FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ギャルゲー  テーブルゲーム    

【みちのく秘湯恋物語 Kai】恋とこいこいのみちのく路

   ↑  2012/05/02 (水)  カテゴリー: PS1
12050217.jpg
誰の行いが悪かったのかは知りませんが、あいにくと全国的な雨模様になってしまった大型連休中日。
しかし私の気分の方は、決して雨模様というわけではありません。
何せ、この初夏の東北路を巡る私の傍らには、現地で捉まえたJKがぴったりと寄り添っているのです。
JKと 楽しいみちのく ふたり旅 (芭蕉)。
だけど、私の心が決して日本晴れな気分にまで至らないのは、二人の間に何故か無粋に広げられた花札にその理由があるのでした。
12050209.jpg
「朱鷺子さん、ここが奥州藤原三代が栄華を極めた金色堂だよ」
「まぁ、綺麗!」
「じゃあ、こんなとこで何だけど、さっそく花札で勝負だ!」
「はいっ!」
「朱鷺子さん、ここが義経終焉の地、衣川だよ」
「まぁ、ロマンチック!」
「じゃあ、こんなとこで何だけど、さっそく花札で勝負だ!」
「はいっ!」
12050215.jpg
芭蕉が思わず句を詠んだ歴史情緒溢れる地で、風光明媚な景色を進む川下りの船の中で、時と場所を全く選ばず花札を広げこいこいに興じる迷惑二人組。
私がもし猊鼻渓川下りの船頭だったら、自分の船の中で景色そっちのけでこいこい勝負にうつつを抜かすこいつらを、問答無用で川の中に叩き込んでいるところです。
ギャルと旅情と花札。まるで落語の三題噺のような取り合わせを、無理矢理ゲームに仕上げたフォグの実質的デビュー作、『美少女花札紀行 みちのく秘湯恋物語』。
続いてお色気度をちょっとアップしたサターン版『美少女花札紀行みちのく秘湯恋物語スペシャル』と、プレステ版オリジナルの内容をマイナーチェンジした『みちのく秘湯恋物語 Kai』が登場しました。
現在、ゲームアーカイブスで入手することができるのは、この『みちのく秘湯恋物語 Kai』です。
12050210.jpg
のちに『風雨来記』(このタイトルを初めて耳にしたとき、てっきり忍者もののゲームだと思い込んでしまいました。だっていかにも風太郎忍法帖に出てくる忍者の名前みたいじゃん!)で、旅情ギャルアドベンチャーというジャンルを確立させたフォグでしたが、この『みちのく秘湯恋物語 Kai』は、そのプロトタイプとも言える作品。
しかし、メインディッシュとも言える、情緒豊かなみちのく路の旅も、執拗に差し挟まれる理不尽な花札勝負(花見酒なんて役に代表されるように、こいこいはバランスが極端に悪く、理不尽さが常に先に立ってしまうゲームです)や、ほとんどギャグの域にまで達した、借金を抱える薄幸の美少女と、典型的にも程がある脂ぎった金貸し屋の絡みに、完全に食われ気味で、プロトタイプならではの未成熟さも露呈しているのでした。
12050212.jpg
だけど、そんなギャグ一歩手前のメインストーリーが、このゲームの魅力の一つとなってしまっているのもまた事実で、中でも金貸しの手先となり、スワンボート特攻、仲居変装など、あまりにもトリッキーなちょっかいを仕掛けてくる冴子さん(本作の裏ヒロイン)の登場パートは、この旅の真のハイライトと要っても過言ではありません。
この人を前にすると、JKなのにJKっぽさのかけらもなく、中途半端に大人びたヒロインは、今ひとつ分が悪い立場に追いやられてしまいます。
そう、私も本音を言えば、情緒あるみちのく路の旅は、こんな中途半端な生真面目JKよりも、往年の叶和貴子のような、和服の似合うしっとり熟女と一緒に巡ってみたいです。
何よりそんなメインキャラであれば、みちのく路と花札という、今ひとつ食い合わせの悪い両テーマも、何となくしっくり来るではありませんか。
12050214.jpg
「朱鷺子さん、ここが奥州藤原三代が栄華を極めた金色堂だよ」
「まぁ、綺麗!」
「じゃあ、こんなとこで何だけど、さっそく花札で勝負だ!」
「(着物の胸元を正しながら)い、いけません、私には夫が!」
「朱鷺子さん、ここが義経終焉の地、衣川だよ」
「まぁ、ロマンチック!」
「じゃあ、こんなとこで何だけど、さっそく花札で勝負だ!」
「(着物の裾を押さえながら)い、いけません、私には夫が!」
「朱鷺子さん、ここが遠野物語の舞台となった遠野だよ」
「まぁ、神秘的!」
「じゃあ、もう花札とかいちいち面倒臭いから、そんなのかっ飛ばしてさっそく」
「ああああ、あなた、許して……」
こんな感じで、是非とも「みちのく秘湯恋物語・改々」を出して頂けないでしょうか、フォグさん。



関連記事

この記事に含まれるtag : ギャルゲー テーブルゲーム  

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1530.html

2012/05/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【みちのく秘湯恋物語 Kai】恋とこいこいのみちのく路

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback