FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
箱庭経営シム  

【オレゴン・トレイル American Settler】

   ↑  2013/09/10 (火)  カテゴリー: Android
13091015.jpg
2200マイルにも及ぶ長大な道のりの果てに、ついに辿り着いた新天地オレゴン。
しかし開拓者一家の苦難はこれで終わったわけではない。荒れ果てた大地を切り拓いて、一家の基盤となる生活の地を、一から作り上げなければならないのだ。
前作『オレゴン・トレイル 開拓者のミニミニ冒険』は、70年代に作られた超古典ゲームのリメイク作品。
アメリカ西海岸に繋がる街道、オレゴン・トレイルを渡って新たな大地を目指す開拓民たちの道程を再現して、合衆国の礎を作り上げた偉大な先人たちに思いを馳せる、歴史エデュケイション的な要素を多分に含んだゲームだ。
13091013.jpg
その続編『オレゴン・トレイル American Settler』は、『オレゴン・トレイル 開拓者のミニミニ冒険』で、艱難辛苦の果てにオレゴンに到達した開拓民一家のその後を描いた作品。
ロードムービーならぬロードゲームとでも言うべき、ちょっと類を見ない旅路シミュレーションゲームだった前作から一転、モバイルゲーム界隈ではいささか氾濫気味な、タイニー版箱庭経営SLGへと趣を変えたが、まあ開拓者が一から町を作り上げると言うテーマには、これほど相応しい形態も他にはないのかもしれない。
13091010.jpg
斧を手に森を切り開き、家を建て農地を造り、時々現れる野生の鹿やリスや兎を狩って当座の食料を手に入れる。
例えクマが出没しても、「これはなかなかボリュームのある食べ物」とばかりに、顔色一つ変えず猟銃の餌食にする頼もしいトーチャンだが、唯一の泣き所はスタミナゲージだ。
これが空になるとトーチャンは一切行動できなくなってしまう。まあ数時間も放置しておけばスタミナは回復するが、しかしそんな途切れ途切れの仕事をしていたら、町はなかなか広がりやしない。
そんなときはリアルマネーの出番。景気よく財布をはたいてスタミナの詰め合わせを購入してしまおう。なあに、ユンケルの一番効くやつに比べれば安いもんだ。
13091011.jpg
そう、この『オレゴン・トレイル American Settler』は、これまた最近のモバイル系箱庭経営シムではお馴染みの、ゲーム本体無料でインゲームストアのアイテムが有料のシステム。
なかなかに因業な話だが、実際の開拓民の労苦を思えばこの程度は堪え忍ばなければならないのかもしれない。もっとも東洋の島国に住むオレが、アメリカ人のご先祖様たちの苦労を慮る義理は、ちっともないのだが。
例え定住の地を手に入れたとは言え、19世紀アメリカ未開地の苛酷な現実は、プレイヤーが拓いた町にもしっかりと襲いかかってくる。
13091016.jpg
洪水やハリケーンなどの災害。町を襲う泥棒。なかでもやっかいなのは病気対策だ。診療所を作ってハーブや薬、包帯の量産にせっせと勤しむが、この時代の医療にはやはり限界がある。
対策が追いつかず、町のあちこちにぽつんぽつんと建ってゆく墓碑。あのー、そんなとこに墓石を勝手に作られると、建物造るときとかに邪魔になってすげえ迷惑なんですけど。死ぬんなら町の外れの森とかで死んでくれませんか?
だが、そんな無慈悲な現実に対しても、妙にあっけらかんとして呑気なテイストは前作譲り。
「女どもが森に行ったまま帰ってこない。どうやらクマに食われちまったみたいだぜ」
そう陽気に報告されたら、こっちだって「ハハ、そうなの。今頃食あたりおこしてないといいな、そのクマ」としか答えようがない。
13091017.jpg
形式としては典型的な今どきの箱庭ビルドゲームなんだけど、アメリカのそれぞれの町は、そもそもこうやって興り、人々はこうやって生活の基盤を成り立たせていったなんて過程がなんとなく理解できる、歴史エデュケイション的な要素は、ぼんやりと残っているのかもしれない。
若手カントリーバンド、Lady Antebellumとのタイアップもあり。町に音楽公会堂を建てると、彼らのムービーが拝めたりできるぞ。

関連記事

この記事に含まれるtag : 箱庭経営シム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1917.html

2013/09/10 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ローラ・インガルスって女傑。

「大草原の小さな家」シリーズが大好きですが「長い冬」という作品がシビアでした。ライフラインである鉄道が異常な寒さと積雪でストップ。町に物資が入らなくなり春に播く命綱の種籾まで食べる始末。アメリカ中部の話なのにシベリアかアラスカみたいに感じられてガクブルしました。

奈良の亀母 |  2013/09/11 (水) 09:55 No.615


ちょっと外部と途絶したらどうにもならなくなっちゃうんですから、開拓時代の田舎は普通の生活がナチュラルにサバイバル状態ですよねえ。

大沢与一 |  2013/09/11 (水) 18:31 No.616

コメント:を投稿する 記事: 【オレゴン・トレイル American Settler】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback