FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
キャラゲー  

【めぞん一刻】想い出のフォトグラフ

   ↑  2013/09/03 (火)  カテゴリー: PCエンジン
13090210.jpg
映画の「未亡人下宿」シリーズとコミックの「めぞん一刻」。同じアパートの未亡人という設定を舞台にしながら、それぞれの作品から受けるイメージは大きく異なります。
橘雪子や深美ジュン、愛染恭子ら、色気と母性を過剰に振りまく未亡人が営むアパートに、性欲を持て余した学生や浪人生が転がり込んできて一悶着おこる。
「未亡人下宿」シリーズが確立した、そんなアパート未亡人像を、「めぞん一刻」の音無響子さんは大きく変えてしまいました。
それは70年代と80年代という時代性の違いのみならず、方や大家さん、方や管理人さんという立場の違いもあるかもしれませんが、とにかく響子さんは、"みんなに性を分かち与えてくれるありがたい人"というアパート未亡人のパブリックイメージをリセットしてしまった、功罪相半ばする人なのです。
13090303.jpg
大の男がアパート未亡人の部屋を訪れる。70年代の因習からすれば、目的はアレしかないはずですが、何せこれは「めぞん一刻」。
響子さんはアパート未亡人の自覚が完全に欠損しているくらい身持ちが堅い人ですし、一方の五代くんはと言えば、そのうじうじした煮え切らなさには定評がある男。
響子さんの部屋を訪れる理由も、"響子さんの想い出の写真を盗み見る"という、実に腑抜けた目的だったりします。貴様、ちんちん付いてんのか!
13090302.jpg
もっともそんな軟弱な目的とは言え、一刻館のヌシである他の住人たちが、そうそう簡単にコトを成就させてくれるワケがありません。
部屋の前や進路にどかっと立ち塞がる四谷さんや一ノ瀬のおばさん。連中を何とか画面からどかして先に進むために、数少ない行き場所やチェックポイントをやり繰りして、アイテム入手やフラグ立てに奔走する。
物事がじりじりと牛歩で進行する、いにしえのアドベンチャーゲームの古典的作法が、これまた強烈に80年代を感じさせますね。
13090301.jpg
同じ場所を何度も行ったり来たりする悠長な展開や、他の住人たちの障害物としての役割が、「めぞん一刻」のキャラクターや舞台設定にすんなりと溶け込んでいる、当時としては希有な原作ものADVの佳作。
オリジナルはPCゲームで、HuカードでリリースされたこのPCエンジン版はその移植です。
艱難辛苦の果てに、最後にやっと拝めることになる例の写真ですが、今だとこれ、もしかしたら改正児ポ法に引っかかっちゃうんじゃないでしょうか。



関連記事

この記事に含まれるtag : キャラゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1912.html

2013/09/03 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


懐かしいwww
PCでやってましたよ。もう内容全然憶えてないけどw

思えばこの頃から草食系男子居ましたね。別に今始まった話じゃないかった...

lain |  2013/09/03 (火) 20:07 No.611


ひたすら金策して四谷さんたちの機嫌を取ってたことばかりが印象に残ってます。
ラブコメって言葉が生まれたのは、このマンガからだったのかなぁ?

大沢与一 |  2013/09/04 (水) 17:40 No.613


懐かしい!…けどファミコン版でしかやってないです。すんまそん。
やっぱりPCEでも序盤で婆ちゃんが来たあたりで管理人室へノックなしで行くと響子さんの着替え姿が拝めるのかしら。

コンバット越前 |  2015/03/05 (木) 16:02 No.1023

コメント:を投稿する 記事: 【めぞん一刻】想い出のフォトグラフ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback