FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
声優  

【フリートークスタジオ マリの気ままなおしゃべり】

   ↑  2012/05/07 (月)  カテゴリー: セガサターン
12050720.jpg
國府田マリ子と金月真美。共に90年代に一世を風靡した声優さんですが、この二人が今度新たにユニットを結成してCDを発売するとかで、その名が再び注目を集めています。
もし90年代半ばに実現していれば、それこそミック・ジャガーとデビッド・ボウイのコラボみたいなもんになっていたのですが(コナミ繋がりで決してあり得ない話ではなかったはず)、そのタイミングを15年ほど逃しての、このコラボ企画。
まぁ堀ちえみや早見優といった既婚子持ちの元アイドルの最前線復帰みたいに、アイドル声優の世界にも、そんな結婚を経た二周目の展開が訪れるようになってきたのでしょう。あと10年経てば、ほっちゃんとかゆかりんの番かもしれませんよね。
12050717.jpg
90年代中期以降の國府田マリ子さんの人気というのは、相当に凄いものがありまして、それはラジオパーソナリティから、アイドル声優としては意外とやりたい放題だった音楽活動、さらには実写の主演映画(お相手は大森南朋)にまで及びました。
もちろんゲームだって同様です。実写の國府田さんが登場するゲームには、珍作『ボイスパラダイス エクセラ』なんてのがありましたが、この『フリートークスタジオ マリの気ままなおしゃべり』は、実写國府田さんこそ登場しないものの、國府田さんが文字通りピンで看板となった、國府田マリ子ファンのための國府田マリ子ゲームです。
12050715.jpg
國府田さん演じるラジオ局の新人アナウンサーが番組を任され、一癖二癖ある程度の言葉では収まりのつかないゲストたちを、何とか捌いて番組を円滑に進行させる。
まぁ基本的に、番組中に会話選択肢が数回出てくるだけの内容ですが、タチの悪いゲストに翻弄されて胃の痛い思いをする番組進行役の気持ちだけは、痛いほど伝わってきますので、"ラジオDJシミュレーションゲーム"という自己申告も、あながち間違ってはいないと思います。
12050716.jpg
これらのゲストは、國府田さんと同じ青二プロの役者さんたちが演じているのですが、何故か関西コメディアンの伊素川アヤというキャラだけが、中の人(久川綾)をもじったネーミング。
久川さんもキャラ同様大阪の出身ですし、國府田さん演じるアナウンサーも「アヤさん」などと語りかけるもんですから、この回はまるで青二プロの先輩後輩同士の会話にしか聞こえてきません。
しかしこのコメディアンは、並みいるゲストの中では一番扱いやすい、言わば雑魚キャラ。
伊素川回を終えて襲いかかってくるのは、番組の最中にマネージャーを呼び出してゴネるアイドル(CV. 萩森侚子)とか、番組中に「そこに霊が見える」などと吹かし始めるオカルト作家(CV. 山崎和佳奈)だのと、そもそもこんな奴らを公共の電波に乗せるなと言いたくなるような、一筋縄ではいかない連中ばかり。
12050714.jpg
そしてある意味、真のボスキャラと言える存在が、富沢美智恵さんが演じる芸術家のナナシー比留間先生。
富沢さんのナチュラルアッパーな芝居と、エキセントリックなキャラクターが見事に融合した、このナナシー先生登場回は、本作のクライマックスといっても過言ではありません。
「頭で電波を受信しなさい」
生放送中に、そんなスレスレのことを言い立てるナナシー先生に、「な、なんか聞こえてきましたぁ!」と応じる新人アナウンサー。君は大人です。
ナナシー先生と比べると、ラスボスである歌手の河合奈津美さん(CV. 國府田マリ子。國府田マリ子が國府田マリ子をゲストに迎えるという、ワケの分からない事態に)は、何と常識をわきまえた人に見えることでしょうか。
12050718.jpg
「意外と普通ですね」という、掟破りの先制パンチに意外と上機嫌な河合さん。
「私、奈津美さんのCD、全部持ってますよ!」「まぁ、嬉しいです」「奈津美さんの音楽は、もう日常生活のBGMみたいなもんです!」「………そう。私の音楽って、BGMみたいに聞き流せてしまえるもんなんですね」
前言撤回! やはり他のゲストに負けず劣らず面倒臭い人でした。エレカシの宮本を前にした、あの女性DJの気持ちが、よぉぉぉぉぉく分かりました!
アーティスト様だか、クリエイター様だか知らねえが、いい年こいてんだから、少しは大人の対応ってものを覚えろや!
12050721.jpg
そんなこんな慎ましやかなドタバタ劇に彩られ、タイトにまとまった意外な佳作小品。
だけどその一方で、値段は一般作並み。しかもブックレット同梱の赤版と、トレカ同梱の青版という二種類のパッケージを用意し、さらにサターン版とプレステ版では、國府田マリ子が歌う収録曲がそれぞれ別という、國府田ファンに「全種類漏らさず買え!」と迫る、えげつない商魂も、たっぷりと備わっています。
オープニングデモの、あまりにもアシッドでぶっ飛んだ色使いも、これまた必見。



関連記事

この記事に含まれるtag : 声優 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1534.html

2012/05/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【フリートークスタジオ マリの気ままなおしゃべり】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback