FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
箱庭経営シム  

【テーマパーク】麗しのマイ遊園地

   ↑  2013/05/29 (水)  カテゴリー: 3DO
13052910.jpg
ド派手な豪邸を建てたい、ゴージャスな嫁さんを貰いたい、高級スポーツカーを乗り回したい。男の夢とされる事柄には色々とありますが、しかしどんな即物的でベタベタな願望も、自分だけの遊園地を持つという夢には叶いません。
マイ遊園地。それは究極の男の本懐。よくおかしな珍スポットやインディペンデントなテーマパークを、自分でこしらえちゃったりする人が居ますけど、あの人たちは言わばその究極の夢を実践しているわけです。
それを考えると、ゆめゆめ関ヶ原ウォーランドやら、淡路島のパラダイスやらを指さして笑う気にはなれません。
何せこちとら彼らと違って、マイ遊園地をこさえる夢はゲームの中でしか叶えることができない甲斐性無しなのですから。
13052906.jpg
その夢を現実のモノとする素敵なツールを我々に提供してくれたのはピーター・モリニュー。
『ポピュラス』、『シンジケート』、『マジックカーペット』といった傑作群を立て続けにリリースし、彼がもっともぶいぶい言わせていた頃のことです。
「これで遊園地を好きなように作って下さい」
そんなフランクな提案と共に登場したのが、この遊園地経営シム『テーマパーク』。ああ、マイケル・ジャクソンのように、自宅の庭に遊園地を造れるお大尽ではない我々にとって、このゲームはなんと神々しく光り輝いていたことでしょうか。
ようがす、モリニューさんの期待にたがわない、世界一の遊園地をこしらえてみせようじゃありませんか!
13052905.jpg
胸をときめかせてゲートをくぐる、純粋な子供だった頃の気持ちを思い出しながら、マイ遊園地をレイアウト。
正面入ってまず最初に行き当たるのは、アイスクリームのスタンドです。これがなければ話になりません。
そして序盤で設置可能の安価なアトラクション、バウンシーキャッスル。似たようなアトラクション(空気で膨らますドーム状のやつ)の中にいつまでも居座り続けて、係員に強制排除されそうになるも暴れて抵抗した子供の頃を思い出して、つい涙がちょちょぎれてしまいますが、しかしそんな思い出とは裏腹に、バウンシーキャッスルの稼働時間は回転を速くするために最低に設定です。幼少の頃の純粋な気持ちだけでは、パークの経営は成り立ちませんから。
13052904.jpg
開園と同時にわらわらと集まってくるお客さんたち。彼らの落とすお金を元に、徐々に加わる新たなアトラクション。
コーラを薄めて提供するのも、ビールが思い切りぼったくり価格なのも、すべてはお客さんの笑顔が見たいため。そんな些細なエクスプロイテーションのことなんか、ぴかぴかのニューアトラクションを前にすれば、彼らはすぐに忘れてしまうことでしょう。
ジェットプレーン、プライズゲーム屋台、ゴーカート、ウォータースライダー、お化け屋敷、ゲームセンター、ジェットコースター、そして客の撒き散らすゴミゴミゴミ、ゲロゲロゲロ! なんかアトラクション以外の余計なモノも一挙に増えて、こちらの管理能力のキャパシティは早くも限界です!
13052908.jpg
『ローラーコースタータイクーン』や『Thrillville』といった、同テーマの亜流を生み出すのみならず、主にタイクーンの名で括られる無数の業種系箱庭経営シム(そしてこれらのゲームのほとんどは、ゴミとゲロの二大要素をしっかりと継承した)の始祖となった『テーマパーク』。
私は盆栽とジオラマを折衷したようなチマチマとした楽しさを提供してくれる、このジャンルのゲームが好きで好きで堪らないのですが、中でもやはりすべての原典となるこのゲームは別格です。
子供の純粋な心と腹黒い大人の下心を裏表に持った麗しのマイ遊園地ビルド&マネージメント。今でも耳を澄ますと、アトラクションの稼働音やお客さんの嬌声、そしてゲロを吐く音などが、うっすらと聞こえてくるほどやり込んだ、私の3DOフェイバリットゲームです。



関連記事

この記事に含まれるtag : 箱庭経営シム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1844.html

2013/05/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【テーマパーク】麗しのマイ遊園地

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback