FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

【Happy Wars】戦場のガテン軍団

   ↑  2013/11/28 (木)  カテゴリー: XBOX 360
XBOX LIVEサマー・オブ・アーケードの購入特典である、『Ascend: Hand of Kul』用ソウルパック310MSP分のコードが、「予定より大幅にお届けが遅れました事を、お詫び申し上げます」なんて一文と共に今さら送られてきたが、『Ascend』をプレイしていない人たちにとっては、なんの意味も持たないこのコード。
『Ascend』を現在進行形で遊んでいるオレにしたって、現在30万ソウル近い資産を保持し、その使い道にすら困ってるところに、今さら1万ソウルぽっちを包んで持ってこられたって、コードを入力する手間すら煩わしいだけだ。
13112816.jpg
『Ascend』というゲームは、ゲーム内通貨に等しいソウルをリアルマネーで販売して金の徴収を目論んでいるのだが、その肝心のソウルがゲーム内でそこそこ稼げてしまう上に、それを使う必要性がほとんどない。
そのF2Pとしては明らかに底抜けな構造は、遊んでいるこっちの方が、「収益、ちゃんと上がってるんですか?」と心配してしまうほどだが、『Ascend』に限らず海外産のF2Pゲームには、こうしたビジネスとしての詰めが明らかに甘いものが目立つような気がする。
13112819.jpg
その点、日本産のゲームは抜かりがない。XBLAに集うF2Pゲームよ、『Happy Wars』を見習おう。
商店街のスタンプカードみたいなトレジャーマップで、毎日ログインさせるクセをプレイヤーにつけさせ、こまめなイベントやプレゼントだってしっかりと欠かさない。
『Ascend』はゲーム内ストアで装備アイテムを直売りするという愚を犯していたが、『Happy Wars』はその点も万全だ。。
いい装備が手に入るかどうかはカードパックの中身次第。しかしこのカードパック、そこそこいいモノはそれなりに入ってるが、飛びきりいいモノが入っていた試しはない。
じゃあ飛びきりいいモノを手に入れるには? カードパックを続けて買っていれば、パックの中身がそのうち確変状態に突入しますよって? 10回通ってやっと店外デートに応じてくれるキャバクラじゃねえんだぞ、この野郎!
13112814.jpg
戦士、僧侶、魔法使い。お手持ち三キャラの装備が整ってくれば、こっちもそろそろもういいかという気分になってくる。
そこを見透かしたかのように新クラスの投入。そうなると、自然とこの新顔たちの装備も改めて面倒見なければならない。
しかも戦士系の新職バーサーカーは武器二本持ちだから、かかるコストも二倍だ。盾だったらそんなにカネがかからないというのに!
そしてつい先日には新たなるクラス、エンジニアが新設された。さらにはタイトル画面にも、いつの間にかちゃっかり「Season2」の文字が!
13112812.jpg
エンジニアは僧侶系の新職。バーサーカーやゼファーは、戦士や魔法使いのそれぞれ亜種という印象が強かったが、こちらは僧侶と役割がはっきり分担されたクラス。
僧侶系の回復や補助呪文が貧弱な代わりに、攻城兵器や固定砲台の建設に威力を発揮する、まあ早い話が工兵だ。
はっきり言って使いどころは、自軍と敵軍の城周りに限られてくるが、そこにこいつがいるといないとでは話が大きく違ってくる。
このエンジニアの一番のメリットは、なんと言ったって突貫建築の能力。これを発動させれば、普段の数倍のスピードで、城門破壊用の丸太や敵のタワーをコンストラクション&デストラクションできるのだ。
建設スピードアップのバフをつけたエンジニアを、ちょっとの間、壁やスーパーガードで保護してやれば、敵の城門なんか、もうモーテル入り口のすだれみたいなもんである。
13112813.jpg
もう一つのメリット、固定砲台のアップデート能力は、なかなかに使いどころが難しいのだが、こちらもツボにはまれば相当な威力を発揮する。
バリスタはガトリング砲に、キャノン砲はロケットランチャーに。ロケランはご丁寧なことに、通常弾の他にヒール弾などのの補助砲弾も発射可能だ。敵城の前にこいつを建設できれば、大きな脅威を与えられることだろう。逆にガトリング砲が城壁にずらりと並んだ敵城には、できることなら近寄りたくないものだ。
13112817.jpg
すれたハッピーウォーズプレイヤーなら、もうお気づきのように、このクラスは僧侶とコンビを組んで後方にこっそり回ると、なんともタチの悪い奇襲班と化す。
その専門性を高めるためには、やはり建築スピードアップLv3と、兵器攻撃力Lv3、砲台命中精度Lv3のバフ(欲を言えば砲台耐久度アップも)は、どうしても欲しくなってくるワケで、これらを出すために、またまめにトレジャーマップを毎日地味に進め、命の次に大切なMSPをすり減らしてハッピーカードパックを引きまくる日々が始まるのである。なんとそつのない商売っぷりだろう。『Ascend』のマヌケなところを、少しくらい見習ってもバチは当たらないぞ。

関連記事

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1977.html

2013/11/28 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


この間までやってたロボット強すぎるマッチは良かったですね。20kill30killは当たり前。50kill 0dieも夢じゃなかった。
まあ、犠牲になるのはほとんどボットなんだけど。
そのノリでクイックマッチでもロボを作るんだけど、あまりの脆さにガックシ。

ヤクモ |  2013/12/01 (日) 15:28 [ 編集 ] No.686


今やってる城防衛イベントも、エンジニアにとっては見せ場だけで構成されているようなマッチで、なかなか楽しいですね。
ガトリングでキル稼ぎするのもいいけれど、それより城中にガトリング建設して回るのが、結構面白かったりします。

大沢与一 |  2013/12/01 (日) 17:45 No.688

コメント:を投稿する 記事: 【Happy Wars】戦場のガテン軍団

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback