ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2017-01- → )

total 3 pages  次のページ →  

【Are You Smarter Than A Cheerleader?】チアと知識対決

   ↑  2017/01/31 (火)  カテゴリー: XBOX 360
170131001.jpg
アメリカに「Are You Smarter than a 5th Grader?」という、何度もゲーム化された人気クイズプログラムがある。
これは小学5年生のお子さまと知恵比べをさせられる、参加者にとっては小学生以下の汚名を着せられるリスクを抱えたなかなかに恐ろしい番組だ。
しかし妙にプライドだけ高かった若い頃と違って、この年になればもうオレよりも利口なお子さまなど、星の数ほどいるだろうという悟りはできている(現にその番組に出演しているのは、1人でオレ1000人分の価値があるような子どもたちばっかだ)。
170131006.jpg
だがそんな見栄と恥を忘れたような大人でも怖れることがある。それはチアリーダーよりもバカ認定をされることだ。
チアリーダー、それはハムスターよりもバカでコオロギよりも学習能力のない人種。
もちろんチアリーダーの傍ら学位をとったり、MITに入学する人がいることは分かっている。
だけど世間一般の無責任なパブリックイメージは、そんな事実を軽くスルーする。
日本でも一時期クイズ番組などでおバカタレントが持て囃されたが、あんなビジネスでやってる人たちとはワケが違う無償のバカ、チアリーダー。
そのチアたちとの知識対決を余儀なくされるXboxインディーズゲーム。それがこの『Are You Smarter Than A Cheerleader?』だ。
170131002.jpg
制作者の自宅と思しき生活感溢れる空間に、困惑の表情を浮かべながら立つチアリーダー。
プレイヤーに待ち受けるのは、この状況も立場もまったく把握していない彼女たちとのガチンコクイズ対決10問勝負。
ビデオゲームや映画に偏り気味な問題ジャンルに、ナード代表である制作者の、こっちの土俵に引っ張り込んで容赦なくチアを嬲りものにせんとする意気込みが表れているだろう。
170131003.jpg
もちろんそのためにはプレイヤーがなんとしてでも問題に正解し続けなければならない。
いかにもオタっくさいモゴモゴ声で音読される問題に、笑顔を浮かべながら耳を傾けてあげるチアリーダーたち。
だけど彼女たち、チアリーダーと呼ぶには今ひとつオーラが乏しい。もしかしてデリを呼んできて無理やりゲーム制作に付き合わせてるんじゃないかという気もするが、いずれにしろこの人たちよりバカ呼ばわりされるわけにはいかないのだ。おのれの尊厳に関わる問題である。
170131007.jpg
10問対決で見ごとチアリーダーを上回れば、
「イエー」(パチパチパチ)、
彼女たちの祝福のムービーが。
そして取り返しのつかないことだがチアたちに負けてしまえば、
「イエー」(パチパチパチ)
勝ち誇る彼女たちのムービーが。……映像使い回しじゃねえか!
動画を撮って適当にまとめてゲームのタテマエをつけて一丁上がり。XBIGでは常套手段となっていた、チアの知性より安っぽい"なんちゃって"ゲーム。
このやり口がXBIGの終焉と共に廃れてしまったのは、まあ寂しいっちゃあ寂しいが、少なくともゲームシーンにとっては喜ぶべきことなのだろう。

 

この記事に含まれるtag : XBIG 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2600.html

2017/01/31 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【We Cheer(ウィーチア)】チアリーダーは選ばれし者

   ↑  2017/01/29 (日)  カテゴリー: Wii
170129006.jpg
チアリーダー、それは学園の華。
そしてスクール内被抑圧階層にとっては、フットボール部員と並んでおのれを虐げるゲシュタポのような存在である。
学園を離れた被抑圧者たちは、創作の中で数々の憂さを晴らしてきた。
健康美だけが取り柄の脳みそにシワがない連中と描かれるのは定番だが、他にもビッチ扱いされたり、殺人鬼に真っ先に殺されたり、いの一番にサメのエサとなったり、巨大化したり、なぜか忍者になったりと、その扱いはさんざんだ。
170129002.jpg
基本的にナードカルチャーであるゲームにとっても、チアとの相性は本来いいわけがない。
そのチアリーダーを題材にしたゲームができた理由。それは北米ニンテンドーを下支えする女児ユーザー層へのドス黒いエクスプロイテーションがあるからに他ならない。
そしてオコボレを受けるのは我々スレたゲーオタだ。
自分の人生とはビタ一文の関わり合いもなかったチアリーダー。今それになるときが来た。
170129004.jpg
さんざんはずの見慣れたWiiリモコン、みんなは気づいていなかったかもしれないが、実はそれはポンポンの世を忍ぶ仮の姿だったのだ。
それを両手に握りしめて、チアの衣装を着ているつもりになって(家の中ならば実際に着てもとりあえず差し支えはないが……)、TVモニターの前はハーフタイムのフットボールフィールドだ。さあ、ワン・ツー、Hooooooo!!
170129001.jpg
ポインタを指示アイコンにちまちま合わせるなんて操作法は、ここではご法度だ。
なにせあなたは選ばれたチアリーダー。健康美なんて言葉とは100万光年程遠いところにいたとしても、この『We Cheer』の前では笑顔と共に身体を躍動させる義務がある。
何度も言うようだがWiiリモコンはポンポン。肩が外れそうになるくらいダイナミックにぐるんぐるん振り回そう。
そうすれば今までジョックスの子犬呼ばわりしていた彼女たちの、隠れた苦労が身にしみて分かるはずだ。
170129003.jpg
収録曲はヒラリー・ダフやシンプルプランからバウ・ワウ・ワウ、さらにはケニー・ロギンスの"フットルース"まで定番のラインナップ。
トニー・バジルの"ミッキー"が入ってないのが、いささか画竜点睛を欠くが(続編『ウィーチア ダンシングスピリッツ!』には無事収録)ポンポンを手にチア気分で踊り狂うには、不足のない選曲だろう。
私はチアリーダー。学園で羨望の視線を一身に集める存在。この選ばれた気分を存分に味わえるのなら、たとえ殺人鬼に首チョンパされたりサメの胃袋に収まったとしても本望だわ!

 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2599.html

2017/01/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

開設10周年のご挨拶

   ↑  2017/01/26 (木)  カテゴリー: ノンセクション
おかげさまで当ブログも10周年の節目を迎えることができました。
このブログを始めた当時にはまだあちこちに残っていたゲーム系テキストサイトの遺跡もほとんど消え失せ、代わって隆盛を誇ったブログも大半が更新を停止し、唯一ムダに元気だったまとめサイトも変動の時を迎えてようとしている現在、こうまで長く続けられたのは、派手なバズりもなかったがために、なまじ余計な欲が出なかったからなのでしょうか。

ネットゲームの知人からSeasaaブログに『Gears of War』のテンプレートができたことを聞かされ、そんなテンプレがあるならちょっとゲームネタのブログでも作ってみるかなんて軽いノリがきっかけでした。
だから最初の記事もテンプレに絡めてムリヤリひねり出した『Gears of War』関連。
どうせ書くこともすぐに尽きるだろうと見込んでいたのですが、思いのほかこれが続き気づけば10年。

その長い間には実生活でそりゃ色んな幸不幸やアクシデントや変化がありましたが、とりあえず意識したのは、そういった個人的なことを表に出したりせず、何があろうと淡々と記事を送り出していこうということです。
そしてなるべくネガティブなこと触れない。レビューは書かない(ゲームレビューとして捉えていただいてる方もいるかもしれませんが、本人はレビューという意識はまるでありません)、アナリスト的な話題や物言い、業界市場ネタは避ける。PVを集めることを考えず、とにかく自分が関心のあること、書きたいと思うことを書く。
規範というほど大したもんではありませんが、とにかくそんなことをぼんやりと頭に置きながら、これまで淡々と続けてまいりました。

派手にブクマを賑わせたりすることは、ほとんどありませんでしたが、それでもわずかながらも定期的に読んでくださる方々に恵まれ、ここまで続けることができました。
最近更新ペースが微妙に落ちてきたりはしていますが、今後も通勤の合間などにさらっと読んでいただけるコラムのようなゲーム読み物を理想として、相も変わらず淡々と続けていきたい所存です。
ありがとうございました。これからもよろしく。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2598.html

2017/01/26 | Comment (9) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Return to Castle Wolfenstein: Tides of War】古城への帰還

   ↑  2017/01/24 (火)  カテゴリー: XBOX
170124001.jpg
ウルフェンシュタイン城におけるブラスコの活躍で、ナチスの禍々しい陰謀は阻止されたかに思えた。
しかしナチス+オカルトという美味しすぎる設定と、FPS時代を切り拓いた祖のネームバリューが、このまま放っておかれるわけがない。
折しも時代は第一次黄金期を迎えたFPSが、家庭用ゲーム機に急接近してさらなるシェアの拡大を目論んでいた頃、オカルトナチスの野望は今が好機とばかりに再びその芽を吹き始めたのであった。
170124002.jpg
ナチ親衛隊超常現象部。その字面だけでなんとも胸をときめかせる、ハインリッヒ・ヒムラー直属の一隊が派遣されたのは、ロンメルが席巻する北アフリカ。
そしてナチが何かを企むときは、必ずこいつの姿もある。
我らがB.J.ブラスコヴィッチが踏むのもアフリカの乾いた大地。
かつてのダンジョンめいた古城一辺倒から舞台は大きく様変わりし、とりあえず目の前に広がるのは、ここ数年内のコンピュータゲームの進化を実感させられる、薄闇の空の下に広がるだだっ広い砂漠の戦場であった。
170124003.jpg
砂漠用カモフラージュを施されたトラックや補給物資が立ち並ぶエジプトの古都市で、立ち向かってくる敵はロンメル軍団の兵士たち。
その立ち上がりはびっくりするくらいオーソドックスなミリタリー系FPSだ。
実際初代Xboxはミリタリー系のシューターが意外と少なかったこともあって、本作のマルチプレイはその需要を受けてかなり重宝されていた。
170124004.jpg
しかしそれも序盤のうちだけ。ブラスコがステージを突き進むにつれて、徐々にオカルト的な様相が増してくるのはウルフェンシュタインのお約束だ。
親衛隊超常現象部が追い求めるのは、邪悪な力とともにアルプスに葬られたザクセンの王と、それに伴うゾンビの秘法。
ナチゾンビ兵士、これまた魅惑的なキーワード!
ブラスコの戦場もスパイ活劇よろしくヨーロッパを股にかける。
本作から導入された軽いステルス要素(シリーズ初代作『Castle Wolfenstein』のテイストを取り込んだと言えるだろう)も、スパイ活劇気分をちょっぴり後押し。
170124005.jpg
そして舞台は再びあの地、ウルフェンシュタイン城へ!
PCゲームとコンソール機をブリッジした秀作FPS群の一角は、日本ではXbox World Collection(海外タイトルをローカライズせずパッケージ販売したヤケクソシリーズ)という、ちょっぴり投げやりな形でリリースされ、一部の好事家たちを喜ばせたのであった。

 

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2597.html

2017/01/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ウルフェンシュタイン3D】対ナチ闘争の始まり

   ↑  2017/01/21 (土)  カテゴリー: 3DO
170121006.jpg
ウルフェンシュタイン城。
オレがその不吉な響きをもつ古城のことを知ったのは、遊撃手というA5判ゲーム誌の祖みたいな雑誌の記事であった。
主にAppleのゲームを扱っていたその雑誌で紹介されていたのは『Castle Wolfenstein』。
ウルフェンシュタインシリーズのみならず、ステルスゲームの始祖とも言えるような作品(初代『メタルギア』はコレにだいぶ影響を受けているんじゃないかと思う)で、後のFPS展開とはだいぶ趣の違う内容だ。
もちろんオレがAppleなんてハイソなマシンを購入できるわけがなく、『Castle Wolfenstein』は遊撃手を熟読しながらのエアプレイに限られていた。
170121001.jpg
記事を繰り返し繰り返しページに穴が空くほど読み込み、そしてナチス兵士を不意打ちのナイフで屠ったり、ナチ下士官を出会い頭の銃撃で倒したりするシーンを頭の中で膨らましながら妄想に果てること数年。
そしてその脳内対ナチ戦争は、ついに現実のモノとして(いや、バーチャルだが)オレの前に帰ってきたのであった。
『Wolfenstein 3D』と題されたそのゲームは、『Castle Wolfenstein』の設定を受け継ぎながらも、そのゲームシステムは似ても似つかないものへと進化を遂げていた。
当時は3Dシューティングなどと呼ばれたりしたが、今で言うファーストパーソンシューティング。
その元祖FPSが海外での圧倒的支持をもって、すでに敗戦処理に入っていた3DOにもやってきた!
170121004.jpg
鉤十字とアーリア風の仰々しい装飾に彩られた古城。
かつてAppleのモニターに原始人の壁画みたいなシンプルなビジュアルで表現されていた風景が、極彩色に目の前で展開する。
そして銃撃を受け血飛沫を上げながら崩れ落ちるドイツ兵のモーションは、生々しいなんて言葉では表現できないほどの強烈なインパクトを、ゲーム石器時代を半ばエアプレイでくぐり抜けてきたオレに与えてくれたのだった。
170121003.jpg
そしてこのゲームでオレはナチスの悪逆非道について多くを学ぶこととなった。
あいつらはどっかからかっぱらってきた金銀財宝をあちこちに隠し、さらに人が苦労して戦争やってるその最中に、燭台とシャンデリア輝く大広間で美味いもん食ってるとんでもない連中である。
そんなとこに出会したら、そりゃもう問答無用でMP40の乱れ撃ちだ。そしてお前らの食い残しはオレが残らずいただく。文句があるならルーズベルトに言え!
170121002.jpg
それだけならまだいい。ナチどもは、なんと愛らしい犬を戦争の道具に使う、地獄堕ちですらも生温いド外道であった。
こちらに向かって突進してくるわんわんの群れ。やめろ、ナチどもを撃つのはちっとも心が痛まないが、君たちは話が別だ。
お腹を撫でられながら身をよじらす君たちの真の姿を知っている。だからこっちに噛み付いてくるのはやめてくれ、ああ……。
170121005.jpg
蜂の巣になったわんわんたちの骸を前に、オレは戦争の悲惨さとナチどもへの怒りを再確認するのであった。
オレの名はB.J.ブラスコヴィッチ。この世でもっとも深くナチを憎み、そしてナチどもがもっとも恐れる男。
そしてこのブラスコの対ナチ戦争が、数十年間に渡ってその後に引き継がれるとは、当時のオレはまったく想像もしなかったのであった。

 

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2596.html

2017/01/21 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |