ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

【真・三國無双5】今年の干支ゲー

   ↑  2014/01/01 (水)  カテゴリー: XBOX 360
14010110.jpg
あけましておめでとうございます。
今年の干支は午。馬は私にとっては比較的身近というか、色々と泣かされることの多い生き物だったりします。おい、ローマンレジェンドのアレ、一体何なんだよ!
まあ東京大賞典のことは、ひとまず置いといて、馬という生き物は、『ダービースタリオン』に代表される競馬ゲームや、海外の女児たちに人気の高い乗馬ものなど、ゲームとなかなか縁が深かったりします。
『ウイニングポスト』に『サラブレッドブリーダー』、『わたしのポニー』に『Let's Ride』と、干支ゲーの候補もよりどりみどり状態。
その中から某競馬予想ソフトをチョイスしたのですが、そいつが勧めてきやがったのがローマンレジェンドで、そしたらそれがあんな結果になって、事情が事情だからその競馬予想ソフトにあたるワケにもゆかず、ホント怒りのやり場を失っています。しばらくもう競馬のケの字も見たくねえよ!
14010105.jpg
そんなワケで競馬から離れ改めてチョイスした今年の干支ゲーは『真・三國無双5』。
今や国盗りSLGに代わってコーエーの看板タイトルとなったこのシリーズ。最初の頃は、まだアクティブなウォーゲームといった色合いが強くて、第一作の『真・三國無双』なんかは、個人的にも結構インパクトが大きかった作品なのですが、その後シリーズを重ねるごとにキャラクターアクションゲーム色が強まると共に、どんどん陳腐になってしまった印象があります。
コーエーの大河シリーズものは、マンネリを避けるために新しい試みを足したり引いたりする繰り返しとなってしまいますが、この『真・三國無双5』で新たに加わったのが軍馬の育成システム。
前作の護衛武将育成システムに代わる新要素ですが、よくよく考えてみれば対象が人から馬に替わっただけで、やってることはほとんど同じだったりします。
14010104.jpg
馬が手に入ると、その潜在能力や成長度合いの予想が漏れなくついてくるのですが、これが「遙か遠く一点をみつめている」だの「左右をくまなく見据えている」だの「神々しい気を放っている」だのと、どれも持って回ったコメントばかり。
もっとこう、「やんちゃで こまってしまうぐらいげんきいっぱいです」とか「どうもおくてのタイプのようでデビューはおくれそうです」みたいに、分かり易く言って欲しいものです。
まあこちらとしては、こんな素性も血統も知れない架空馬に乗るよりも、今までのように赤兎馬や的盧に乗れる方が、ぶっちゃけよっぽどありがたかったりしますので、この軍馬育成システム、コーエー大河シリーズの付け足し新要素にありがちなこととは言え、かなり余計なお節介ですよね。
14010106.jpg
三國志で他に馬と言えば涼州の馬超ですが、この人は正史をあたってみると案外狡っ辛いところが多くて、後世の創作物(特に北方謙三先生)でかなりゲタを履かされている人物のような気がします。
蜀に加わってからはいるんだかいないんだかよく分からなかったり、なんか知らないうちに死んじゃってたりと、その業績にイマイチ不明瞭なとこが多いのが、後世の人間にはかえって色を付け易いのかもしれません(存在意義がよく分からなくて、色を付けようがないのがホウ統)。
14010107.jpg
私はこの馬超に、ちょっと羽振りのいい田舎の派手なヤンキーというキャラを勝手につけているのですが、『真・三國無双』シリーズの馬超は、それとは正反対な、ホームルームの時間になると急に活き活きしだして、「先生、この前、韓遂くんが掃除サボって勝手に帰っちゃいました!」などと告げ口したりするような、いるだけで鬱陶しい正義感タイプ。
『真・三國無双5』は、このシリーズをそれほど真剣に遊んだことのない私でも、「ああ、なんかシリーズとして物凄く煮詰まってるな」ってのが、手に取るように分かってくるような作品だったんですけど、その中で唯一良いところが、この鬱陶しい男がメインモードから降格させられて、出番がほとんどないことだったりします。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2001.html

2014/01/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【真・三國無双5】今年の干支ゲー

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback