FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
エルダースクロールズ  

【The Elder Scrolls V: Skyrim】リフテンの未亡人下宿

   ↑  2011/12/31 (土)  カテゴリー: XBOX 360
skyrim.jpg
"現代人が選ぶ声を出して読みたい美しい日本語"(俺調べ)の一つに「痴女」がある。ファンタジックな夢を含んだ、実に甘美な響きを持つ言葉だ。
この言葉を売りにするAV女優さんなんかも、結構居たりするが、どうも最近のそれは「ビジネス痴女」的な雰囲気があからさますぎる。
大昔の有希蘭とか、貝満ひとみなんかは、ヤオなんだかガチなんだか判別付かないような幻想が、もうちょっとあったような気がしたが、なんかここら辺の物足りなさは、今昔のプロレスに感じるものと共通しているのかもしれない。
111231003.jpg
しかし案ずることはない。本当にいやらしい人というのは、巷にひっそりと棲息しているものだ。
アマはプロよりえげつない。それは投稿誌や投稿サイトを見れば分かることだろう。
そしてこのスカイリムにも、現代に生まれていたならば目線入れただけのすっぽんぽんな姿で、夜の公園とかを彷徨いているような人が居る。それがヘルガさんだ。
111231004.jpg
ヘルガさんはリフテンの片隅で下宿屋を営む未亡人。
未亡人下宿。これまた声に出して読みたい美しい日本語だ。
熟れた体に火照る心をを持て余して、無聊を慰める未亡人。本来ならば、「ウィンターホールド大学受験に3回失敗している浪人生」みたいな設定で、この下宿屋に転がり込み、「あら、ウブな浪人生さん。上も貸しますが下も貸しますわ」なんて展開に至りたかったところだが、あいにくと先にブリニョルフという胡散臭い男に捉まってしまったがために、このヘルガさんとは、彼女が大切にしている神像をぶち壊すと脅して金を強請り取るという、色恋沙汰とは一番縁遠い最悪の出会いとなってしまったのだ。
111231007.jpg
それ以来ヘルガさんは、こちらの顔を見る度に、「また強請りに来たの!?」などと、露骨に嫌な顔をするようになってしまった。取り返しがつかないとは、まさにこのことだ。
この女性の身辺を調べると、男なら手当たり次第くわえこむとんでもない淫乱であるという、素晴らしい事実が判明するのだが、この最悪な出会いのために、その輪に加われないのは非常にもどかしい。
何せ熟しに熟しきった体である。いくら「ディベラの鎧プレイ」などというマニアックな行為に走ろうが、街のあんなへんちくでやわな男どもで満足できているはずはないのだ。
やはりここは、この極寒の荒野を生き抜いてきた逞しい雄の体で、彼女の体に火を点け、絶頂に導いてやろうではないか。
111231001.jpg
こんな時のために、日本には夜這いという美しい風習がある。
「ここは日本じゃなくタムリエルですよ」なんてツッコミには耳を貸さない。俺はまさにこういう時のために、隠密と解錠とスリの研鑽を積んできたのだから。
未亡人下宿に夜這い。なんとも山本晋也チックなシチュエーションだ。あ、それとこれは余談だが、愛染恭子が「愛染恭子の未亡人下宿」に出演したときは、なんとまだ26才だったそうではないか。絶対そうは見えねえ!
111231008.jpg
愛染ヘルガさんは、熟れた体を寝台に横たえ、静かな寝息を立てていた。
今まで色んな男たちを引っ張り込んできたダブルベッドだ。そのサイドボードには、革ひもを始めとして、様々な意味ありげの品が置かれている。このハチミツは、あんなところやこんなところに塗ったりするものなのだろうか。なんてエロい人だ。
そして枕脇のサイドテーブルには、精力剤などと一緒に「アルゴニアンの待女」があるではないか。
独り寝の寂しい夜、きっと彼女はこれで一人寂しく自分を慰めてたりしているのだろう。
しかしもうそんな寂しい夜は来させません。奥さん、夜這いに参りました。まずは、磨きに磨いた禁断のスキル、パーフェクトタッチで、この無粋な服をパッと脱がしちゃいましょう。あ、やべえ! ちょっと目を覚まさないで! 大きな声出さないで! 酷いことをしに来たんじゃないんですよ、いいことをしに来たんですって! あ、おい、衛兵呼ぶな!
111231006.jpg
彼女の悲鳴を聞きつけて、衛兵が次々と集まってきた。
彼らに向かって、「いえ、違うんです、合意の上です! いや、合意は後からさせるつもりでしたけど、それでも合意は合意です!」と必死の抗弁をしたものの、連中はまるで聞く耳を持たない。
喧嘩腰の彼らと押し問答を重ねるうちに、自分の身を守るために構えていた盾で、ついうっかりパワーバッシュが発動してしまったことが、事態をさらにややこしいものにした。
111231005.jpg
「お前はクズ同然だ!」
こちらが否定できない罵声を浴びせながら、俺に襲いかかってくる衛兵たち。
俺は逃げた。走って逃げた。背中に矢が二、三本突き立ったが、それでもお構いなしに逃げた。
街の下層まで走って、ラグド・フラゴンの中に逃げ込めばなんとかなるかもしれない。
もっとも、「夜這いに失敗した挙げ句、街中を敵に回してにっちもさっちも行かなくなった」なんて、世界一しょうもない理由で駆け込もうとしている俺に、盗賊ギルドの連中がその扉を開けてくれるかどうかは、果たして分かったもんじゃないが。

関連記事

この記事に含まれるtag : エルダースクロールズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1419.html

2011/12/31 | Comment (4) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


今年もおつかれ様でしたw
来年も面白い記事を書いて下さい♪

lain |  2011/12/31 (土) 18:25 No.155


旧年中は、ありがとうございました。
今年もまた宜しくお付き合いください。

与一 |  2012/01/01 (日) 17:34 No.157


トリプルA級ゲームも与一さんの手にかかると、なんともまぁ見事なB級作品になるもんですね。

uunn |  2012/01/05 (木) 11:04 No.159


ドラゴンボーンの血に相応しいスタイリッシュなプレイってのは、なかなかできないもんですよねえ(俺だけ?)。

与一 |  2012/01/06 (金) 15:59 No.160

コメント:を投稿する 記事: 【The Elder Scrolls V: Skyrim】リフテンの未亡人下宿

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback