ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2017-03- → )

total 3 pages  次のページ →  

【Bioshock】せめぎ合う父性

   ↑  2017/03/30 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
170330001.jpg
がぼがぼがぼ。肺が悲鳴を上げるほど水の中を喘ぎ、そして水面に出て貪るように息を深く吸い込んだ。
開始早々主人公が受けるのは洗礼の儀式。パブテスマは以降作に続くシリーズの隠れテーマ。
そして原罪を洗い流した主人公の前にそびえるのは、あの魅惑的な水中都市廃墟、ラプチャーの入り口。
アンドリュー・ライアン。家父長主義を頑なに信じる男が築き上げた夢の砦、理想の"ファミリー"の形がが在るべき場所。
厳格で信念を持った父親が、揺るぎない統率で支配する規律正しい大家族。そしてそれは保守主義者にとっての理想の国家像。
170330002.jpg
とにもかくにもライアンはそんな世界を大西洋の底に作り上げた。そしてそれはあっという間に瓦解した。家族を信じず、家族を、そして何よりも家父長である自分を愛せない"寄生虫"どもの手によって。
だがラプチャーの社会が崩壊してもライアンは未だ問い続ける。理想の家族の在り方とは何か、家族愛とは何かを。
そしてゲームの序盤にプレイヤーを突き動かす理由は、「恐縮だが」という重要だけどさしたる意味を持たないフレーズじゃない。「妻と子供を助けたい」と繰り返すアトラスへのぼんやりとした共感である。
170330003.jpg
潜水球に乗って海の底に赴くあの素晴らしすぎるイントロダクション。
海藻と岩の間から姿を現す荘厳のラプチャー。アンコール・ワットを再発見したアンリ・ムーオの興奮も、かの如しであったのだろう。
ぬめっとした湿気が本当にまとわりついてくるかのようなラプチャーのビジュアルは、HD版でよりいっそう生々しくなった。
かつて栄えた観光ホテル、一世を風靡したラブホ。人々の織りなした栄華が亡霊のように残留する廃墟ほど、哀れや物悲しさと共に探索する者の心を踊らせもする。
そして生臭い潮の香りを実際に覚えながら、レンチやショットガンとプラスミドを手に栄華の名残を追う主人公は"父性"というもう一つのテーマと向き合うことになる。
170330005.jpg
絶対的家父長ライアン。主人公に共感と同調をもたらしながらも、否応なしに対峙せざるをえない、"庇護者としての父性の象徴"ビッグダディ。後半になりやがて露わになる主人公にとってのもう一つの"父"。
父性のせめぎ合いの中で唯一主人公をバックアップするのは、母性の象徴としての存在テネンバウム。
後半、主人公の大いなる支えとなったテネンバウムが、ガラス窓の向こうで影絵のように姿を現すシーンは、『Bioshock』で強く印象に残ったシークエンスの一つだ。
170330006.jpg
そして主人公は、その行動、選択でいびつな父性に対して答えを出す。
家族愛の本当のあり方、それは与え、そして与えられること。ギブ・アンド・テイク。
エンドロールの手前、淀んだ海底から地上の空気を吸い込み、太陽を浴び、再びの受洗を経た主人公のその後。
「お前には可能性がある」。"父"が告げた言葉はある意味間違っちゃいなかった。
プレイヤーがラプチャーで過ごす濃密な時間は、この走馬灯のようにあっという間に語られた"その後の主人公の人生"の、長い長いプロローグであったのだ。

<『Bioshock The Collection』バンドル>

 

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2623.html

2017/03/30 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Shadows of The Damned】シャドウ・オブ・ザ・ダムド

   ↑  2017/03/28 (火)  カテゴリー: XBOX 360
170328006.jpg
デーモンハンター。ゲーム界隈ではちょっぴり手垢の付いた肩書きだが、このガルシア・ホットスパーは仰々しいマントに身を包んだ黒尽くめのゴシック野郎なんかじゃない。
引き締まった筋肉質な身体に全身タトゥー。整髪料べったりの髪に口から飛び出すのは汚いスラング混じりのセリフ。ボンクラ好きの映画から抜け出してきたような、別のベクトルでステロタイプなやつだ。
そのクセ色恋沙汰に関しては妙に一途。だから愛しの彼女を悪魔に人質に取られて、のっぴきならないことになったりする。
世捨て人のようなゴス系デーモンハンターと違ってめちゃくちゃ脇が甘い。そして肝心の彼女は少しばかりメンヘラ入ってます。
170328005.jpg
「バッファロー'66」を観て鼻白んだときのような気分をデジャブさせてくれるような、煮ても焼いても食えない男女関係。
世界一共感を得られないマリオとピーチ姫。目指すはクッパならぬ悪魔王のもと。なんとも気の乗らないお姫さま救出劇。
とにもかくにも地獄八景デーモンハンターの戯は自称ロードムービー。トリップ感なんかこれっぽっちもないけどな。
170328003.jpg
須田51に三上真司に山岡晃。別名船頭多くして船山に登る。
サブカル趣味の冷凍食品みたいなボイスキャスティングも、肝心の主役が声だけの演技にちっとも向かない人とあっては、何をか言わんや。
こちらは達者なところを見せる、我修院達也演じるドクロ悪魔(銃にも変身する)との、タランティーノ映画を意識したかのようなムダ話は、この気の乗らない道中の唯一の慰め。
だが露悪趣味に貫かれた道中会話も、その持って生まれたリズムの緩さが、テンポ感が肝のサードパーソンシューターといまいち噛み合わず、ボンクラ映画とビデオゲームという媒体とのシンクロナイゼーションの難しさを、自ら証明しちゃっているのだった。
170328004.jpg
しかしこの悪魔王退治の旅が気が乗らない一番の理由は、そんなギクシャクしたクロスカルチャー要素ではなく、2011年の時点で明らかに古臭さを感じさせた前時代的なゲームの造り。
コントのような一発死の繰り返しを余儀なくされる、"恋人に追っかけられパート"(しかも一度じゃない)などは、その典型みたいなものだ。
こんな恋人助ける義理はないんで、すいません、帰っていいですか?
170328002.jpg
インスパイアとゲームデザインの乖離はグラスホッパー・マニファクチュア作品の宿痾だが、それが今回ある程度解消されているのは、船頭を多くしたことの数少ない効果だろうか。
もっともその中和が、あそこのゲームのファンにとって吉と出ているか凶と出ているかは、なんとも微妙なところだけど。
そこそこのまとまりを見せて商品としては取っ付き易い、でもアクの強さには欠ける"メジャーレーベル下のパンクバンドのアルバム"を彷彿とゲーム。
エンディングテーマを奏でる英国パンクバンド、ザ・ダムドのディスコグラフィーに例えると、GHMにとっての"Anything"みたいな一作だ。

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : TPS ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2622.html

2017/03/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Tower Bloxx Deluxe】バベルの塔を超えて

   ↑  2017/03/25 (土)  カテゴリー: XBOX 360
150507004.jpg
最初のうちは無造作に積むだけだった。
再開発都市の一区画。板塀に囲われたよくありがちな工事現場だ。
そこに鎮座するのはクレーン1基。プレハブのコンテナをアバウトに切り離して積み上げてゆくのは、ちょっと斬新な工法だが、なにせ手っ取り早くていい。
まだ道路を歩く人々からも、積み上げる様子が仰ぎ見える高さ。コンテナを切り離すタイミングを誤って取りこぼす、1回目2回目のミスはたいていこの段階で起きる。
コンテナがうまく乗らずに落ちてしまっても、まだこの時点では実に気楽なものだ。
170325005.jpg
その許されるミスも2回まで。もうそれもとっくに使い果たした。
さくっと3回失敗して「は、ゲームオーバー、終わり終わり」と気軽にゲームを終了させられるような階層ではなくなった。
積み上げたビルは高みに高みを重ねて、いつの間にかその根っこの部分は遥か見えなくなっている。
ここまできたら何が何でも自分のベスト記録を、そして目の前に迫ったフレンドの記録を抜いて、さらなる上を目指さなければ。
170325003.jpg
天を衝く高さ。昔からよく言われるが、しかしそれは地面から上を見上げるしかない凡人の表現だ。
天の高さは無限だ。竹槍でB-29は突けないし、ビルで天は衝けない。
それでもオレはひたすらコンテナを積み上げる。1つ積んではオレのため、2つ積んでもオレのため。
差し当たっての目標は右に表示されているフレンドの記録。いつしかビルを積むペースも地表の時の10倍の時間をかけている。
ここまで来てしくじったらダメージがデカい。コントローラをいじくる手つきも外科手術なみの細心さだ。ゲームでここまで手に汗を握る感覚って、なんかかなり久しぶりだ。
170325001.jpg
神に会いたければ宇宙飛行士になれ。そんな言葉があったようななかったような気もするが、いいや、それよりも手っ取り早く神に会いたければビルを積めばいい。
青い空に白い雲。そんな見慣れた風景も遥か過去。ビルの階層を1つ、また1つ積み上げるごとに、成層圏を超え、月を脇目に火星木星、さらには勝手知ったる太陽系を突き抜けて、さらなる宇宙の深淵へ。オレのビルのてっぺんは、静寂のさらに先の先を目指す。
170325004.jpg
天を覗う高い塔を作ろうとしたら、神様が怒ってぶっ壊した。
バベルの塔故事の俗な解釈だが、しかしそれはおそらく50階とか100階あたりで3ミスしてゲームオーバーになっちゃったやつの、照れ隠しの言い訳だ。
天なんてそう簡単に覗えるもんじゃない。積んでも積んでも天は無限だ。神様だって天文学的な距離の向こうから、手をかざしてこっちを見ようとしている人間のことなんか、知ったこっちゃないだろう。
170325002.jpg
待ってろ神様、今そっちに行くから。タイミングを合わせてモノを積み上げるだけのゲームが、なんかいつの間にかエラい話になっちゃっているが、全神経を集中させての反復行動には、それだけの麻薬性があるってことだろう。
オレの名はビル積む積む王。この地表から、少なくともフレンド間においてもっとも神に近づいた男。
さらに積んで積んで積み上げて、いつしか形容詞じゃなく本当に天を衝いてやるぜ。

<Xbox One互換対応ソフト>

*関連記事
【Tower Bloxx Deluxe】天より高く!

 

この記事に含まれるtag : XBLA ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2621.html

2017/03/25 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Undercover A.D. 2025 Kei】大沢在昌とドリキャスの邂逅

   ↑  2017/03/23 (木)  カテゴリー: ドリームキャスト
170323006.jpg
ゲーム好きを標榜する小説家は多い。しかしその立場は一介のゲームファンに留めておいた方が本人のためでもファンのためでもある。
せいぜい宮部みゆきのように推薦コメントを寄せるとか、あるいは赤川次郎のごとくノベルゲームの原作者にしておくのが無難だ。
間違ってもゲーム制作に深く関わらないことだ。下手にネームバリューがあれば、宣伝やらパッケージやらに名前を大きく出されてのっぴきならないことになる。
それが良ゲーだったらいいだろう。でもそうは行かないのが世の中だ。そう、直木賞作家の大沢在昌だって。
170323001.jpg
西暦2025年。財政破綻した東京はゴーストタウン化が押し進み、それに乗じた中華系やロシア系などの犯罪組織が根を伸ばす多国籍犯罪都市と化していた。
そして犯罪模様がグローバルになれば、それに対抗する警察組織も多国籍化する。
警視庁刑事、鮫島ケイ(大沢作品では由緒ある苗字だ)の公私共の相棒は中国人。
この美人刑事の声の担当は勝生真沙子。外画などを中心に活躍する、仕事ができるがちょっと険のあるクールビューティをやらせたら一品の声優。
170323002.jpg
ここまでは大沢在昌ワールドのイメージを損なわない対応だ。
しかしいきなり不安を掻き立てるオープニングムービーに続いて、主人公の刑事コンビがマネキンのように無表情無躍動で突っ立つカットバックシーンに、こちらは早くも「おい、大丈夫か、これ?」という疑念を、なぜか大沢在昌にぶつけたくなるのであった。
170323004.jpg
ちっとも大丈夫じゃなかった。
謎のテロリストに占拠されたビルの中でおっ始まったのは、不穏なイントロダクションからなんとなく想像がついた、劣悪極まりない操作性と、とてもじゃないけど付き合いきれないカメラワークで展開するへっぽこバイオハザード。
『リング』に『七つの秘館 戦慄の微笑』など、ドリームキャストは「ずばりバイオハザードみたいなことをやりたかったんですが、ぶっちゃけ全然できませんでした!」な作品の宝庫だが、『Undercover A.D. 2025 Kei』は、その中でもエース級のヘボっぷり。
そしてちっともままならないキャラクター操作と、泥縄という言葉すら生温いぐだぐだなゲーム展開に対するプレイヤーの怒りは、これまたなぜか大沢在昌に向けられるのであった。
170323005.jpg
なにせ大沢在昌しかウリがないようなゲーム。
ストーリー原案を提供したら原型を留めずに戻ってきた先生にとっては、およそ理不尽な話かもしれないが、パッケージからプロモーションまで、大沢在昌の名前が製造責任者のようにプッシュされてているのだから、諦めてもらうほかはない。
『バイオハザード』のロケットランチャーに相当するクリア特典は、「ゲーム中で大沢在昌、宮部みゆき、京極夏彦に会える」。
ここでもダシにされる大沢先生とお友だち。
しかしこの大極宮をあげてのサービスも、こちらは「ゲームの中で先生方に会えたとしても、一体どうしろと……」と、ただ困惑するしかないのであった。

 

この記事に含まれるtag : TPS ミステリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2620.html

2017/03/23 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Xbox Liveアーケード】幻のプレXBLA

   ↑  2017/03/20 (月)  カテゴリー: XBOX
170320001.jpg
Xbox Liveアーケードのサービスは、2005年の6月に初代Xboxで開始された。
しかしその年の12月に後継機であるXbox360の発売が予定されていたタイミングで始められたこのサービスは、ほとんど捨て駒に近いものだった。
このゲームディスクは、ファミ通Xbox05年7月号に付録として添付されたものだが、その7月号からして、表紙から何から何まで360の記事一色。
そんな状況の中でひっそりと始められたサービス、初代Xboxユーザーの中に於いても、その注目度は皆無に等しかった。
170320005.jpg
しかもこのプレLIVEアーケードサービスは、360時代のそれのようなカジュアルな存在ではなかった。
何せ無印Xbox時代には、マーケットプレイスなどという便利なシステムが存在しない。
この付録ディスクには、Liveアーケード第1弾ラインナップのデモが収録されているのだが、しかしこれは単なるデモディスクに留まらない、Liveアーケードのタイトルを購入するために必須なユーティリティディスクの役割もある。
そう、物理メディア流通からの解放を目論んだXBLAも、その始まりはバリバリの物理メディアであったのだ。
170320008.jpg
このユーティリティディスクは、ファミ通Xboxの付録として以外には、マイクロソフトに直接申し込んで郵送して貰うことで入手できた。
そしてそのラインナップは、そんな面倒なプロセスには見合わないほどの貧弱なもの。
デモディスクに収録されているのは5つのアクション系ゲーム、2つのテーブルゲーム、5つのパズルゲーム。
しかしLiveアーケードのオリジナルタイトルは1つもなく、そのほとんどがPCのカジュアル系ダウンロードゲームを引っ張ってきたもの。
中でもアクション系ゲームは冴えないものばかりで、ギャラガの焼き直し(『Alien Sky』)とか、ディフェンダーの焼き直し(その名も『Guardian』)とか、ブロック崩しの焼き直しであるアルカノイドのさらなる焼き直し(『Ricochet Lost Worlds』)とか、そんなんばっか。
170320004.jpg
このディスクにデモが収録されたタイトルの中では、『Mutant Storm』、『Bankshot Billiards』、『Bejeweled』、『HardWood Solitaire』、『Zuma』、『Astro Pop』 といった辺りが、バージョンアップされたり、或いはそのままの形で360のLIVEアーケードサービスに引き継がれた。
デモディスク以降には『フィーディングフレンジー』などが配信ラインナップに加えられたりもしたが、その頃はもう360が発売される直前。
Liveアーケードサービスも、360発売に合わせて仕切り直されるといった状況下で、旧Xboxで展開されたプレLiveアーケードサービスは、なし崩し的にうやむやにされてしまったのだった。
170320006.jpg
開始された時期からみても、この旧Xboxで展開されたLiveアーケードは、360で本格的に行われるそれの予行演習的な意味合いを、多分に含んでいたのかもしれない。
しかし、その冴えない立ち上げ時期の姿を知る者としては、これがまさかあそこまで賑わいを見せるサービスに変貌を遂げるとは全く思いもよらなかったのであった。

この記事に含まれるtag : XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2619.html

2017/03/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |