ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2017-06- → )

total 3 pages  次のページ →  

【Sleeping Dogs: Definitive Edition】Nightmare in North Point

   ↑  2017/06/30 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
170620007.jpg
ここ数年のゲーム界隈で目に余るのは、度を越したゾンビの氾濫だ。
シューターからアドベンチャーゲームまで、どのジャンルも雁首揃えて猫も杓子もゾンビ、ゾンビ、ゾンビ。
ミリタリーFPSや西部劇オープンワールドといった、本編ではゾンビとなんの関係もないゲームまで、DLCで番外的にゾンビネタに走る例も少なくない。
ゲーム的に何かと便利な素材だというのは理解できるが、あんなもん元を正せば遠いハイチの腐った死体である。
同じ死体ならば、アジアにはもっと身近で伝統的、より有り難がるべき存在があるだろう。そう、キョンシーだ!
170630002.jpg
80年代の終わりから90年代の初めにかけて、キョンシーが巻き起こした社会的ブームは、ゾンビごときの比ではなかった。
その始まりとなったのはサモ・ハン・キンポーが1985年に制作した『霊幻道士』。
中国古伝の妖怪をモチーフにした、この他愛ないクンフーホラーコメディは、配給会社の想像を超えるヒットを記録し、小中学の通学路には両腕を前に突き出してぴょこぴょこ跳ねながら下校するあんぽんたんどもで溢れかえった。
キョンシーに版権がないのをいいことに、無数のパチモノキョンシー映画がこれに追随し、それに合わせて比較的まともだった本家シリーズも次第にゲテモノ化。
170630006.jpg
ついにはそのパチモノの一つが、ガキには霊幻と幽玄の区別がつかない(あるいはどっちだっていい)のにつけこんで、ゴールデンタイムに堂々とレギュラー放映されるまでに至った。
エボラ熱のように拡大しながら、みんなが我に返ると潮が引くごとく鎮静してしまったキョンシーブーム。
しかし7月には第一作の主人公役の一人、チン・シュウホウが再び出演する、ちょっとゴーストバスターズ入ったシリーズ最新作「霊幻道士 こちらキョンシー退治局」が公開予定など、キョンシーなだけに油断すれば何度も何度も生き返ってくるようだ。
170630001.jpg
『スリーピングドッグス 香港国際警察』のDLCも、クンフー映画と来たらその次は当然キョンシー映画だ。
黒社会騒動もひとまずの収束を迎えたバーチャル香港。我らがウェイ・シェンもカラオケぐらいしかやることがなくて腐っていたとこだが、そこに降って湧いたのがオカルト騒ぎ。
地獄から蘇ったマフィア妖怪によって死者の街と化した香港。
そこかしこで地の底から湧き出てくるのは香港裏名物キョンシーさんたちだ。
170630004.jpg
それに対処するのは、さりげなくちゃっかりと道士服に身を包んで登場のウェイ・シェン。
そう、今回のウェイの役回りは、まぁ早い話が「可愛くないテンテン」みたいなもんだ。
「せめてガウ道士くらい言えねえのか!」(ウェイ・シェン)
「霊幻道士」も元を正せばクンフー映画の亜種。腐った死体相手に銃器で立ち向かう欧米人と違い、我らがウェイも当然素手ゴロでキョンシーに立ち向かうのであった。
キョンシー相手に両脚タックル! キョンシー相手に猪木式腕折り! 折ったぞ、だっしゃー!
『スリーピングドッグス』の他のDLCミッション同様に、相変わらずボリュームには乏しいが、しかし他のゲームのなんの脈略もないゾンビDLCに比べたら、よっぽど気の利いた設定であることには違いない。

 


この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2659.html

2017/06/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【新宿の狼】新宿逆カーマゲドン

   ↑  2017/06/28 (水)  カテゴリー: PS2
170622007.jpg
タクシーは現代モノのオープンワールド系ゲームでは、ファストトラベルの窓口として使われる例が多い。
『スリーピングドッグス 香港国際警察』でも、このシステムが使われているが、タクシー使用ファストトラベルが本来はクルマ強奪ボタンであるYの長押し、しかもこの判定がえらく微妙ときて、非番の警察官らしく正当にタクシーを利用しようとするつもりが、運転手を引きずり出してそのままタクシーを奪う事態が頻発してしまう。

『新宿の狼』も、やはりタクシーファストトラベルとクルマ徴用システムが同居しているが、しかし三上英二は、いくらはみ出しとは言え、そこは周囲の空気を読んでかりそめの秩序を形成する日本の刑事だ。
それにどうせ日本の刑事となったからには、刑事ドラマでさんざん目にした例のアレをやってみたくなる。

「おい、停まれ!」
走るタクシーの前に飛び出て手を振る刑事。
急停車するタクシーの後部座席に乗り込んで警察手帳を出し「警察だ、前の車を追ってくれ!」
これだこれ。それにこのゲームは乗り物の操作がピーキーなんて言葉が追いつかないほど粗雑なので、出来る限りはクルマのハンドルを担当するのはAIさんにお任せしたいところだ。
折よくタクシーが走ってきた。さっそく例のアレの出番だ。
「おい、停まれ!」
170628002.jpg
………あいつら、止まる気なんか、さらさらありゃしねえ。話が違うじゃねえか!
「人を轢いて轢きっぱなしか、この野郎!」
立ち上がって信号待ちしているタクシーに駆け寄り、車体にケリを入れて抗議しても運転手の野郎は涼しい顔だ。そのまま走り去って行きやがった。
これじゃ完全に轢かれ損だ。とにかくどっかでハンバーガーセットでも食って、減った体力を回復しなければ。

そう思いとぼとぼ歩き始めたところに、おかまいなしに突っ込んでくるのは後続のトラック。硬直した姿勢のまま、50メートルくらい撥ね飛ばされる新宿の狼。
「過失運転致傷の現行犯でボコボコにした上で逮捕する! 貴様は死刑×5回だ!」」
三上英二の怒りは、はるか向こうを通り去ってゆくトラックではなく、そこらを歩いていた無辜の年金暮らし老人に向けられるのであった。
この新宿はクルマが王様の轢き逃げ天国、逆カーマゲドンの世界。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2658.html

2017/06/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Sleeping Dogs: Definitive Edition】Zodiac Tournament

   ↑  2017/06/26 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
170620007.jpg
香港の沖合いには決まって怪しい島がある。そこではこれまた怪しい格闘技トーナメントが開かれている。
大会とは言ってもTHE OUTSIDERとか地下格みたいに、ルールがちゃんと整備されたものじゃない。
主催者の気まぐれでルールがコロコロ変わり、そしてたいていはお話の都合でトーナメントなんか途中からわやくちゃになるタイプのやつだ。
香港中を駆けずり回って十二支像を手に入れ、警察業務の傍らクンフーを極めたウェイ・シェンの下にも、DLCコンテンツの名を借りてそれのお誘いがやって来た。
170626002.jpg
「ウェルカム、ジェントルマン!」
フェリーから島に上陸した一同を、これまたお決まりの挨拶で出迎えたのは、痩身に黒手袋のベタベタな格好をした、シー・キエンと言うよりはむしろ岸谷五朗が入った主催者だ。
対する出場者もムエタイトランクスやMMA風の出で立ちがコスプレ臭漂う、これまた胡散臭い連中。
『スリーピングドッグス 香港国際警察』のDLC第一弾が、その香港映画愛を捧げたジャンルは、褪色した画面やフィルム傷の演出もあざといクンフー映画。
170626001.jpg
「燃えよドラゴン」の舞台となったハンの要塞島は銃器の持ち込みを一切禁止していたが、ゾディアックトーナメントが開催される島も、その掟に準拠。
元より『スリーピングドッグス』はドンパチより徒手格闘に比重が置かれたゲームだ。我らがウェイ・シェンだって素手ゴロ縛りルールに依存はない。
それどころか知らないうちに上半身裸に黒いカンフーズボンに着替え、例の誰かになった気分は満々だ。
170626004.jpg
本編でもお馴染みの一対多の素手ゴロマッチに、唐突に始まるびっくりどっきりアスレチックランニング大会、ビーチでのMMA野郎との一騎打ちではアームバーや足関節などの新規技も飛び出し、闘技場での文字通りのエリミネーションマッチを経て、ラストバトルは、はい分かってた、あの胡散臭い主催者との決着戦。
1時間ほどのボリューム、追加実績なしと、コストパフォーマンス的にはちょっと微妙なDLCだが、上位機種版のDefinitive Editionなら最初からバンドル済み。
何より締めを飾る、ブルース・リー風の哀しみを湛えた見栄を切ろうとして、照れが入ったのか思い切り中途半端で終わるウェイ・シェンの決まらなさっぷりは必見だ。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2657.html

2017/06/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【新宿の狼】東京粗忽警察

   ↑  2017/06/22 (木)  カテゴリー: PS2
170622007.jpg
パッと見は冴えない中年男だ。だけどオレの刑事の勘が、こいつは叩けば埃が出ると告げている。
「こういうモンだが」懐から警察手帳を出して職質すると、こいつは横領犯と判明。
慌てて逃げ出す容疑者にパンチを繰り出したら、何故か近くに居た無関係な別のサラリーマンに拳が命中。
「何すんだ、この野郎!」掴みかかってくる無関係なサラリーマン。その間に容疑者は……、ああああ-、ああー、逃げちまう。もう面倒臭えから代わりにてめえを逮捕だ!
無関係なサラリーマンをぼこぼこに殴り倒して後ろ手に手錠を掛ける。一丁あがり!
170622002.jpg
パッと見はこの街ではありふれた水商売風の女だ。だけどオレの刑事の勘が、こいつは叩けば埃が出ると告げている。
「こういうモンだが」懐から警察手帳を出して職質すると、こいつはパワハラ犯と判明。
「パワハラって刑事犯なの?」とちょっぴり戸惑ったが、その女が逃げ出したので慌てて追跡。
ガードレールを飛び越えて車道を横切って逃げようとする容疑者。そこに無情に突っ込む車。宙を舞う女の体。
地面に横たわってぴくりとも動かない容疑者を片膝で押さえつけ後ろ手に手錠を掛ける。一丁あがり!
170622006.jpg
「裁くのは俺だ!」と高らかに言い放ったのは、ミッキー・スピレーンのマイク・ハマー。「わしがルールブックだ!」と高らかに言い放ったのはプロ野球の二出川元球審。
では「オレが法律だ!」と高らかに宣言したのは? ……ここで「ユン・ピョウの検事ミスター・ハーですね!」と反応した人、こんど飯でも食いながらゆっくりとシンシア・ラスロックの素晴らしさについて語り合いましょう。いや違う! 香港ならいざ知らず、ここ新宿で俺法と言うのは、捕まえた容疑者をおのれの勝手な裁量で、豚箱、罰金、無罪かの処断を下すシステムだ。
170622003.jpg
新しい服やバイクが欲しくなった時、パチンコの軍資金が必要となった時、気力ゲージさえ満タンならさっそく俺法の出番だ。
食い逃げの現行犯で逮捕。俺法により貴様は罰金刑だ。ルーレットスタート!俺法による罰金の金額は、上は百万円から下は……、一円。
「刑事さん、ホントにそんなはした金でいいんですか?」
う、うるせえ! 元よりけちなチンピラから百万円貰おうなんて甘い夢見てねえわ! もういい、いいからあっち行け!
170622008.jpg
当初の予定では『龍が如く』に対するカプコンからのアンサーとなる予定だったが、諸般の事情によりカプコンがそれを放棄。
それをスパイクが拾い上げてどうにか発売にこぎつけたはいいが、某誌のクロスレビューで3点なんてワイルドな点数をつけられるなど、七難八苦の言葉を地で行ったこのゲーム。
へぼへぼな操作性やちょっとアレなビジュアルなど、カプコンが示した難色がうかがえる数多な欠点の一方で、発売された2009年時点の国産ゲームでは、フリーローミングスタイルの基本が唯一きちんと成立していた、なかなか一筋縄では行かない作品である。
170622004.jpg
Vシネ系はみ出しデカの王道をベタベタに歩む主人公の名は三上英二。
龍などといささか過大なあだ名を授けられたセガのチンピラヤクザに対して、こちらの異名は狼。
拳銃密売組織を追う、これまたVシネチックなメインストーリーを義務のようにこなす傍らで、新宿の治安をマッチポンプで守るためにフリーダムに暴れまくるアウトロー刑事だ。
なにせ新宿は魔都だ。石を100個投げればそのうちの70発は犯罪者に当たる。街で突発的に起こる非常事案にも事欠かない。
だからこそ、このざっくばらんな造りの箱庭では、三上のような法手続きを無視して事をすすめる男が必要となってくる。巻き上げた罰金はもちろん自分の懐だ!
170622010.jpg
パッと見はこの街ではごく普通のOLだ。だけどオレの刑事の勘が、こいつは叩けば埃が出ると告げている。
「こういうモンだが」懐から警察手帳を出して職質すると、こいつは食い逃げ犯と判明。
まぁこんなご時世だし、何よりたかが食い逃げ如きでこの新宿の狼が仰々しく小娘一人を捕まえることもあるまい、とも思ったが、しかしこういう小さな犯罪を見逃していては、この街の治安ゲージはちっとも回復しない。
「悪いなお嬢ちゃん、見逃す訳にはいかねえんだ」とポケットから手錠を取り出し女の方を向くと、オレの視界いっぱいに女の履いているローヒールの靴底が飛び込んできた。
170622005.jpg
そこらの中華マフィアも顔負けの逆ギレっぷりで、めちゃくちゃに暴れまくる食い逃げOL。
ちょ、ちょ、ちょっと待て! お前、食い逃げ程度でここまで開き直るんじゃねえ!
しょうがない。最後の手段は発砲。人混みの中で操作性最悪の拳銃乱射は昼下がりの新宿西口でさらなる混乱を巻き起こすが、まあこの程度、始末書を何枚か書けばチャラになる。
もっともこの始末書制作のミニゲーム、マジでカンベンしてほしいくらい心躍らない作業だとか、とにかく変なとこで妙に凝りまくったゲームである。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2656.html

2017/06/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Sleeping Dogs: Definitive Edition】香港秘密警察

   ↑  2017/06/20 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
170620007.jpg
「ちょっと借りるぞ!」
とってつけたような断りと共に他人のクルマやバイクを拝借し、通行人が慌てて身を避ける中をタイヤを軋ませながら走り抜ける。
途中にある看板や果物を並べた屋台などは、もう壊してくれと言わんばかりに存在しているようなものだ。
それらをお望み通りぶち壊しながら、逃げる容疑者のクルマに容赦ない体当たりを食らわせ、横転した車体からそいつを引きずり出して二、三発鉄拳を御見舞した後、「お前には権利がある!以下省略!」と、これまたとってつけたように事務通告。
ちょっとばかりやんちゃな刑事を主人公に据えたアクション映画では、もう黄金のパターンだ。
ポスト『GTAⅢ』があちこちで芽吹いていた2000年代前半に登場した『トゥルー・クライム Street of L.A.』は、そんな刑事アクションの王道をビデオゲームで再現した快作だ。
170620002.jpg
主人公がアジア系、そして徒手格闘の要素が強いなど、ハリウッド系刑事モノだけでなく、香港産アクション映画からの影響をそこかしこに感じさせていたこの『トゥルー・クライム』。
ニューヨークに舞台を移した続編を挟んで、第3作は『True Crime Hong Kong』のタイトルで、いよいよ重要なルーツである香港がステージとなることがアナウンスされ、一部の好事家を大いに期待させたのであった。
しかしゲームのIPに紆余曲折は付きもの。
どんな事情があったのかは知らないが、Activisionにおける『トゥルー・クライム』シリーズの展開はペンディングとなり、そしてこの第3作は『スリーピングドッグス 香港秘密警察』と名を改め、スクウェア・エニックスからのお目見えとなった。
170620001.jpg
そのテーマは潜入警察官。
制作者たちの「インファナル・アフェアを観てピンと来ました!」なんて無邪気な笑顔が浮かんでくるようだが、しかし秩序の側と無法の側、二つのを都合よく使い分けて立ち回れる、ゲーム的には何かと便利で美味しい立場であることは間違いない。
気のせいかトニー・レオンとアンディ・ラウを足して10で割ったような風貌をしてなくもない主人公ウェイ・シェンは、アメリカから出向してきた刑事。
彼の任務はマフィアへの潜入捜査。当然その後に続くのは、マフィァ仲間への仁義と警察官としての使命に板挟みの苦悩だ。
170620003.jpg
もっともそんな香港ノワールなテーマは、メインミッションに付随するムービーだけで適当に処理してくれるから、あまり深く考える必要はない。
むしろ警官とギャング、二つのイケイケな立場を手に入れた僥倖を、この細かく作り込まれた香港の街で自由に行使しよう。
まずは香港名物屋台グルメ。肉まん一つくださいな。立ち食いで貪ったあとは、そこらに停めてあったクルマを拝借して、どががががーんと突っ込んで破壊だ。
だって香港の屋台って、こういう為に存在してんじゃないの? ジャッキー・チェンの「ポリス・ストーリー/香港国際警察」でそう習ったよ?
170620005.jpg
おかげでカーチェイスが挟まれたミッションなんかでは、「あっ、屋台だ!」とわざわざ大回りして突っ込みに行ってるんだから、非効率なことこの上ない。
クルマだけに留まらず、走っての追いかけっこだっていちいち野菜売り場の上を飛び越えたり人混みの中を選んで突っ切ってる始末だ。
人を追ってるんだ、ちょっとどいてくれ! 勢い余って突き飛ばした罪のない通行人が、なんか陸橋から転落してったような気もするが、なぁに、きっとあいつは香港スタントマン協会からやって来たやつだ! おそらく大丈夫だ!
170620006.jpg
『トゥルー・クライム』シリーズに一貫していた徒手格闘へのこだわりや、バレットタイム風のスローモーション発動(そのバレットタイムも元をたどればジョン・ウー映画だろう)、走行中のクルマに飛び移りなど、様々なアクション要素が"香港映画風"の旗印の下、すべてが小気味よくまとまりを見せている。
凄惨なバイオレンスシーンが実にカジュアルに挿入されるところも、また香港流儀。
何より汗ばんで小汚い綿シャツにスウェット姿のアジア人主人公は、数多のクライムアクションの中でも、我々にとってもっとも親近感の湧くキャラクターであることは間違いない。
ジャッキーにサモ・ハンにユン・ピョウにジミー・ウォングにエリック・ツァンにチョウ・ユンファにアンソニー・ウォンにホイ三兄弟に、オレの知るあらゆる香港映画ヒーローをぶち込んでインタラクティブ行使用に再変換した男、ウェイ・シェンを操作して、香港の街を今日も勝手気ままに暴れまくるぜ。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2655.html

2017/06/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |