ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ピンボール  

【パラノイアスケープ】なにわシュルレアリスムピンボール

   ↑  2013/12/12 (木)  カテゴリー: PS1
13121201.jpg
スクリーミング・マッド・ジョージという人を説明する場合は、やはりSFXアーティストと言ったほうが一番通りがいいのだろうが、70年代後半のアングラニューヨークで蠢いていたカルトバンド、The Madの頭目としてのキャリアも、パンクロック好きとしては見過ごせない。
The Madが残した数少ないシングル盤は、ブルータル&ヒステリックを極めた内容で、どれも身震いするほどカッコイイのだが、『パラノイアスケープ』のゲームミュージックも、もちろんマッド・ジョージ本人の手によるThe Mad直系のサウンド。
これがふんだんに収録されているだけでも、この異形のピンボールゲームがマストバイな存在であることの理由になるだろう。
13121205.jpg
ジャンルを軽々と飛び越える彼が、ゲーム界に残したこの作品を一言で説明すると、"スクロール式ピンボール風マッド・ジョージ"とでもなるのだろうか。
とにもかくにもゲームジャンルは"マッド・ジョージ"。それ以外に表現のしようがない。メインコンセプト、デザイン、音楽、総監修、その全てをマッド・ジョージ自身が手がけた、近年のゲーム界ではおよそ貴重な存在である"オレ"ゲームだ。
シュルレアリスム・アーティストを標榜するマッド・ジョージだが、彼の場合は大阪人らしいこてこてのサービス精神やエンターテイメント精神が、その根っこにある。
13121202.jpg
この『パラノイアスケープ』に於いても、フリッパーをトーバーネホ(骨バットの逆さ読みと思われる)、ボールを脳ボール(見た目そのまま。フリッパー、もとい、トーバーネホで弾くと、ぶよんと音を立てる)と称する、半端なアート気取り風情とは無縁の卓越したセンスが爆発。
プレイヤーは、このトーバーネホと脳ボールをお供に、ジョージさんのこてこてなナニワ・シュルレアリスム世界を突き進んでいくハメになるのだ。
人間の顔パーツが散乱する挨拶代わりの第一ステージ、人間の体内が舞台の第二ステージ(敵は癌細胞……、あれが癌細胞!?)は比較的真っ当な世界(あくまでもマッド・ジョージ基準に於いての比較だが)。
13121203.jpg
本領が発揮されるのは最終ステージ。さぁ、人面ゴキブリや人面蝶、下半身だけのセクシーギャル(肛門部分に顔!)、皮を剥がされたペンギンが跋扈する素敵な世界へようこそ!
人面のゲートが立ち並ぶ箇所では、正しいゲートに脳ボールを通過させなければ先に進む事ができない。
しかしボールコントロールが異様に難しいこのゲームでは、通常のピンボールみたいに狙った箇所にボールを打ち込むのは至難の業。
だがゲートを外しても案ずることはない。ゲートの向こうからジョージさん御自らその姿を現し、
「ちゃうっちゅうねん!」
と、心温まる激励をプレイヤーに送ってくれるだろう。
13121204.jpg
「そこやない!」
「違うっちゅうに!」
「……なんべんゆうたら分かるねん!」
手こずるプレイヤーに、ジョージさんも心なしか次第に苛立ってきているような気もするが、いざその難所をクリアすれば一転して、「ええで、ええでーーーーー!」と、まるで大和の盗塁成功に気をよくした甲子園球場の酔っぱらいオヤジのようなエールが待っているはずだ。
ジョージさんのゲームジャンルでの本格的な仕事は、この『パラノイアスケープ』一本で終わってしまったが、これは日本のゲーム業界に彼の異端な才能を野放しにするキャパシティが無かったというよりも、案外「一本やりたいように作って気が済んだわ。ほな、オレはこれでー」と、本人が満足してしまったのが実際のところかもしれないな。



この記事に含まれるtag : ピンボール 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1987.html

2013/12/12 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ハリウッド版ガイバーの監督!

マッドジョージ御大はパンクロックにも偉大な足跡を残して
おられたんですね。このゲーム作品でもそうですが、あまりにもブッとんだセンスのため怖さよりも笑いをさそう比重が
高いような。恐怖と笑いは紙一重。今は大阪芸大の先生をなさってるんでしょうか。「くどさ」と「やりすぎ感」は
関西人ならではのサービス精神から来ているのかしら?

奈良の亀母 |  2013/12/16 (月) 15:37 No.696


The Mad時代、若き頃の御大、今とまったくブレておりません。
http://youtu.be/Fxdiw1FKBkI
心なしか、彼が関わった映画の方も、彼に引っ張られるようにして、本来の着地点を通り越してナンセンス方面に行きすぎてしまった作品が多いような?
あとこれもマッドジョージ御大の仕業と後で知って、妙に腑に落ちたものです。
http://west-canal.at.webry.info/200509/article_4.html

大沢与一 |  2013/12/17 (火) 23:56 No.699

コメント:を投稿する 記事: 【パラノイアスケープ】なにわシュルレアリスムピンボール

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback