ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

【Happy Wars】子守りエンジニア

   ↑  2013/12/10 (火)  カテゴリー: XBOX 360
『ハッピーウォーズ』は、通常ルールのマッチの他に、特殊なシチュエーションのスペシャルマッチを期間限定で開催してるんですが、現在行われているのが、波状で押し寄せる敵の群れから城を守りきる"Castle Defense"。まあ一種のHordeマッチですね。
これは新たに加わったクラス、エンジニアのためにあるようなルールで、なにせ敵たちは旅順要塞攻略の日本軍やスターリングラードのソビエト赤軍みたいに、我が身を省みず仲間の死体を踏み越えて突撃してくるもんですから、これを城壁の上にガトリング砲を建築してバリバリ撃ちまくっているだけで、もう100キル近く、1000ポイント以上はコンスタントに稼げてしまいます。
13121012.jpg
昨夜もそんな具合に城壁の上から景気よく弾をばら撒いていたら、なんかオレの周りを他のプレイヤーがぐるぐる回って「ヘーイ! ヘーイ!」としつこく呼びかけてくるんですよ。
『ハッピーウォーズ』名物、海外のお子様プレイヤーだったんですけど、敵を撃つのに忙しくて、しばらくシカトしてたら、しまいにはボイスメッセージとパーティチャット申請を直接送ってきて、まあ要するに「オマエバカリマシンガンウツノハズルイ!」「ボクモマシンガンヲウチターイ!」「ダカラオマエ、イッチョウツクッテクレ!」「ツクッテクレタラカンシャシテヤッテモイイ!」とか、まあそんな内容だったんです。

ガトリング砲はエンジニアしか素材を設置できないんで、仕方ないから砲座を離れて、そいつのためにガトリングをとんてんかんてん建築してやったら、そのガキはハンマー振るって手を貸すわけでもなく、オレの周りをぐるぐる回りながら「ハリー! ハリー!」って騒いでいやがるだけで。これだからお子様ってやつは、今の状況と張本となんの関係があるんだっつうの!
でもそこはオレも一応大人ですから、ガトリング砲をちゃんと完成させてやって、「さあ、思う存分撃ちまくりな」と、そいつを座らせてやったら、そのガキは「ワーーーーーオ! *******!」と、親が隣にいたら即座にぶっ飛ばされそうなことをわめきながら、右へ左へ銃弾の雨嵐をぶち撒き始めたんです。
13121013.jpg
しかしですね、Castle Defenseのガトリングも、ああ見えてそれなりのコツというかセオリーがありまして、まず命中率アップのバフをつけてなければ弾道はちっとも安定しない。次に砲台攻撃力アップのバフがなければ、後半の敵はなかなか体力を削れない。
さらにはこっちを直接攻撃できる魔法使いを第一に、攻城兵器を建設している連中を二番目に狙う優先順位もあります。
だけどそのガキは、もうそんなこと知ったこっちゃないから、ただ闇雲に撃ちまくるだけで、せっかく作ったガトリングをあっさり壊されて、そしたらまたこっちに駆け寄ってきて、「ヘーイ! ヘーイ!」「スグコワレタゾ! ドウイウコトダ!?」 オレは家電メーカーのお客様相談室じゃねえ!

でもそこはオレも一応は大人ですから、ぐっとこらえて新しくガトリングを造ってやって、「今度は壊すなよ」。言った10秒後にサンダーストライクの直撃喰らって、もう壊してやがるんですよ。
そこからは「ヘーイ! ヘーイ!」、作る、壊す、「ヘーイ! ヘーイ!」、作る、壊すのループで、なんかもうこっちも、Hordeモードというよりは、ゲームシステムに重大な欠陥を抱えたタワーディフェンスをやってるような気分になってきて、そうやってお子様の面倒を見ているうちにいつの間にか城門にゲートクラッシャーが接近していて、やがて城門が破られ敵が怒濤の如く雪崩れ込んできて、みんな揃って磔にされて、そしたらそのガキは言うに事欠いて「仲間がダメだから…」などと嘯きやがって、お子様だと思って甘く見てやりゃ調子乗りやがってなあ!
しかもそのガキとはうっかりパーティを組んじゃったもんですから、仕切り直しに挑んだ次のマッチでも、再び「ヘーイ! ヘーイ!」からのループになって、まあエンジニア冥利に尽きると言えばそうなんですが、そんなこんなでCastle Defenseルール、しっかり楽しんでます。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1985.html

2013/12/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Happy Wars】子守りエンジニア

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback