の声の中には、「いくら鉄砲担いでいたって、ブチ切れたあいつらにはまるで通用しないことがあるから、やめといた方がいいよ」なんて親切な忠告も、時には混じっていたりするのかもしれませんね。

<PSP海外版>



この記事に含まれるtag : 狩猟 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2020.html

2014/01/26 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ハンティング!

ご無沙汰しております。アフリカというと
カレン・ブリクセン(イサク・ディーネセン)の「アフリカ
の日々」を思い出します。映画にもなっていますが、ヨーロッパ人の勝手な押し付けだとはいえ、「理想郷」を求めるその真摯な思いには感動しました。SF作品ではレズニックの
「パラダイス」も野生動物の楽園だったアフリカリスペクトで。どちらの作品にも凄腕のハンターが登場します。

奈良の亀母 |  2014/01/26 (日) 20:13 No.716


確かシドニー・ポラックの「愛と哀しみの果て」の原作でしたよね?
先にこっちを観てしまったので、原作の方はまぁいいかという気分になり、未読のままでいたんですけど、映画と原作はまったく別物という声もちらほらあり、亀母さんのコメントで俄然興味が湧いてきました。
ぜひ読んでみますね。

与一 |  2014/01/28 (火) 12:23 No.717

コメント:を投稿する 記事: 【Cabela's African Safari】罰当たりどものサバンナ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback