ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2017-05- → )

total 2 pages  次のページ →  

【頭脳対戦ライブ】その始まりは麻雀

   ↑  2017/05/25 (木)  カテゴリー: XBOX
170525005.jpg
第一次世界大戦の戦場にオーストラリアの公道、はたまたポーカーの対戦会場に世界中から人々が集い、ボイスチャットでカジュアルに喜怒哀楽を垂れ流す。
今やXbox Liveはユーザーのリビングとそのまま地続きの、当たり前な日常の一部となった。
だが約15年前、このサービスが開始された当初は、Liveは今のように身近で馴染みやすい存在ではなかった。
量販店まで足を運んで馬鹿デカい箱のスターターキットを購入し、Xbox本体からルーターまでLANケーブルを引っ張り、恐る恐るクレカ情報を入力し、そして本当に繋がるのかとドキドキしながらサーバーからの反応を待った。
そしていざLiveが開通しても、そこから何に手をつければいいのかさっぱり見当つかず、ヘッドセットを弄びながらテレビの前で困り果てるのだった。
170525001.jpg
そして取りあえずとばかりに起動するのは、スターターキットに同梱されていた『頭脳対戦ライブ』。
将棋、囲碁、リバーシ、麻雀がオンライン対戦できる、Xbox Liveのデモンストレーション的な要素を持ったソフトだ。
家庭用ゲーム機におけるネット対戦の礎となったドリームキャストの『ぐるぐる温泉』をイメージされる人もいるかもしれないが、あんな手の込んだものではない。
上記の種目がオンラインで他人と遊べる。その最低限の要素だけを備えた、まさに"取りあえず"なソフトだ。
170525004.jpg
だが今はそれが当たり前となったボイスチャットも、当時はあまりにも未知な行い。ヘッドセットを手にするユーザーも、まるでモノリスを前にした猿のような状態だった。
これからネット回線の向こうにいる知らない誰かと直に会話を交わしながらゲームをしなければならない。
スカイプですら一般的でなかった当時の我々にとっては、思った以上に勇気を必要とした行為である。
そうなると将棋や囲碁のような一対一の勝負(会話)はハードルが高い。
ってなわけでメインメニュー画面のカーソルは、フリー雀荘などで知らない相手と会話しながらの対局が経験済みである麻雀に自然と向かうのであった。
170525002.jpg
面子が揃うまでの長い長い、ホントに長ーーーい時間も、その頃はこれが当たり前だと感じていた。
そして卓が埋まりいよいよ対局開始。それぞれの挨拶も「よ、よろしくお願いしまーす」とぎこちない。
牌を切りながら「今日はいい天気でしたねー」と、当たり障りのない話題を取りあえず振ったら、「いや、こっちは朝から降ってましたよ」なんて思ってもいなかった反応が返ってきて、そこでオレはこれが遥か彼方の地にいる相手との対戦(会話)であることを初めて実感した。
170525003.jpg
東場も終われば卓の雰囲気もこなれてくる。
軽口もそれなりに出るようになった4人の話題は、自然とオンゲーの定番である「自分たちがいま遊んでいるゲームへの不満へと向かう。
「いくら取りあえずのソフトとは言え、もうちょっと何とかしようがあったんじゃないの?」
「素っ気ない造りにも程ってもんがありますよね」
ネガティブな話題は、誰かが倍満をツモった時を超えて、その対局中の一番の盛り上がりを見せるのであった。
今では吸っている空気のようなごく身近で当たり前の存在となったXbox Live。それは素っ気ない麻雀とぎこちない会話から幕を開けた。
ホントに何の変哲もない将棋や麻雀ができるだけのソフト。だがオレにとってはあまりにも思い出深いソフトだ。

この記事に含まれるtag : 麻雀 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2643.html

2017/05/25 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【FunTown Mahjong】XBLA麻雀は台湾ルール

   ↑  2017/05/23 (火)  カテゴリー: XBOX 360
170523005.jpg
Xbox Oneユーザーを束の間の狂騒に駆り立てたBackward Compatibility Super Saleが終幕した。
ストアにあるOneに互換対応した360ゲームのほぼ大半が、50%~75%にディスカウントされるとあっては、さすがにこちらも見て見ぬふりをするわけにはいかない。
セールの開始と同時にストアサイトに突撃して対応タイトルを漁ったのだが、しかしめぼしいゲームはほtんど既に購入済みという結果で、おのれの業の深さを改めて思い知らされるのであった。
しかしXBLA作品が200円だの300円ちょっとなんて値で並んでいるとあっては、このまま手ぶらで引き下がるわけにはいかない。
何かをポチりたい自分の指先は、自然と"こんな機会でもなければ買おうとは思わないようなゲーム"に向かうのだった。
170523004.jpg
最初期のXBLAは後のそれとはだいぶ様相が違っていて、レトロアーケードのリメイクと共にもう一本の柱となっていたのは、定番アナログゲームのデジタル版タイトルであった。
トランプや将棋、クロスワードパズルにドミノ、バックギャモンにUNO、あるいは著名ボードゲームなど。
そのラインナップは最初期のSimple1500シリーズと類似しているが、しかし当然Simpleシリーズのように日本の国内市場にアジャストした形ではない。
トランプでメインとなったのはテキサスホールデムやジンラミーといった日本では馴染みのない種目。
将棋ソフトも海外開発。そしてこの手のタイトルでは定番と言える麻雀も、我々がよく知るルールのそれではなく台湾麻雀ルール準拠なのであった。
170523003.jpg
360の麻雀タイトルは『通信対戦麻雀 闘龍門』が既にあったが、やはりこういうオン対戦の定番はパッケージソフトではなく、利便性の高いダウンロードソフトで欲しい。
そんな事情で充分国内需要のあったXBLA麻雀であったが、それがまさかの台湾ルール。
構えたグラブの遥か頭上を越えてゆく大暴投で日本人ユーザーからは、ほぼ黙殺された台湾麻雀を、セールで手ぶらで帰ってくるわけにはいかないというねじ曲がった理由で10年越しに購入。
ホントいい意味でも悪い意味でもゲームソフトの商品寿命は大きく伸びたもんである。
170523001.jpg
順子と刻子を揃えてく基本は同じだから、まぁそんな大した違いはないだろう。
さすがに積んでおくわけもいかず、そんな見込みで手を付けた台湾麻雀であったが、しかし手牌が日本ルールより多い17枚。面子も1つ増えるだけでこれがもう大違い。
しかも食い下がりのない、むしろ鳴きを前提としたルールだから、序盤から乱れ飛ぶ中張牌ポンの嵐に、バカ正直にメンタンピンを揃えようとしていたオレは、順子のあまりのコストの高さに「ちょっと待て! これってドンジャラじゃねえかよ!」と悲鳴を上げるのであった。
170523002.jpg
まぁやり込めばそれなりに面白いかもしれない台湾麻雀であるが、だが肝心のソフトが微妙なキャラに加え、長めのローディングや、サイ振りや配牌をスキップできないレスポンスの悪さと、麻雀ゲームとしては、かなり致命的な欠点を抱えており、さらに今さらオンに人がいるわけがないとあっては、さすがにセールに浮かされた一時の熱を後悔するほかはないのだった。

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : XBLA 麻雀 ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2642.html

2017/05/23 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 3】うず潮バンクとフェラーリ・デイトナ

   ↑  2017/05/20 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
170514007.jpg
ホットウィール拡張コースのあちらこちらに設えられた、渦を巻くようなバンクカーブ。
「流石島サーキットのうず潮バンクだ!」
これを見たスーパーカー世代からは、一様にこの声が漏れたに違いない。
同ブームに火をつけた池沢さとしのコミック「サーキットの狼」。
瀬戸内海の無人島に造られたという設定の架空レース場流石島サーキットは、連載の中盤を大いに盛り上げた舞台。
富士スピードウェイの今は封鎖された30度バンクをモデルにしたうず潮バンクは、その流石島サーキットの最大の山場。そして多くのスーパーカーをクラッシュに誘った難所中の難所である。
170520001.jpg
そんなかつてはコミック中の一場面でしかありえなかったコースが、いまオレの前に山ほど広がっている。
目の前にはうず潮バンク。上を見上げればうず潮バンク。後ろを振り返ってもうず潮バンク。
大中小サイズも角度も様々なうず潮バンクのショーケース。
そこにコルベット・スティングレイ、フォード・カプリ、カウンタック、ランチア・ストラトス、セリカGTなど、流石島サーキット回を彩った実在名車の数々で挑むことができるのだ。ムダに長生きはしてみるもんである。
170520009.jpg
そしてフェラーリ365GTBデイトナ。
イタ車らしからぬ外観と異名を授けられた、フェラーリいにしえの12気筒怪物マシンも、「サーキットの狼」で強い印象を残したクルマだ。
初登場は連載最初の大レース、箱根の一般道をぶっ飛ばす非合法レース公道グランプリ。
レース中盤から上位陣に割り込んできたデイトナは、トップ争い、ランボルギーニ・ミウラやポルシェ・カレラとのメーカーの威信を賭けた一騎打ちと見せ場を作り、ド派手なクラッシュで退場した。
170520006.jpg
名無しドライバーのちょび髭悪党面によるものか、どことなく悪役的なイメージを残したデイトナが再挑戦を果たしたのが流石島サーキット。ハンドルを握るのはもちろんあのちょび髭野郎だ。
一時はトップを覗う勢いを見せたデイトナだったが、その見せ場はやはりクラッシュ。
うず潮バンクをトップスピードで駆け下ろうとする主人公車に、「人にできてこのオレにできねえことがあるか!? いったるぜーっ!」という、シチュエーション次第では間違っていないポジティブ精神を発揮して追随。
重量級マシンには案の定無謀な試みで、スキッドアウトを起こして爆発大クラッシュという、相変わらずのかませっぷりで読者を魅了してくれたのだった。
170520004.jpg
そのデイトナ。『Forza Horizon 3』の登場車種ラインナップに、しっかりと名を連ねている。
ベルリネッタボクサー、テスタロッサと続くフェラーリ12気筒重量級系譜の祖であるマシン。
普通に転がしていても乗り応え抜群のクルマではあるが、しかし目の前にこうもうず潮バンクが連なっていては、もちろんアレに挑まないわけにはいかないだろう。ちょび髭野郎の無念はオレが晴らす。
「人にできてこのオレにできねえことがあるか!? いったるぜーっ!!!!!!」
170520005.jpg

 

この記事に含まれるtag : Forza レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2641.html

2017/05/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ingress】ローソンビーコンを消せ!

   ↑  2017/05/18 (木)  カテゴリー: Android
170518007.jpg
16日の朝、全国のチェーン店舗の頭上に一斉に輝いた、その名もローソンビーコン。
これの点灯期間中は、当該ポータルのアイテム出力が2倍になる新たなタイアップイベントだ。
1箇所における1日あたりのハック上限数は630(ろー、そん)。この数字に達するとビーコンは消滅し出力数も通常に戻ってしまう。
つまり630は目標の数値。暇を持て余していることでは人後に落ちないIngressエージェントたちは、"ローソン討伐"の旗の下、全国各地で次々とこの数字にチャレンジを開始した。

だがポータルは一定のハック数でオーバーヒートし長い冷却時間を要する。たとえ累計と言えど630回のハックは簡単な数字ではない。
その高いハードルを乗り越えて、あちこちからローソンバーンアウト成功報告が次々と挙がってくるとあっては、やはり手をこまねいているわけにはいかないだろう。
とにかくやってみよう。やってみたらなんとなくできちゃうかもしれない!

そんな薄弱な動機にも、もちろん根拠となる遠謀深慮たる作戦があった。
【ローソン攻略作戦】
一、とにかく集められるだけ人数を集める。
ニ、ハック回数を増幅させるマルチハックModのベリーレアを限界まで突っ込んで、あとはキャンペーン対象商品の伊藤園のお茶を飲みながらひたすらハックハックハック。
三、そうしているうちに多分達成できるんじゃない?
これでとにかくやってみよう。やってみたらなんとなくできちゃうかもしれないじゃん!?

達成に必要な人数や時間の初歩的な計算すら怠るこの作戦が行き詰まるのは時間の問題であった。
このあたりのレジスタンスAGを集めるだけ集めてのチャレンジを阻んだのは、やはりポータルのハック制限。
これを解除するためには、一度ポータルが破壊された後にヒートシンクを入れて制限をリセットするという手段があるが、それをレジスタンスだけでやるのは、かなり困難な話だ。……ん? レジスタンスだけでやるのは?
……そう言えばこの近辺に、まだ招集のかかってないエージェントがゴロゴロいたではないか!

「ちょっとツラ貸せや、おう!」
こちらが飛ばしたメッセージに、近所で暇を持て余していたエンライテンドAGが食いついてきたのは、あっという間のことだった。
「オレのツラのレンタル代はツタヤの新作2泊3日より高いぞ、コラ!」
レジスタンスとエンライテンドと言えば、B.O.S.とエンクレイブ、あるいは清兵衛一家と丑寅、もしくはキャピュレット家とモンタギュー家なみに相容れない者同士。
なにせIngress関係のSNSでは陣営性を強調して両者の対立をことさら煽ることに自我を見出す連中がうじゃうじゃいるときている。
その両陣営が相対すれば、そりゃローソンの前はたちまち愛徳高校と城東工業の生徒同士が顔を突き合わせたような険悪な空気となるのであった。

「お前らの前でポータルを青くテカテカ光らせているのはスゲえ気分がいいぜ!」(ここ焼いていただけたらこちらがベリーレアModを入れ直すので、一緒に補給しつつ630達成目指しませんか?)
「いつものように残さず焼き払ってやるから、吐いたツバ呑み込むんじゃねえぞ!」(ラッキー! ちょうど弾が切れかかってたんですよ)
川島さんや須賀さんが思わず目を覆いそうな悪罵の応酬の後、攻撃を受けてたちまち白に戻るローソンポータル。
「なにいちびったことしてんねん、ボケエ!」(ありがとうございます! じゃあいったんリセットします)
「いちびってんのはおまえらのほうじゃ、カス!」(どういたしまして。じゃあ頑張って630ハックをめざしましょう!)

両陣営、城東のテルのようなメンチを切り合いつつ、それでもポチポチとスマホをいじる指だけは止まらないローソン前。
そして時刻は22時25分。XMゲージの減衰と共になんの前触れもなくフッと消えるローソンビーコン。
「お前らに呆れて高島店長がビーコンのスイッチ切っちゃったじゃねえか!」(おーーーーー!)
「対象製品のおにぎり全部買い占めてからエラそうなこと言え!」(やったー!)
ローソン脇の喫煙所に響き渡る歓声。……もとい、怒号。
レジスタンスとエンライテンドの犬も食わない対立の煽りを食って、ローソンバーンアウト見ごと達成。
これでこの地域の面目はなんとか立ちました。皆さんおつかれでしたー!
「この勢いで明日もやるぞ!」
「え!?」

 

この記事に含まれるtag : イングレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2640.html

2017/05/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【恋時雨 ~八百八町夢日記~】マリンハート流曖昧時代劇

   ↑  2017/05/16 (火)  カテゴリー: PCゲーム
170516005.jpg
タイムトラベル。ウェルズの「タイム・マシン」に始まり、「戦国自衛隊」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」など数多の名作を生み出したテーマ。
しかしそれは作品の設定やプロットにフックを安易に保たせられる禁断の麻薬でもある。
現代人と過去の人間、時代との文明の差異、カルチャーギャップが、お手軽にドラマを構築してくれるツール。
それを月に1作ペースでボーイズラブゲームを粗製乱造し、"BL界のトロマ映画"と畏れられた、あのマリンハートが手にしたら。
案の定そこには「そんな便利ツールすらも持て余す」というグダグダな結果が待ち構えていたのであった。
170516001.jpg
主人公、室姫和弥は役者を目指し劇団に通う高校生。
今度の芝居は時代劇モノ。さっそく衣装に着替えたら、なぜかそこらに転がってた妖しい光を放つ刀に吸い込まれ、あっという間にタイムスリーーーップ。
そう、主人公が役者の卵であるという設定は、要はタイムスリップ先で現代服のままでいると、話がこじれて収拾つけるのに面倒くさいから、現代であらかじめ着替えておくための理由付け。
タイムトラベルなんて便利ツールを使いながらも、さらに横着を重ねる不動のマリンハート作劇流儀。
おかげで潰しの利かない劇団員である主人公に、過去世界で武器となるような現代人のアドバンテージは何一つありません。
170516002.jpg
そんな穀潰しの主人公であるが、江戸時代に降り立つや否や一人の侍と出会い、なぜかそいつに気に入られ隠密見習いとして即採用決定。
タイムスリップから1分も立たない間に早々と新世界での居場所と職を手に入れたが、それに至る「どうして?」や「どうやって?」の過程の説明が一切ないのは、そう、これがマリンハートのゲームだから。
強いて言えば「そうしとかないと、とにかく話が進まないじゃないか」なんてのが理由(免罪符)であろうか。
170516003.jpg
準公務員へのデューダに成功し、異文化への迷いとか自分がいた世界への望郷とか、そんなのはろくすっぽないまま、当たり前のように江戸時代を闊歩しだす室姫くん。
出会う江戸時代の人間からは、どういうわけか初対面から好かれまくり、胸襟の開いた付き合い(時には文字通り)を片っ端から申し込まれるが、もちろんそうなるに至る室姫くんの性格づけや人物描写なんてのは、マリンハートのことだから一切なし。
これまた強いて言えば、マニュアルに記載されている「喜怒哀楽がハッキリしていて、誰からも好かれるタイプ」なんて一文が、その理由(免罪符)であろうか。
「喜怒哀楽がハッキリしてる奴が人から好かれるわけねーだろ!」とのツッコミが即座に入ったのは言うまでもない。
170516004.jpg
「ボーイズラブゲーム初の時代劇モノ!!」
自らそう息巻くのはいいが、しかし作り手たちの時代劇に対する知識ときたら、どう贔屓目に見てもテレビでぼんやりと観たことあったりなかったりする程度。
忍者、同心、代官、悪徳商人、瓦版屋といった、夕方のテレビでなんとなく眼にしただけのタームを、漠然とした記憶のまま羅列しながら、曖昧模糊と進行する体をなしていないストーリー。
それが案の定収拾がまったくつかなくなり、うやむやのままなし崩しにゲームが終了してしまうのも、これまたマリンハートの王道流儀。
しかもこの『恋時雨 ~八百八町夢物語~』は同メーカーの最初期の作品なだけに、その流儀もさらに豪快極まりないのであった。

この記事に含まれるtag : ボーイズラブ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2639.html

2017/05/16 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |