FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
GTA  

【Grand Theft Auto Ⅴ】トレバーとアメーバ

   ↑  2013/11/04 (月)  カテゴリー: XBOX 360
gta5.jpg
ニューウェーブにカントリー、ヘヴィメタルにヒップホップと、各ジャンル満遍なく取り揃えられたラジオ局は『GTA』シリーズの伝統だ。
クルマをパクったときに車内で鳴っているラジオ局は、車種と併せて持ち主の人と態を表していて何かと興味深いが(タクシーを拝借すると99%の確率でヒスパニック系局が鳴っている)、『GTA Ⅴ』の3人の主人公にも、やはりご贔屓ラジオ局が設定されていたりする。
フランクリンはヒップホップ系のRadio Los Santos、マイケルはエレポップ系のRadio Mirror Park、そしてトレバーはLAパンクのChannel X。それぞれのキャラにスイッチしたときに背後で鳴り響いているのは、十中八九これらの局の放送だ。
131104005.jpg
プレイヤーごとにも好みの局があるだろうが、オレの場合はトレバーと同じくChannel X(気の利いたニューウェーブ局がないのが、『GTA Ⅴ』の密かな弱点だ)。
Agent Orange、Weirdos、Youth Brigadeなど、個人的に大ファンなバンドがヘビーローテーションされるこの局は、NYハードコア主体だった前作『GTA Ⅳ』のLiberty City Hardcore以上に、お気に入りのラジオ局となっている。
131104003.jpg
トレバー絡みのイベントは、どれもこれも名場面の連続だけど、中でも彼がチャイニーズマフィアの通訳にトニー・モンタナ・イズム溢れる安っぽい夢を率直にぶちまけた後、ブチ切れてオニール兄弟の農場を襲撃するシーンは、このロス・サントスきってのノンイデオロギーなアナーキストが、そのピュアな心の内を思わず吐露してしまう極めて印象深い一幕だ。
オニール兄弟のもとにカチコミを決意するトレバーが、それまでかかっていたラジオ局から「こんな曲、気分じゃねえ!」とChannel Xに周波数を切り替え、鳴り響き出すLAパンクサウンドに、「これだよ、これ!」と破れかぶれな気持ちを一層高める瞬間は、これまた目に眩しい素敵なシーンだが、この時にタイミングよく流れた曲がAdolescentsの"Amoeba"。
131104004.jpg
AdolescentsはLAパンクのレジェンド的存在で、他のパンクバンドの例に漏れず打ち上げ花火のように輝きあっという間に解散した後、よしゃあいいのに十年以上の時を経て再結成するというパターンを踏んでいるのだけど、その打ち上げ花火時に生み出したアルバムやシングルは、どれも掛け値なしの名盤である。
マジョリティやイケてる連中、リア充たちから疎外されてパンクという表現に行き着いたのは、これまたお決まりのパターンだが、Adolescentsの場合は、そのギーク的な資質が災いして、マチョイズムと表裏一体だったLAパンクシーンからもハブられてしまった、実に八方塞がりな連中だ。
13110411.jpg
『GTA Ⅴ』に収録されている"Amoeba"は、そのAdolescentsの代表曲。あらゆるクラスタから疎外され鬱屈した激情を、トニー・カデナは"ナードの小爆発"みたいなやけっぱちのボーカルで、決して反抗してこない顕微鏡の中の単細胞生物に叩き付ける。
パンクの本質が鬱屈の果ての八つ当たりだとしたら、"Amoeba"はまさにパンクロックの鑑みたいな名曲だ。
そしてトレバーの八方破れな人格が形成されていった生い立ちや過程を顧みると、Channel Xの数ある曲の中でも、この"Amoeba"こそがもっともトレバーの人と態を端的に言い表した曲だと言えるかもしれない。
131104002.jpg
"パンクの中でもさらにイケてない"Adolescentsリスナーの多くは、鬱屈とコンプレックスを抱え込みながら、抑圧されたまま成長していってしまう。しかし中にはトレバーのように、しっかりと弾けてしまうような奴だっているのだ。
Channel Xでオンエアされる十数曲の中から、"Amoeba"がそのタイミングで流れたのは、恐らくたまたまだったのだろうが、でもオレはその単なる偶然からも、このゲームが生み出すまばゆいばかりのマジックを感じる。

関連記事

この記事に含まれるtag : GTA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1960.html

2013/11/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Grand Theft Auto Ⅴ】トレバーとアメーバ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback