FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ガンシューティング  ミッドウェイ  

【エリア51】すちゃらかエイリアン極秘ファイル

   ↑  2013/07/09 (火)  カテゴリー: PS1
13070913.jpg
昨日のGoogleトップバナーが、謎のエイリアンFlashゲームにジャックされていた。
そう、7月8日はロズウェル記念日。その後に派生する、ありとあらゆるフォークロアの元になったニューメキシコ州ロズウェルUFO墜落事件は、今から66年前の7月8日に起こったというのが、とりあえずの定説というかお約束になっているのだ。
以後、映画や小説や音楽と、様々なエンターテイメントの貴重な元ネタになってくれたロズウェル事件。もちろんゲームだって、その例外じゃない。
13070911.jpg
我らがミッドウェイが世に放った『Area 51』シリーズは、そのもっともベタなあやかり例。
ま、シリーズと言っても明確な連続性があるわけではない。ぼんやりと共通しているのは、ロズウェル基地を舞台にしてるってことだけ。
日本でもPS2版がリリースされた『エリア51』(2作目)と、その続編的存在の『Balcksite: Area 51』はファーストパーソンシューティングだったが、その漠然としたシリーズの皮切りとなった初代『エリア51』は、元を正せばアーケードのガンシューティングゲーム。
13070908.jpg
ロズウェルに墜落した"何か"を隠匿していると噂される、ネバダ州の軍事機密基地エリア51。
そこに謎の物体が飛来し、基地からの連絡は途絶えてしまった。現場に急行するは、極秘の対エイリアン迎撃部隊。プレイヤーは、その秘密部隊の栄えある一員だ。
エイリアンに寄生されゾンビ兵士と化した基地隊員たちを殲滅しながら、基地そのものの存在を抹消するのが秘密部隊の任務。
もちろん仲間の隊員たちは、ここぞというときに突然射線を横切ってこちらの誤射を誘う、ガンシューティングのお約束をきっちり守る連中であることは言うまでもない。それ以外の役目は一切果たそうとはしない、なんとも傍迷惑な同僚たちである。
13070910.jpg
世界的に大ヒットを記録した『リーサルエンフォーサーズ』を筆頭に一時代を築いた実写取り込み系ガンシューティングゲームは、90年代中頃を境にして次第に衰退してしまったが、やはりあの独特の間抜けなテイストは、時代の徒花で終わらすには惜しい気もする。
この『エリア51』も、ほとんどが、そのちょっと間抜けなテイストで持ってるようなゲームで、異様に力の入った味方隊員たちや、色違いでなんとか乏しいバリエーションを誤魔化しているゾンビ兵士に軽く脱力しながら、アバウトに弾をばらまくのが、その正しい遊び方と言えるだろう。
中でも赤いジャケットを着たゾンビ兵士は、どっからどう見てもあの人に瓜二つで、私なんかはそいつのことを、「マイケル」などとベタベタな名前で呼んでいました。



関連記事

この記事に含まれるtag : ガンシューティング ミッドウェイ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1874.html

2013/07/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【エリア51】すちゃらかエイリアン極秘ファイル

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback