ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

【Hunted: The Demon's Forge】キャドックとエラーラ

   ↑  2013/12/05 (木)  カテゴリー: XBOX 360
13120512.jpg
恋愛関係に至らない男女の深い仲というのも、ごく稀に存在する。刑事系アクション映画などでお馴染みバディものの亜種みたいなヤツだ。
キャドックとエラーラはそんな関係。だからエラーラのコスチュームがベタベタなビキニアーマー風だったとしても、間違っても甘ったるい道中をイメージされては困る。二人の仲は、ラブコメフレーバーのライトファンタジーみたいな安っぽいモノではない。共に潜った修羅場の数々により育まれた、もっと深い関係なのだ。
13120505.jpg
信頼しあっているから故の、おちょくりや軽口や冗談が常に絶えない二人の進む道は、決して安穏ではない。
凶暴さを剥き出しにしたオーガーに猛り狂うミノタウロス。蹂躙される街々に捕虜としていずこかへ連行される人間たち。
傭兵コンビと言えど、必ずしもカネ目当てだけで動くわけではない二人は、夢の中に出てくる不思議な美女(「だらしない格好をした胡散臭いオンナ」byエラーラ)に導かれるようにして、この厄介極まりない出来事に関わるハメになった。
13120507.jpg
二人の魅力的なキャラクターが、ぐいぐいと物語を牽引する『Hunted: The Demon's Forge』は、ちょっと懐かしい手触りのアクションRPG。
一本道進行のハック&スラッシュアクションに、形ばかりの成長要素が付随した、今ではオールドスクールの香りすら漂うミディアムサイズのゲームだ。
キャドックは盾を片手の近接戦闘が得意な肉弾キャラ。エルフのエラーラは弓使いの遠距離戦闘屋。それぞれの役割ははっきりと分担されている。
13120510.jpg
『Hunted』はバディものなのだから、co-opにせよ、AIを引き連れたシングルプレイにせよ、常に相棒を意識した立ち回りを心がけなければ、その魅力はたちまち半減してしまうだろう。
キャドックは盾を構えつつ敵を引きつけ、エラーラは後方からそれを援護する。まとめて敵を浮かせ硬直させるキャドックの、盾を破壊したり凍りつかせる矢を放つエラーラの、それぞれのスキルは相棒の手助けの為に存在しているようなもの。
フィニッシュは相方に穫らせるモノ。乱戦時は常に相方が戦いやすいシチュエーションをお膳立てする。それくらいの意識で望めば、この『Hunted』の戦闘は俄然楽しくなってくるはずだ。
13120506.jpg
ともすれば単調に陥りがちな戦闘や、ちょっとバタバタしたステージ構成など、目に余る欠点を補うのは、道中耐えることのない二人の軽妙な掛け合いと、そこから生じるダークファンタジー系ゲームではちょっと珍しいハードボイルドチックで乾いたテイスト。
そしてささやかな分岐ながらも、インタラクティブなアプローチにより生じるマルチエンディングは、二人の絆に大きく関わることだけに、ちょっとした余韻を与えてくれることだろう。
タイトにまとまった好B級アクション映画のようなダークファンタジー。『Hunted: The Demon's Forge』はそんなゲームだ。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1982.html

2013/12/05 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ダークファンタジーといえば氷と炎の歌。

エラーラさんの方が倍も年上なのに爆破大好きなんですね。
マッチョなキャドックさんは見かけよりも慎重で蜘蛛嫌い。
女性二人が魅力的。ファンタジー作品は余程上手く世界観
が作りこまれていないと、些細なきっかけで醒める事があり
ますが、その分お気に入りの作品に出合うと、ドハマりします。氷と炎の歌が完結するまでは死ねん。エラーラさんも露出多い服やんか!

奈良の亀母 |  2013/12/06 (金) 15:50 No.691


エラーラさんの高所恐怖症って設定が、あんまり活かされてなかったのが、ちょっともったいなかったですね。案外と高いところからぽんぽん飛び降りちゃうし。
「わたしの服は機能性重視でこうなってるからいーの」

大沢与一 |  2013/12/07 (土) 17:32 No.692

コメント:を投稿する 記事: 【Hunted: The Demon's Forge】キャドックとエラーラ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback