FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ホラー  

【学校であった怖い話】鬱陶しい語り部たち

   ↑  2013/06/01 (土)  カテゴリー: SFC&N64
13060113.jpg
一口に怪談を得意とするやつといっても、エンターテイメント型先天性嘘つきを筆頭に、色んなタイプが居たりするけど、こと学校に限ると、これが何かと面倒臭かったり、困った奴が多かったりする。
「あそこには何かが居るよ」、「キミのオーラはね」、「ここにオーブが写っているだろう?」。
普段は無口な奴が、突如嬉々として発するこれらのセリフに、思わず対応に窮してしまった人も少なくないだろう。
そんな一人でさえ扱いに困る輩がサービス大増量で一挙に六人。連中が待つ部屋に向かうオレの足取りも重い。これも青春の貴重なひとときを、新聞部などにうずめてしまった因果なのだろう。素直に体育会系に入っておけばよかったと思っても、もう後の祭りだ。
13060105.jpg
ずらりと居並ぶいずれ劣らぬ辛気くさそうな顔、顔、顔。しかしあいにく今日のオレは「ゴメン、チェンジして」と声をかけられるような立場ではない。
特に福沢さんの前では、条件反射的にこの言葉が出そうになったが、しかしこの福沢さんが今日の集まりの中では、比較的癒されるポジションであるのを知り、ちょっとばかり感謝することになるのは、これから後のことだ。
13060104.jpg
それでも女っ気がそれなりにあることを救いに思い、さっそく紅一点(えっ!?)の岩下さんを最初の語り部に選んで、一分後に早くも大後悔するオレ。
誰っすか、こんな人を呼んだのは!? え、今日はこんなのばっかしか呼んでない? ちょっと困りますよぉー。話を聞くこっちの身にもなってくださいよおー!
そこから続くは世界一顔を突き合わせたくない面々による、ちょっとオヤジ臭く古賀新一テイスト溢れる怪談話のオンパレード。
つき合うこっちのトーンも自然と重くなって行く。ええと、次は細田さん、どこのトイレの話題なんすか? あ、風間さんの話はまだいいです。お願いだから、あなたちょっと黙っていて下さい。
13060107.jpg
オムニバスのリレー怪談方式で、サウンドノベル特有の煩わしさや、話のデキのばらつきを克服した構成の妙。作り手の思惑以上にキャラクターが立っちゃった登場人物たち。偶発的に成功してしまった、古今東西のホラーゲームの中で、もっとも有効に機能しているビジュアル(この点でプレイステーションのリメイク版は大きく落ちる)。そして学校で怪談語りを嬉々としてする奴を前にしたときの、あの鬱陶しさの絶妙な再現性。
13060106.jpg
偶然必然さまざまな要素が絡み合って、雨後の筍の如く出てきた『弟切草』の後追いサウンドノベル群から抜け出し、孤高の怪談語りゲームへと上りつめた『学校であった怖い話』。
『四八(仮)』や『アパシー 鳴神学園都市伝説探偵局』といった後継的なポジションのゲームが、ことごとく正視に耐えない惨状を晒している事実も、このゲームの"呪われた"神秘性を高めている……、と言えなくもないかもしれない。
で、次の話はどなたが? え、いや、風間さんの話はまだいいですから。っつか、あんた、まだ居たのか! いい加減もう帰れよ!


関連記事

この記事に含まれるtag : ホラー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1846.html

2013/06/01 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


怪談会って怪談ライブ慣れしているプロ、セミプロが集まってやれば面白いけど、ど素人を集めてやると「俺って霊感あるんだ」という鬱陶しい人が混じってくるよね。
それに我慢して聞き続けないといけないのが辛い。
有名ゲーム「学校であった怖い話」をやったことがないのですが、そんな怪談会の辛気臭いところを再現しているなんて凄いですね。

パンダロウ |  2013/06/03 (月) 23:57 [ 編集 ] No.443

コメント:を投稿する 記事: 【学校であった怖い話】鬱陶しい語り部たち

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback