FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
フライトシム  

【MAYDAY! 緊急着陸】エアポート2013

   ↑  2013/12/01 (日)  カテゴリー: Android
13120104.jpeg
70年代の航空パニック映画に、「エアポート'75」という著名な作品がある。
乗客を満載したジャンボ旅客機と軽飛行機が空中衝突。ジャンボの操縦席は大破し、機長を含む操縦士たちは全員死傷。
仕方なしに操縦経験のまったくないスチュワーデスが操縦桿を握り、地上からのアドバイスを受けながらジャンボを航行させるスリリングな映画だ。
演出の凡庸さも目につくこの作品を、見応えのある域に高めているのは、なんといってもスチュワーデスを演じるカレン・ブラックの名演。
切羽詰まった顔で操縦席に収まりながら、次から次へと降りかかる難題に、「なんであたしがこんな目に……」と悲嘆にくれる様子は、ジャンボの操縦桿をぽんっと渡されることが、いかに素人のキャパシティを大幅に越えた無理難題なのかを、切々に伝えてくれた。
13120106.jpg
こんな事態は起こらないに越したことはないが、一寸先は闇の世の中。いつ「そこのあんた、これ、しばらく飛ばしていて」なんてシチュエーションが降りかかってくるか分かったもんじゃない。
そんなときに備えて、ジャンボ操縦のちょっとした嗜み程度は身につけておきたいものである。
タイトーのアーケードフライトシミュレーター『ミッドナイトランディング』は、オレにその絶好な機会を与えてくれた大型筐体ゲームだったが、しかしまだ若く未熟だった当時のオレは、この筐体が外部から遮断される密閉型なのをいいことに、不埒なことばかりに利用して、本来の目的をまったく果たさなかった。
オレの人生は「ああ、あのとききちんと勉強しておけばよかった」という嘆きの連続だが、まさか『ミッドナイトランディング』でもその轍を踏むとは。
13120105.jpg
しかし捨てる神あれば拾う神あり。寛大なことに、オレに再学習のチャンスをくれるAndroid アプリが今ここにある。
その名も『MAYDAY! 緊急着陸』。非常時の着陸に的を絞った、タイニーかつカジュアルなフライトシムだ。
「エアポート75」のカレン・ブラックは、最後の最後は本職パイロットに着陸操作を委ねたが、こっちはそうは行かない。責任あるものとして、何としてでも無事に機体をランディングさせなければならないのだ。
タイトルが示す通り、このゲームにおける着陸は、すべて切羽詰まったシチュエーションである。
ランディングギアが出ないなんてのは序の口。とんでもない乱気流や機体の火災など、もうありとあらゆる難問が、常について回ってくる。
13120102.jpg
こうも機体トラブルを立て続けに起こすのは、航空会社として根本的な欠陥があるような気がしなくもないが、その度にこちらにアドバイスをくれるのが、熟練のパイロットではなく客席乗務員風のお姉ちゃんであることが、何より一番の問題点かもしれない。
まあお姉ちゃんの指示はそれなりに的確なので、こちらとしてはそれに身を委ねるしかないが、釈然としないのは、無事に機体を不時着させたにも拘わらず、数名から数十名単位で発生する乗客の死亡件数だ。
着陸の成功率を乗客の生存率で表しているのだろうが、ちょっと着陸が荒っぽかったくらいで死なれても、こっちは堪ったもんじゃないので、せめてシートベルトくらいはきちんと装着して欲しいもんである。
13120107.jpg
オーストラリア、中東、日本、熱帯地方、アフリカ。もう様々な地において、その度に不時着を敢行せざるをえない事態を発生させるスチャラカ航空会社。
こんな会社の飛行機にわざわざ乗ろうとする乗客たちも乗客たちだが、そう言えば「エアポート'75」の底抜け続編「エアポート'80」(年号のサバを読むという、珍しい形の邦題詐欺)でも、ミサイルや戦闘機に追いかけられたりと、散々な目に遭ったコンコルドの乗客たちは、経由地の空港で誰一人として飛行機を降りようとしなかったっけな(当然の如く、この後のフライトでさらなる酷い目に)。みんな自分の命を、カジュアルに他人に預けすぎではないだろうか。
最後になったが、この『MAYDAY! 緊急着陸』は、ミッションをゲームインストアで購入するシステム。
これもよくよく考えてみれば、のっぴにならない事態を、いちいちこちらからカネ出して買い足しているのだから、これはこれでちょっと理不尽な話かもしれない。

関連記事

この記事に含まれるtag : フライトシム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1979.html

2013/12/01 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


カレン・ブラック様、大好きです。

映画秘宝の「底抜け超大作」で町山御大が「エアポ-ト75」
と「エアポート80」について2ページに渡ってみっちり解説
して下さってます。エアポート80では6回も惨事に見舞われるのに乗客は誰一人として降りない!あれだけの目に遭ったらドゴール空港で全員降りるよな、普通・・・。

奈良の亀母 |  2013/12/01 (日) 19:08 No.689


僻地の経由地ならいざ知らず、ドゴール空港なら降りたって別の便がいくらでも見つかりそうですもんねえ。

大沢与一 |  2013/12/03 (火) 17:47 No.690

コメント:を投稿する 記事: 【MAYDAY! 緊急着陸】エアポート2013

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback