FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ゾンビ  

【Stubbs The Zombie】ゾンビの純愛物語

   ↑  2013/09/30 (月)  カテゴリー: XBOX
13093019.jpg
墓場の上に建物を建てちゃって起こる因果話は怪談の定番だが、ペンシルバニアで客死したスタッブスさんも、自分が眠っている地面の上に、まるで無菌室のガムボールマシンみたいな街を建てられちゃったクチだ。
ただしスタッブスさんが陰湿な幽霊と違った点は、彼がもって産まれた陽気な楽天家であったことと、幽霊ではなくゾンビとしてこの世に生まれかえったこと。
ひさかたぶりに地面から這い出してきたスタッブスさんだったが、なにせ被埋葬生活が長かったので、脳も体もほどよく腐っているし、友だちどころか知り合い一人いやしない。
ただ何となく空腹だけは感じるみたいなので、這い出た先にいたカップルの片割れの脳みそをいただきまーす。
うん、初めて食う味だけど、みずみずしくってなかなか美味いね! 友だちもできて一石二鳥!
13093012.jpg
再誕祝いにそこらにある脳みそを、持ち主の断りなしにガブガブいただいていると、通報を受けた警察の皆さんが大挙してやって来ました。困ったなぁ。おかわり、こんなにたくさん頼んだ覚えないのにー。でもとりあえずごっちゃんです!
暴力装置としてのメンツにかけて、こちらを制圧せんとする警察だけど、いくら向こうが武装してるとはいえ、こっちには数の暴力がある。
脳みそを食った相手は、しばらく経てばゾンビと化してこちらの仲間となる。
ゾンビは自律的に行動しておのれの食欲を満たそうとするから、ねずみ算式にゾンビの数は膨れ上がる寸法だ。
13093013.jpg
もっとも、スタッブスさん以外のゾンビは、打たれ弱いので損耗が激しいし、この時代のゲームは、さすがその処理能力に限界がある。
マルチ商法被害者のごとく増殖したゾンビが街を埋め尽くすなんて規模には程遠く、せいぜい舞い上がったヤンキー集団が暴れている程度のレベルだが、それでもゾンビの欠員を警察からどんどん補充していれば(警察の増援は、要はゾンビ志願者みたいなもんです)、パワーバランスは自ずと逆転してくる。
あちらさんがせっかく「逮捕する!」などとご招待してくれてることだし、いっちょこのままみんなで警察署にカチコミかけますか! なあ、みんな!? 「うがーっ」、「脳みそ、脳みそー」
13093014.jpg
署員がみんなゾンビにクラスチェンジして壊滅状態の警察に替わって、スタッブス率いるゾンビ軍団の前に立ち塞がるのは、レッドネックの民兵たち。
大口径ライフルで武装したケンカっぱやい連中だが、そんなことはお構いなしに脳みそごっちゃんです!
ぺっぺっぺっ、レッドネックの脳みそ、ぱさぱさして不味い!
脳みそならなんでもいいわけじゃないんだよ。こんなイオンの特売肉みたいな脳みそ、こっちから願い下げ!
ちょっとお口直しに若い女の脳みそでもいただくか。うん、デリシャスデリシャス!
13093016.jpg
原発テロで街を大混乱に陥れ、緊急出動してきた軍隊も数の暴力で排除しながら(我々ゾンビ市民軍は軍隊経験者を大歓迎しまーす)スタッブスさんが前進を続ける理由。それは街中の広告看板で目にした美しい女性さんに一目惚れしたから。
彼女は女優にして、このパンチボウルの市長夫人。そして生前のスタッブスさんとは、何やら因縁があるようなないような様子。
13093015.jpg
行く先々を、手足はもげるわ、腸ははみ出すわ、頭蓋骨はぱっかり割れてるわの、阿鼻叫喚で陽気なスプラッター騒ぎに陥れながら、純愛一直線で突き進むスタッブスさん。
'50年代風アメリカの街並みで、'50年代アメリカンポップチューンをBGMに、'50年代風SFを味付けにして繰り広げる素敵なゾンビのラブストーリー。
ブサメン、キモメンを通り越した腐った体でも、一途な思いと何ごとにもめげないポジティブな行動力さえあれば実る恋だってあるのだ。

<海外版リージョンフリー / XBOX360本体でも動作します>



関連記事

この記事に含まれるtag : ゾンビ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1933.html

2013/09/30 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


うーん、これはなかなかおもしろそう。スタッブスって名前とか、パッケージに「HALOの開発エンジンでこさえました!」ってあるとことか、B級ぽくっていいなあ。
デッドライジングも、ゾンビ側でプレイできるモードとかあればおもしろいのに。
それでL4Dみたいに対戦するとか。

性サターン |  2013/10/01 (火) 12:22 No.638


Re: タイトルなし

Bungieの創業者で初代HALOのプロデューサーだったアレクサンダー・セロピアンが手がけた作品で、プロモーションではやたらとHALOの名前が使われてました。
ゲーム自体はHALOとは似ても似つかないB級作品(ただし極上の)ですけどね。
ローカルでCO-OPプレイとかもできたんですけど、本文中にもあるようにゾンビの数とかがショボいのが、ちょっと残念です。
今のマシンパワーで是非ともリメイクして欲しいです。

大沢与一 |  2013/10/01 (火) 18:35 No.640

コメント:を投稿する 記事: 【Stubbs The Zombie】ゾンビの純愛物語

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback