ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2017-05- → )

total 3 pages  次のページ →  

映画【血の魔術師】

   ↑  2017/05/30 (火)  カテゴリー: 映画・DVD
170530003.jpg
楽天SHOWTIMEに突如降って湧いた血糊と臓物の雨。
昨年大往生を遂げたスプラッター映画の祖、ハーシェル・ゴードン・ルイスの代表作5本と、その足跡を追ったドキュメンタリー「ゴッドファーザー・オブ・ゴア」(監督は「バスケット・ケース」のフランク・ヘネンロッター)が一挙配信開始。
日本でこの血みどろゴア映画のオリジンが最初に注目を浴びたのは、特殊メイクブームやスラッシャー映画の流行などでジャンル自体が一般的に認識されるようになった1980年代中頃だったと思う。

そのジャンルの創造者としてにわかに脚光を浴びたルイスの作品は、当時のマニア系映画雑誌や書籍などに頻繁に取り上げられるようになった。
誌面のカラーページを飾る毒々しく血なまぐさい色に彩られたスチル写真に目を奪われたオレは、当時はかなり高価だったビデオソフトを観る機会を待ち望んだ。
そして友だちの友だちの父親だか、とにかくそんなルートから回ってきたビデオを前にして、そのあっけらかんとして虚仮威しな内容を前に、思わず拍子抜けしたのであった。
170530004.jpg
マニアが撮りマニアが観るジャンル。しかしその偉大なるオリジネイターは、ジャンルやその表現に対する深い情念を持ったマニアでもなければ、世間の神経を逆撫せんとする愉快犯的な気質とも一切無縁だった。
ただ単に商売になるから血と臓物がドバドバ出る映画を撮った。
もし彼が当初の目論見の通りエロ映画でそれなりの成功を収めていたら、ハーシェル・ゴードン・ルイスは凡百のエクスプロイテーション映画屋に留まり、その名が映画史に残ることもなかったであろう。

だが幸いにも(?)エロ映画が不発に終わったルイスは、今度は血糊に目をつけた。
こいつがドバドバ流れる映画を撮ればウケるんじゃないか。そしてそれは思っていた以上の注目を浴びた。
後に脈々と続く因業なジャンル映画、スプラッターホラーの生まれた瞬間だ。

ルイスのスプラッターに対するこだわりは単純明快だ。
若く美しい娘が惨たらしい目に遭う。そんでもって血とモツがいっぱい流れる。そうすりゃとにかくお客にウケる。それ以上の思い入れはまったくない。
そのシンプルな興行師魂は意外なほどカラッとした作風となって反映され、そしてそれは毒々しい色彩の絵面と奇妙な相乗効果を及ぼして、ハーシェル・ゴードン・ルイスでしか生み出せない個性となってスクリーンに現れた。
その頂点が悪趣味映画史に燦然と刻まれる、"カラッとして明るい大虐殺劇"「2000人の狂人」だろう。
170530002.jpg
そんなこだわりのないルイスだから、一度その分野で頂点を極めてしまったら、後はささやかな成功の方程式をなぞるだけになるのも必然であった。
「血の魔術師」はルイスのキャリア最末期の作品。「血の祝祭日」で世の夜の度肝を抜いてから、もう10年近い時が流れている。
その筋ではルイス最末期の力作との評価もあり、マジシャンによる舞台上での公開殺戮という見せ場もそれなりにはあるが、しかしやはり惰性の商売との印象は免れない。

この映画の紹介文で定形となって出て来る"アッと驚くどんでん返し"も、実際に目の当たりにすれば思わずルイス本人を「おい、ちょっと校舎裏にツラ貸せ」と呼び出したくなるだろう。
そんなグダグダな延長戦的末期作も一切合切ひっくるめてこそのハーシェル・ゴードン・ルイス。
"スプラッター映画の父"。後世からの敬意を込めた呼び名や後継者たちからの熱い信奉も、晩年の彼はきっとムズ痒く受け止めていたんじゃないだろうか。

 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2646.html

2017/05/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【楽天SHOWTIME for Xbox One】

   ↑  2017/05/29 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
170529003.jpg
王道を突っ走るNetflix。スマホ契約時のどさくさに紛れる手段でシェアを確保するdtvにU-NEXT。テレビ屋の大きなお世話でコースアウトしたhulu。独自の存在感を見せるDMM。それらを急追していたらいつの間にか全部追い越していたamazonビデオ。
動画配信サービスは今やゲーム機とも切っても切れない関係となった。
その中でも独自の道を歩むのが楽天SHOWTIME
対応するゲーム機がXbox OneとWii Uのみ。それだけで某100円ショップの"ライバルの少ない場所にのみ出店する"ビジネス戦略にも似た、すき間商売スピリットが伺えるだろう。

360時代からMSハードにサービスを提供していた楽天SHOWTIMEだが、当初のそれは決して利便性の高いモノではなかった。
特に月額会員費と個別のコンテンツレンタル料を二重取りする料金システムは、「お前、これから熾烈を極める動画配信サービス競争をホントに勝ち抜く気があるのか!?」と説教かましたくなるようなウィークポイントであった。

さすがにマズいと思ったのか、この料金体系はやがてオーソドックスなコンテンツ個別購入とマンスリー定額プランの併用制に改められたが、同種サービスの間で一歩出遅れた感のある現状は、やはりこの辺のスタートダッシュ時の不手際や、楽天の宿痾であるポータルサイトの造りのマズさなどに起因しているのだろう。
170529002.jpg
されどamazonビデオとhuluがまだ正式に来ておらず、他にはMicrosoft映画&テレビとNetflixしか選択肢のない国内Xbox Oneにおいては、Vシネマやピンク映画からパチンコ・パチスロ関連、グラドルものまで、ドメスティックなコンテンツを幅広くフォローした貴重な存在であることには変わりはない。
もちろん洋画や海外ドラマも一通り揃っているし、ロジャー・コーマン推しやハーシェル・ゴードン・ルイス祭りのような、時おり見せるヤケクソのようなプログラムにも目が離せない。

そんなひなびた風情は、10代の頃に頻繁に足を運んだオデヲン系列の二番館三番館や中央線沿線の名画座を思い起こさせて、オレに妙な愛着を抱かせるのであった。
現在のラインナップからのオススメは、同シリーズで一番アッパーなテンションの「新・ヤンママトラッカー ~ケイVS美咲 宿命の対決編~」や、全米が泣いたヤンママものの名作「特攻!ヤンママ仁義」、安定のシリーズ「ヤンママ愚連隊」など。
Netflixには逆立ちしても真似できないプログラム、ぜひ一度お試しあれ。

この記事に含まれるtag : Xboxアプリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2645.html

2017/05/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Bioshock 2】Minerva's Den Add-On

   ↑  2017/05/27 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
170527006.jpg
海底都市ラプチャー。その中心部から少しばかり外れた場所。
コンピューター技師の妄執は、そんなラプチャーの多くの住民たちが注意を払わない、隠れ里のような場所に結実した。
ミネルバズデン。この海底都市におけるシリコンバレーのような一画。
古いSF映画から抜け出してきたかのような仰々しいケーブルとパンチカードが織りなす大型コンピュータが乱立するこの建物で、『Bioshock2』のDLCシナリオは幕を開ける。
170527002.jpg
今回のプレイヤーの立場はビッグダディプロトタイプの一つ、実験体シグマ。
相も変わらず記憶も定かではない身の上だが、しかし今回の役割は庇護者ではなく、リトルシスターの保護はあくまでも本編の流れから課せられた義務でしかないことくらいはぼんやりと分かる。
コンピューター技師同士の功名心と独占欲の鞘当て。あのアンドリュー・ライアンまでもが興味を示した人工知能の奪回がその目的だ。
170527003.jpg
ドリルにリベットガン。ビッグダディの武器と言えば、重厚な工具めいたガジェットが身上だが、このDLCシナリオの新たな主人公に与えられたのは溶接機めいたレーザーガン。
場所柄か理系男子、リケジョの成れの果てが多くを占めるスプライサーどもは、せっかくだからこいつと新プラスミドのグラビティウィールの組み合わせで嬲ってやろう。
重力の渦に洗濯物みたいに掻き回されるスプライサーめがけて、溶接レーザーをぷっしゃー。
この原罪まみれの海底都市を引き回されて、逃れようのない輪廻に直面させられる主人公にとっては、スプライサー蹂躙は数少ない享楽なのだから。
170527004.jpg
父性愛、母性愛に次ぐこのシナリオのテーマは夫婦愛。
さすがに本編ほどの劇的な展開や深みのあるドラマがあるわけではないが、この名残惜しい海底都市に別れを告げるには、程良い規模のスケールだろう。
湿りきった空気、水滴越しに歪むネオンの灯火、床から壁から漂う潮の匂い。1作目、2作目、そしてこのDLCシナリオに渡った魅惑の海底都市の物語も、いよいよこれで終幕。
そしてこの主観視点が紡ぐドラマは空中都市コロンビアに舞台を移し、いよいよ頂点を迎える。

<『バイオショックコレクション』所収>

 

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2644.html

2017/05/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【頭脳対戦ライブ】その始まりは麻雀

   ↑  2017/05/25 (木)  カテゴリー: XBOX
170525005.jpg
第一次世界大戦の戦場にオーストラリアの公道、はたまたポーカーの対戦会場に世界中から人々が集い、ボイスチャットでカジュアルに喜怒哀楽を垂れ流す。
今やXbox Liveはユーザーのリビングとそのまま地続きの、当たり前な日常の一部となった。
だが約15年前、このサービスが開始された当初は、Liveは今のように身近で馴染みやすい存在ではなかった。
量販店まで足を運んで馬鹿デカい箱のスターターキットを購入し、Xbox本体からルーターまでLANケーブルを引っ張り、恐る恐るクレカ情報を入力し、そして本当に繋がるのかとドキドキしながらサーバーからの反応を待った。
そしていざLiveが開通しても、そこから何に手をつければいいのかさっぱり見当つかず、ヘッドセットを弄びながらテレビの前で困り果てるのだった。
170525001.jpg
そして取りあえずとばかりに起動するのは、スターターキットに同梱されていた『頭脳対戦ライブ』。
将棋、囲碁、リバーシ、麻雀がオンライン対戦できる、Xbox Liveのデモンストレーション的な要素を持ったソフトだ。
家庭用ゲーム機におけるネット対戦の礎となったドリームキャストの『ぐるぐる温泉』をイメージされる人もいるかもしれないが、あんな手の込んだものではない。
上記の種目がオンラインで他人と遊べる。その最低限の要素だけを備えた、まさに"取りあえず"なソフトだ。
170525004.jpg
だが今はそれが当たり前となったボイスチャットも、当時はあまりにも未知な行い。ヘッドセットを手にするユーザーも、まるでモノリスを前にした猿のような状態だった。
これからネット回線の向こうにいる知らない誰かと直に会話を交わしながらゲームをしなければならない。
スカイプですら一般的でなかった当時の我々にとっては、思った以上に勇気を必要とした行為である。
そうなると将棋や囲碁のような一対一の勝負(会話)はハードルが高い。
ってなわけでメインメニュー画面のカーソルは、フリー雀荘などで知らない相手と会話しながらの対局が経験済みである麻雀に自然と向かうのであった。
170525002.jpg
面子が揃うまでの長い長い、ホントに長ーーーい時間も、その頃はこれが当たり前だと感じていた。
そして卓が埋まりいよいよ対局開始。それぞれの挨拶も「よ、よろしくお願いしまーす」とぎこちない。
牌を切りながら「今日はいい天気でしたねー」と、当たり障りのない話題を取りあえず振ったら、「いや、こっちは朝から降ってましたよ」なんて思ってもいなかった反応が返ってきて、そこでオレはこれが遥か彼方の地にいる相手との対戦(会話)であることを初めて実感した。
170525003.jpg
東場も終われば卓の雰囲気もこなれてくる。
軽口もそれなりに出るようになった4人の話題は、自然とオンゲーの定番である「自分たちがいま遊んでいるゲームへの不満へと向かう。
「いくら取りあえずのソフトとは言え、もうちょっと何とかしようがあったんじゃないの?」
「素っ気ない造りにも程ってもんがありますよね」
ネガティブな話題は、誰かが倍満をツモった時を超えて、その対局中の一番の盛り上がりを見せるのであった。
今では吸っている空気のようなごく身近で当たり前の存在となったXbox Live。それは素っ気ない麻雀とぎこちない会話から幕を開けた。
ホントに何の変哲もない将棋や麻雀ができるだけのソフト。だがオレにとってはあまりにも思い出深いソフトだ。

この記事に含まれるtag : 麻雀 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2643.html

2017/05/25 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【FunTown Mahjong】XBLA麻雀は台湾ルール

   ↑  2017/05/23 (火)  カテゴリー: XBOX 360
170523005.jpg
Xbox Oneユーザーを束の間の狂騒に駆り立てたBackward Compatibility Super Saleが終幕した。
ストアにあるOneに互換対応した360ゲームのほぼ大半が、50%~75%にディスカウントされるとあっては、さすがにこちらも見て見ぬふりをするわけにはいかない。
セールの開始と同時にストアサイトに突撃して対応タイトルを漁ったのだが、しかしめぼしいゲームはほtんど既に購入済みという結果で、おのれの業の深さを改めて思い知らされるのであった。
しかしXBLA作品が200円だの300円ちょっとなんて値で並んでいるとあっては、このまま手ぶらで引き下がるわけにはいかない。
何かをポチりたい自分の指先は、自然と"こんな機会でもなければ買おうとは思わないようなゲーム"に向かうのだった。
170523004.jpg
最初期のXBLAは後のそれとはだいぶ様相が違っていて、レトロアーケードのリメイクと共にもう一本の柱となっていたのは、定番アナログゲームのデジタル版タイトルであった。
トランプや将棋、クロスワードパズルにドミノ、バックギャモンにUNO、あるいは著名ボードゲームなど。
そのラインナップは最初期のSimple1500シリーズと類似しているが、しかし当然Simpleシリーズのように日本の国内市場にアジャストした形ではない。
トランプでメインとなったのはテキサスホールデムやジンラミーといった日本では馴染みのない種目。
将棋ソフトも海外開発。そしてこの手のタイトルでは定番と言える麻雀も、我々がよく知るルールのそれではなく台湾麻雀ルール準拠なのであった。
170523003.jpg
360の麻雀タイトルは『通信対戦麻雀 闘龍門』が既にあったが、やはりこういうオン対戦の定番はパッケージソフトではなく、利便性の高いダウンロードソフトで欲しい。
そんな事情で充分国内需要のあったXBLA麻雀であったが、それがまさかの台湾ルール。
構えたグラブの遥か頭上を越えてゆく大暴投で日本人ユーザーからは、ほぼ黙殺された台湾麻雀を、セールで手ぶらで帰ってくるわけにはいかないというねじ曲がった理由で10年越しに購入。
ホントいい意味でも悪い意味でもゲームソフトの商品寿命は大きく伸びたもんである。
170523001.jpg
順子と刻子を揃えてく基本は同じだから、まぁそんな大した違いはないだろう。
さすがに積んでおくわけもいかず、そんな見込みで手を付けた台湾麻雀であったが、しかし手牌が日本ルールより多い17枚。面子も1つ増えるだけでこれがもう大違い。
しかも食い下がりのない、むしろ鳴きを前提としたルールだから、序盤から乱れ飛ぶ中張牌ポンの嵐に、バカ正直にメンタンピンを揃えようとしていたオレは、順子のあまりのコストの高さに「ちょっと待て! これってドンジャラじゃねえかよ!」と悲鳴を上げるのであった。
170523002.jpg
まぁやり込めばそれなりに面白いかもしれない台湾麻雀であるが、だが肝心のソフトが微妙なキャラに加え、長めのローディングや、サイ振りや配牌をスキップできないレスポンスの悪さと、麻雀ゲームとしては、かなり致命的な欠点を抱えており、さらに今さらオンに人がいるわけがないとあっては、さすがにセールに浮かされた一時の熱を後悔するほかはないのだった。

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : XBLA 麻雀 ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2642.html

2017/05/23 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |