FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

【ダブルキャスト】映画制作は夏の風物詩

   ↑  2013/08/02 (金)  カテゴリー: PS1
13080209.jpg
季節の花、メンヘラ娘、記憶喪失の三題噺といえば、初代プレイステーションの"やるドラ"四部作ですが、どういうわけだか四部作の先陣を切って登場した夏編の『ダブルキャスト』だけは、季節の花が出てこないんですよね。なんでだろ。
それぞれに季節の情緒を感じさせる"やるドラ"。『ダブルキャスト』だって花はないが夏休みはある。
学生時代の貴重な夏休みを、まるまる自主制作映画の撮影で潰すというのも、一部の人にとっては何とも言えない郷愁を覚えるかもしれません。
13080203.jpg
かく言う私も学生時代に映画の自主制作に加わったことがあります。
あれは作ってる間だけは実に楽しいものです。特に監督と主演女優と録音係の間に三角関係のもつれが発生し、撮影現場が始終ぎすぎすしだしたときは、野次馬気分で参加した私なんかは、内心いっひいっひ喜んでいました。
撮っている間は楽しい自主制作映画も、いざ編集から上がってきたらそれは惨憺たるモノで、月刊イメージフォーラムを愛読してるような奴が撮った映画を観るのは絶対やめようと私が心に誓ったのは、まさにあのときでした。
13080207.jpg
『ダブルキャスト』で主人公たちが撮っている映画も、作ってるときの盛り上がりの反面、いざ出来上がった映画は恐ろしくつまらなそうな雰囲気がぷんぷんなところは、実に学生が勢いだけで作る自主制作映画らしいです。
もっともこっちの盛り上がりは、時には屋敷一軒まるまる炎上や殺人事件にまで発展しちゃいますけど。記憶喪失の娘なんか、うっっかり拾ってくるもんじゃないっすよね、ホント。
13080205.jpg
単なるムービーの垂れ流しに堕すことなく、止め絵とショートアニメーションの組み合わせで、長尺のインタラクティブアニメを構築したチャレンジングな姿勢の一方で、このシリーズは、ドラマという言葉に縛られたが故に、単なる分岐のあるアニメーションの域に留まってしまったんではないでしょうか。
野心的な実験性と、古臭く保守的な作劇の食い合わせの悪さは、"やるドラ"シリーズに常につきまとっていた問題点ですが、『ダブルキャスト』の場合は絵柄に一因があるのでしょうか。妙に普遍性を意識した90年代アニメ特有の居心地の悪さを、とみに感じるんですよね。

*シリーズ関連記事
【季節を抱きしめて】満開の桜の下



関連記事

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1891.html

2013/08/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【ダブルキャスト】映画制作は夏の風物詩

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback