FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
武装カー  ゾンビ  XBLA  

【Zombie Driver HD】低偏差値は勲章

   ↑  2012/10/20 (土)  カテゴリー: XBOX 360
12102019.jpg
とにかく何だかよく分からない理由でゾンビクライシス大発生!
一帯がゾンビに覆い尽くされる中、及び腰な軍隊に代わって事態の収拾に乗り出すのは、うち捨ててあったタクシーを拝借した主人公。
マシンガン、火炎放射器、ロケットランチャーと、破壊力満点の様々な武器を搭載可能だが、ちょっとの間Aボタンを撫でていただけで、あっさり弾切れ。搭載弾薬少なすぎ!
しかし絶望に駆られるのは気が早い。教習所や警察の講習会で、さんざん習ったはずだ。車は凶器と。
1トンに及ぶ鉄の塊と、それを軽々と動かすエンジンの組み合わせは、最強のキリングマシーン。
さあ、ゾンビの群れと相対しても、気後れすることなくアクセル代わりの右トリガーを踏み込もう。ぶちぶちぶちぶち!
121020002.jpg
2,3年前にPC版が登場し、そして今となって何故か唐突にHDリメイクされ、XBOX LIVEアーケードにお目見えすることになった『Zombie Driver』。
こんなゲーム、絶対日本では配信されないまま終わるだろうと思っていたら、サイバーフロントが窓口になって、まさかのフルローカライズで日本にも無事登場。
その中身はと言えば、パッと見た目は初代『Grand Theft Auto』。そしてやってることは『カーマゲドン』、或いは『THE ゾンビvs.救急車』、もしくは『マイクロマシーンズ』という、新しいことや独自なことは何一つない、偏差値の大変低いゲームである。
121020003.jpg
しかも「ゾンビクライシスに立ち向かうドライバー」という同じコンセプトを持つ『THE ゾンビV.S.救急車』と比較してみても、『ゾン救』の「命を救う救急車vs.すでに手遅れ状態を通り越した人たち」なんて斬新なテーマや、助ける相手を職業によって選別する冷酷な戦略性(そんな大層なもんじゃないかもしれないが)みたいな要素はかけらもなく、ただ指定された生存者を拾って、ゾンビをぷちぷち轢き潰しながら帰ってくるミッションを、淡々と繰り返すだけで、深みも何もあったもんじゃない。
121020004.jpg
しかし、ゾンビを潰れたトマトに変えて行く作業の反復は、まるでエアパッキンをぷちぷち潰す行為ような、奇妙極まりない中毒性があるのだ。
トヨタの期間工みたいに、黙々と血だまりを生産する単純作業の繰り返し。90年代に悪名を馳せた『ブラッドファクトリー』に、共通するところが非常に多い。
単調なゲーム性、不親切極まりないインターフェース、そして胸焼けするようなバッドテイスト。
そう、この『Zombie Driver』は、世紀末に狂い咲いた90年代スカム系洋ゲーのテイストを、現代にそのまま蘇らせたゲームなのである。
121020005.jpg
肝心なところをうっちゃって、実にしょうもない部分に異様なまでに力を注いでいるのも、90年代スカムゲームの特徴。
そしてこの『Zombie Driver』で、ゲーム性やインターフェースの代わりに力が入っているのは、ゾンビの轢き応え。
見下ろし型のちまちました画面にも拘わらず、ゾンビの群れに突っ込んだときには、ゾンビの肉やら臓物やら脂やらが、ねちねちと車体に絡みつくような手応えが生々しく再現され、そして轍に残る新鮮な血だまりは、まるで納豆のように糸を引きそうなねっとり感に溢れている。
121020006.jpg
だが、入院生活や休職中の補償なんて考える必要のないゾンビは怖いものなしだ。それにもめげずに仲間の血だまりを踏み越えて車の周囲にまとわりつき、車体をがんがん叩いてダメージを与えてくる。
こんな連中相手に生殺しは、かえって可哀想だ。ニトロダッシュやドリフトアタックを駆使して、二度と生き返ることのないように、入念に轢き潰してあげよう。
ストーリーモードの他に、ゾンビクライシスの真っ只中で、タイムアタックやエリミネーションレースに興じるブラッドレースモードと、車が壊れるまで延々とゾンビを轢き続ける殺戮モードも収録。
そしてそれらのモードも、もちろんクリエイティビティなんて言葉とは100%無縁な低偏差値ぶりだ。
しかし武装カーゲームを心から愛している人には、もうお分かりのはずだ。武装カーゲームにとって、頭が悪いとか、創造性のかけらもないなんてのは、むしろ取り柄みたいなものだということを。

関連記事

この記事に含まれるtag : 武装カー ゾンビ XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1669.html

2012/10/20 | Comment (6) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


プレステでやったハードロック・キャブ思い出した

 |  2012/10/22 (月) 07:10 [ 編集 ] No.323


ハードロックキャブもありましたね。ゾンビ対はたらく車もので、肝心なのを忘れてました。

与一 |  2012/10/23 (火) 00:00 No.324


あんまり楽しそうでしたので

私も買っちゃいました。
いやあ、いいですねこれ。適当にゾンビの群れに突っ込むだけで物凄く楽しいです。
ボスがまたインパクトありましたよ。
初見はHaloか!って言っちゃいましたw

CosyNk |  2012/11/04 (日) 12:53 No.330


最近のXBLAは、優等生的な作品ばかりが多かったので、こういう良い意味で志の低いゲームは、とても新鮮です。
ボスのデザインなんか、もうヤケクソ入ってますよねw

与一 |  2012/11/04 (日) 23:39 No.331


Steam版は実績がタンマリあって、殺戮モードやブラッドレースのやりこみ度はかなりのモノです。
普通に20~30時間は遊べて、ハイスコアランキングを追求し出すと奥が深くてドツボにはまるという地味に恐ろしいゲーム。

スローター |  2013/04/06 (土) 14:02 No.412


殺戮モードの異様な没入感は、ちょっと独特っすよね。
スコアを意識しなくても、延々とぷちぷち轢き潰しに没頭してししまうのに、ましてやスコアを追求したら。止まらなくなるの、よく分かります。

与一 |  2013/04/06 (土) 17:36 No.414

コメント:を投稿する 記事: 【Zombie Driver HD】低偏差値は勲章

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)