FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
エルダースクロールズ  

【The Elder Scrolls V: Skyrim】吟遊詩人の大学大パニック

   ↑  2012/05/09 (水)  カテゴリー: XBOX 360
インゲ先生、僕をお呼びだそうですが、えと、どんな御用でしょうか?
「ああ、お前、ドヴァーキンとか言ったね。いいからそこにお掛け」
は、はい。
「いいかい? これらの歌を届けるのが、お前の仕事だ。群衆を沸かせるんだ。彼らを引きつければ、お前を愛してくれる」
……なんか先生、いつもそればっかっすね。
「この吟遊詩人の大学は、そんな群衆を引きつける才能を持った者が学ぶ場所なのだ。だけどね、ここに入学してからの、お前の様子を見てみるとだね、どうもその才能が決定的に欠けているとしか思えないんだよ」
ちょ、ちょ、ちょ、先生。
「才能のない者が、無理に音楽の道を目指しても、それはお前にとっても不幸なことなんじゃないかね?」
12050912.jpg
や、やめてくださいよ、さり気ない退学勧告は。ぼ、僕、各種魔法の平均偏差値(平均スキル値)が30台で、ウインターホールド大学を追い出されたばっかなんです。ここも追い出されたら、もう行く学校が無いんですよ!
「あのね、うちは高田馬場のES●じゃないんだからね。他に行くとこがないって理由で来られても困るんだよ」
せ、先生。名前を出すのはマズいっすよ!
「だいたいね、お前はここに来てから、楽器の一つも満足に弾けるようにならないじゃないか」
だって誰も教えてくれないからじゃないすか! 楽器教室の方は、いつ行っても誰も居ないし! それに楽器を持つモーションはちゃんと存在するはずなのに、僕だけ楽器を持つことができないって、それはちょっとズルいっすよ!
「それは私にじゃなく、ベセスダに言っておくれ!」
そ、それはそうですけどね!
12050914.jpg
「人にはね、やはり向き不向きというものがあるんだよ。お前には、もっと他に向いた道があるんじゃないかい?」
僕にまたあの薄汚いラットウェイに戻れって言うんですか!
「いや、そのラットウェイどうこうは知らないけどね」
お願いしますよ。僕はもうこれからの人生、楽器片手に色んな街の酒場に営業かけて回る仕事で食っていきたいんですよ。そのついでにカセットやCD売って小遣い稼いで。この世界の吟遊詩人、とりあえず一曲だけ覚えておけば、食いっぱぐれもなさそうですし……。
「あんた、やっぱりこの仕事を甘く見てるんじゃないかい?」
だってみんなレパートリーなんかろくすっぽ無いじゃないすか! 街ごとに歌詞をちょっぴり変えてるだけだし!
12050908.jpg
「あの一曲をマスターするために、みんな血の滲むような努力をしてるんだよ。じゃあお前はどれくらいあの曲をものにしたと言うんだい。ちょっと歌ってごらん」
あ、はい、じゃ、ちょっと……。♪ 戦士のこころーを英雄は求ーむ
「ふむ、まぁ出だしは悪くないね」
♪ 来たーる木樽はロッテのエース
「年配のロッテファンにしか分からないようなアドリブを、勝手に入れるんじゃないよ!」
……あ、やっぱり古すぎましたか。
「あんた一体いくつだい!」
い、いや、僕だってさすがに木樽さんの現役時代は知りませんよ……。
12050916.jpg
「最初のフレーズから、その有様かい。やっぱりお前、この仕事は向いてないね」
そ、そんなこと言わずに! 先生だって、バカの一つ覚えみたいにあれの繰り返しじゃなくて、もっと実になることを教えてくれたっていいんじゃないですか!?
「そうだね。お前はね、声が出ていない。口先だけで歌うんじゃなく、もっと腹の底から声を絞り出すようにするんだよ」
こ、こうですか? ……団子っ鼻!
「……これはワシっ鼻って言うんだよ! 」
す、すいません。そういやトロールに向かって、このトロールの餌め!と叫んだこともあったっけな。
「何をワケの分からないことをぶつぶつと」
12050909.jpg
じゃ、じゃあもう一度。……不細工!
「大きなお世話だ、この野郎!」
ご、ご、ごめんなさい。ランダムであって、決して本意な言葉では……。
「お前はそういうネガティブな言葉しか、腹の底から出せないのかい!?」
いや、そんなことは!
「もっとこう、トム・ジョーンズのように揺るぎ無き力を持った声をだね、腹の底から押し出すようにして……」
え!? あ、アレをですか? い、いいんですか、ホントに……。
「できるのなら遠慮することはない。やってご覧なさい」
じゃ、じゃあ遠慮無く。…………ふんんんっ!!!(どおぉぉぉぉん!!!)
12050910.jpg
……あ、先生、先生、だ、大丈夫ですか!?
「え、衛兵! 誰か衛兵を呼んでおくれ!」
ちょ、ちょ、ちょっと! そんなもん呼ばれたら洒落になんないっすよ!
「衛兵を! 誰か何とかしておくれ!」
ちょ、静かに! ……いい加減、黙れババア!
「ぎゃあああ!」
12050911.jpg
"今日の午後、ソリチュードにある吟遊詩人の大学で起こった校舎占拠事件は、今だ解決の糸口が見えないまま膠着状態になっています。
この学校の生徒とみられる犯人の男は、同校の教師一名と、駆けつけた二名の衛兵を、所持していた改造済みの碧水晶弓で殺害後、やはり同校の生徒であるアイア・アリーアさんを人質に取り、校舎内に立て籠もったままです。
現在、ブルーパレス執政のファルク・ファイアビアード氏が、犯人と接触を試みていますが、犯人は「音楽ができんが、何で悪いとや!」、「浅野温子を呼んでこい!」などと、意味不明のことを繰り返すばかりで、交渉することすらもままならない模様です。
現場からは以上です。"



関連記事

この記事に含まれるtag : エルダースクロールズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1536.html

2012/05/09 | Comment (0) | Trackback (1) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【The Elder Scrolls V: Skyrim】吟遊詩人の大学大パニック

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback


この記事にトラックバック:する (FC2ブログユーザー限定)

まとめtyaiました【【The Elder Scrolls V: Skyrim】吟遊詩人の大学大パニック】

インゲ先生、僕をお呼びだそうですが、えと、どんな御用でしょうか?「ああ、お前、ドヴァーキンとか言ったね。いいからそこにお掛け」は、はい。「いいかい? これらの歌を届ける

まとめwoネタ速neo 2012/05/09